昨今、残業代の未払いや、過重労働による過労死などの問題が相次ぎ、悪質な“ブラック企業”への問題意識が高まるなか、アニメーターの“ワーキングプア化”がアニメ業界の関係者によってつまびらかになった。

 

そうした厳しい環境下で、古くから日本のアニメ制作会社は作画作業の多くを韓国や中国に発注することで苦境を乗り切ってきた。しかし、「今後は中国と日本の立場が変わる可能性も」と語るのは、ガンダムの生みの親・富野由悠季著『映像の原則』(キネマ旬報ムック)など、日本書籍の翻訳に数多く携わっている台湾人翻訳家・林子傑氏。日本アニメへの造詣が深く、中国のアニメーター事情を知る林氏に、日中のアニメ制作会社が繰り広げる“人材確保”の舞台裏を聞いた。

 

■日本アニメの下請けから脱却!? 稼げる国産アニメにシフトする中国

「中国はここ数年、IP(知的財産)概念に対する認識の芽生え、および製造業の不振により、中国国内の資金は娯楽産業に流れ始めている」と林氏は説明する。しかし、このブームが俳優やアイドルのギャラを高騰させてしまったため、中小以下の企業はアニメ制作に視野を向けはじめたとのこと。それは、アニメに投資することで“自前のIP”を獲得し、大手と対抗するというのが目的であるという。

 

現状、中国のアニメ制作会社を大きく分けると、国産アニメを作る会社と、日本アニメの下請け会社の2つのモデルとなるのだが、今どちらも転換期に入ってきているようだ。「今まで国産アニメを作ってきた会社は、ネット配信時代のニーズに応えるべく、日本アニメのスタイルや更新ペースを参考にしだした。

 

一方、日本アニメの下請け会社は、国内向けのアニメを制作する方が、日本アニメの下請けよりも収益が出ることに気づいた」と林氏は指摘する。なぜなら、昨今は中国国内のアニメ制作だけで需要があり、かつ制作資金も高いためだ。こうした流れの下、ここ5年ほどで今まで人件費の上昇に喘いでいた制作会社は苦境を乗り越えつつある。

 

■短期間で自宅購入!? 待遇が劇的に改善される「中国」と旧態依然の「日本」

それに連動して、中国国内のアニメーターに対する待遇も今までにないほど高まっている。林氏によれば「中国ではアニメの質に対する要求のレベルが日本ほどではないこともあり、“仕事量”と“収入面”で余裕が出来ています。実際、大手のアニメ会社に務める優秀な原画マンだと、不動産が高騰するなか短期間で自宅を購入できるほど待遇が改善されているそうです。そしてその中には、日本でアニメ制作を勉強し、かなりの技術を身につけたものの、日本ではカツカツの生活していた中国人アニメーターもいます」とのこと。彼らほど日中アニメーターの“待遇差”を実感した者もいないだろ。

 

また、中国ではアニメーターの人材不足が深刻なため引き抜きが乱発。優秀な人材を引き抜かれないよう、中小規模の制作会社も大手と同等以上の給料を出しているようだ。「そういう状況だから、日本でアニメ制作を学んだ中国人アニメーターは、日本に留まるよりも、帰国するほうが生活面で遥かに安定するというジレンマがあります」と林氏。

 

■アニメにおける日中の立場は逆転する!? アニメーターの“海外流出”も

高給が約束されるだけでなく、日本にいるよりも役職面でも上にいける中国のアニメ制作会社。中国人アニメーターが日本のアニメ制作から離れていくように、優秀な日本人アニメーターの“海外流出”は時間の問題かもしれない。実際、ベテランクラスで中国の制作会社に移ったアニメーターもいるようだ。言語的な意思疎通の課題はあるものの、中国に行けばトップアニメーターとして礼遇、重用されるという現実があれば、その決断を止めることは難しい。

 

人気アニメ『けものフレンズ』のプロデューサーを務めた福原慶匡氏は5日、Twitterにて「中国のアニメ産業は始まったばかりではあるが、生産で3年、技術で5~10年で追い抜かれるだろうなと確信。言い方難しいけど中国に組んで”頂ける”のは後数年かなと思います。それ以降は日本と共同事業するメリットが中国にない」と投稿。日中の制作現場の現状を見た時、現状を憂う声は高まっている。

 

“ブラック労働”の代表格とされる日本のアニメ業界に比べ、高収入・好待遇で人材確保を進める中国のアニメ業界。果たして、中国という“黒船”に日本のアニメ業界は持ちこたえられるのだろうか…。今年の7月、弊社の取材にて現役のアニメ監督・入江泰浩氏はアニメ業界の過酷な内情を明かし、『日本のアニメ業界は10年もたない』と警鐘を鳴らした。いまだその抜本的な解決策が見つからぬまま、期限は刻々と迫りつつある。


スポンサーリンク


 

名無しさん
日本も変なところでリミッターがかかっているけど
中共には表現の自由がないので日本のように政治風刺とか
ナンセンスギャグのアニメは絶対作れないだろうが
日本国内がこのザマじゃ賃金につられる人は出てくると思う。
名無しさん
アニメもフィギアもだけど、麻生総理の時にサブカルチャー最強日本を作ろうとしたらジジイ共が猛反対&コケ降ろした報いだね。
もう、追い付けないよ。
名無しさん
習近平に検閲されたアニメなんか誰も見ないだろう。
ふろ
水道浄化技術者とか金型職人とかは手遅れ・・
次はアニメーターか・・
日本政府は囲い込みをしてくれ。
名無しさん
>人気アニメ『けものフレンズ』のプロデューサーを務めた福原慶匡氏は
おい、福原、けもフレ問題はどうなったのか、さっさと報告しろ。
名無しさん
クールジャパンとかなんだったんだ クソの役にも立たんわ
日本の産業を守るとう点では政府がアホすぎる
名無しさん
アニメ関係って儲からないの??
儲からないから給料が安いんでしょ?
それとも儲けているのに給料が安いのか?
どこで搾取してるの?
名無しさん
最近は中国から輸入アニメやゲームも増えてるし中国の最先端技術は凄いね
20年後には中国に逆転されてる
名無しさん
その方が本人も幸せになれる
他の業種も良質な人材の流出が激しいが、繋ぎ止めておく魅力、以前の問題
最低限どころか法律遵守も怪しい待遇で、むしろ今までよく労働者が存在してたよね
非正規バイトですら、職種によっては海外のほうが待遇が良いとかで出て行ってしまったり
この国そのうち人いなくならね?
名無しさん
良い話なのです。
アニメは日本の物だけでは無いのです。
名無しさん
上が自分たちの著作権守るためだけに低予算アニメ乱発してればいつかは潰れていく産業、、予算あげてもCGに大半取られて国内の作画は終わるでしょうね。残るのは一部の国からの援助を受けた天下り御用達企業だけ。
名無しさん
酷使するだけで見返りを与えない糞製作会社は流出で痛い目にあった方がいい
名無しさん
大分前に逆転されている。
そもそも一昔以上前から、下手な鉄砲撃ちになっている時点でもう、、、。
名無しさん
昔から給料が安過ぎて食っていけない業種で有名だしね。
数十年前から制作を中国や韓国とかに外注してたし今更驚かないわ。
白い彗星
でも、中国が自立した後にAIによって日本も中国もみんな駆逐されるわじゃないかと思う。
名無しさん
金のため、ノウハウ売ってるんだから
当たり前。
目先しか見えない馬鹿ばかり。
名無しさん
最初は「好きだから」でやっていられるのかも知れないけど
家庭の事情・結婚・仲間の昇給やステップアップ…etc
好きだけじゃやってられない時がくる
続けたければ待遇がいい方に流れるだけ
名無しさん
クールジャパンざまー
とシナ人が言ってます
名無しさん
視聴者からしたら、いいものが観れたらどこが作っていようが関係ない。
日本でアニメーターの方々が悲惨な労働環境である以上、より環境がいいところで、効率よく創作してもらった方がいいと思う。
ある意味自然な流れ。
それをわかっていながら搾取しすぎた広告会社、放置していた製作サイド、クールジャパンだとか言って現実的に対応しなかった国のせい。
名無しさん
アニメも漫画も、なぜ、あんなにギリギリのタイムスケジュールで命削って制作しないといけないのか、わからない。製作開始から公にされるまでの期間が短すぎるのではないか。
もう少し余裕を持ったスケジュールで作った方が、質の良い作品に仕上がると思う。
名無しさん
芸能界にはアニメ好き芸能人が結構いるけど「アニメーターとかのアニメ関係者は酷い待遇。テレビ局や広告代理店が中抜きして制作会社が満足にいいアニメを作れない」ってとかアニメ制作側の悲惨な実態とか、テレビとかで殆ど言わないよな。
それ言うとテレビ局らを敵に回すことになって、仕事もらえなくなるから、やはり干されるのが怖いから言えないのか・・・。
名無しさん
歴史から文化から捏造粉飾のブラック国から去った方が賢明だぜ!
日本は知れば知る程に偽装国家だ。
名無しさん
低賃金労働者を求め海外へ?って話かな、
ヨーロッパのチャイニーズレストランで見た中国アニメ、、
全くクオリティにおいて日本と雲泥の差だったよ。
キムチ=朝鮮漬け
賃金体系の変化で年功序列を否定した結果だ。「この会社のためにがんばろう」という忠誠心が消えて、すぐに給料が高い会社に乗り換える社会になってきた。
給料さえ良ければ日本でも中国でも関係ないという価値観が育っている。
かつて流行した「中国経済崩壊」は実現しそうにもない・・・
名無しさん
1990年代初頭には、海外流出してたよ。
初期は本当に酷かったけど、今じゃ海外の制作現場に頼らないと作品作れない。ほかの物も同じだよ。
日本の国内だけで作るって言う考え自体がもう古いのかもしれん
名無しさん
日本のアニメは質は要求するのにその制作者たるアニメーターに
対して金が落ちず、待遇は非常に悪い。
中国は今まで日本のアニメ制作の下請けをしてきて十分に技術を
磨き、培ってきた。
実質、現在の日本のアニメはほぼ海外、特に中国や韓国といった
主にアジアの下請け会社が非常に重要な存在となっている。
そして、日本向けのアニメを下請けするよりも自国向けに制作した
方が要求するクオリティがまだ高くない上に、儲かるっていうなら
誰だってそっち選ぶよね。
日本は家電やIT機器なども含め生産業界でも中国を重宝したため、
技術を身につけた中国企業は今、世界的に力がある。
(HuaweiとかZTEとかLenovo、Xiaomiといった主にPCや
スマホなどで有名なメーカーがここ数年で一気に増えた)
名無しさん
これからは中国産の高品質アニメを見ればいいだけのことでしょ。
名無しさん
当然だな・・・。
名無しさん
外資系の方が報われると思う。
名無しさん
皮肉なもんだな・・・
作品は世界一、労働環境は最悪・・・
アベノミクスって何なんだ?
名無しさん
アニ豚は全部中国が引き取ってくれ
名無しさん
日本人が中国企業の下請けをして生き残り、日本の粗製乱造が滅ぶなら問題ない。
アニメーターが生き残るシステムを作れなかった業界が悪いのだから。
人類はすべからく変態
ぶっ壊して再編するきっかけにした方がいいかも。
アニメも声優も少ないパイの奪い合いで体力消耗してロクな状態じゃない。
人口減少・低賃金にボキャブラリー低下と、バカな脚本や作品を製作し続けてきたのだから、終わっても仕方ない。
名無しさん
仕事が出来る人は中国にヘッドハントされてくイメージ
名無しさん
今のアニメの殆どは萌えキャラを入れただけのつまんねー話ばかり
数撃ちゃ当たるとばかりにクリエーターをコキ使って駄作ばかり作ってる
10本あっても当たるのは1本
残りはゴミ
名無しさん
中国ではアニメ制作者の方が優遇されるなら、中国でお仕事されるのが幸せだと思う
名無しさん
何をいまさらw 既に韓国アニメに依存しきってるくせに!
名無しさん
根性論に安上がり至上主義が掛け合わされると、クールジャパンですら絶滅してしまう。
名無しさん
中国共産党がアニメに力を入れているのはプロパガンダを浸透させる手段としてすごく有効だから。この記事の怖いところは単純に技術が海外に流出してしまいそうで心配なんて事じゃ無くてアニメが中国共産党が世界を支配する為の武器の一つになるという所。
名無しさん
実際に高給で拘束されるメーターさんいるし。
金をかすめ取る広告代理店のおかげでそんばかり。
中国の何十億民相手なら日本で年収200万台の人でも何倍にもなるよ。
作画監督クラスならいまなら1000万円超えることも可能かもね。

 


スポンサーリンク