フジテレビ系で2018年1月7日に放送された「ワイドナショー」では、「やっと放送できるスペシャル」と題し、今までの放送分の未公開シーンが放送された。

 

その中で、俳優の武田鉄矢さん(68)とミュージシャンの泉谷しげるさん(69)が昭和歌謡の変化について語り、「てめえの都合ばっかり…」と、武田さんが吠える一幕があった。

 

■KAN『愛は勝つ』リリースが転機

番組では、17年11月20日の毎日新聞の記事を受けて、「若者の間で昭和歌謡がブーム」という特集が組まれた。音楽事務所アミューズの「アミューズ カフェシアター」で昭和歌謡をテーマとしたレヴューが行われていたり、のど自慢で若い世代が昭和歌謡を歌う姿を見るという話になると、武田さんが、

 

「よく出来ているんですよ、昭和の歌は」

 

と述べ、昭和歌謡の歌詞やメロディーを高く評価した。そのうえで、

 

「日本人がどう変わっていったのかが、歌でわかる」

 

と切り出した。

 

武田さんによれば、昔の昭和歌謡は自分のことを馬鹿にするような「自虐ソング」が多かったとし、例として細川たかしさんの「心のこり」や、藤圭子さんの「新宿の女」を挙げて、武田さん自ら熱唱。そして、

 

「昔の昭和歌謡は、自分のことをバカにするっていうエネルギーがすごかった」

 

とした。

 

ただ、1980年台後半にそういった「自虐ソング」が無くなっていったという。その代わりに出てきたのが、「私、頑張れ」といったメッセージを込めた「頑張れソング」だといい、一例としてKANさんの「愛は勝つ」がリリースされた頃から「頑張れソング」が増えてきたと分析した。そういった「頑張れソング」について武田さんは、

 

「てめえの都合ばっかり歌ってんだよ」

 

と一言、スタジオが笑いに包まれた。

 

これに泉谷さんもコメント。60~70年代は高度経済成長期にありながら自嘲ソングが多く、それは時代に存在した「余裕」であり、当時は「毒を吐く時代」だったと持論を展開。逆に、80年代は厳しい時代になってきたことから、応援するような歌が増えてきたのではないかとし、武田さんを擁護した。


スポンサーリンク


 

名無しさん
武田さんはそんなに歌に関して知識レベルが高いのですか?
金八先生があったから歌が売れていたように思いますけど・・・。他のミュージシャンはドラマ抜きで売れるほど価値があったように思いますが武田さんはどうでしょうか。
感想を述べるのは良しとして、人のことを寸評するのはどうかと思います!
名無しさん
個人的には
『自分を信じて、』
『君を守る、』
のフレーズは大嫌い。
名無しさん
プロが作ってプロが歌ってた。
今10年続けられる音楽がどれだけあるだろう?
でもこの感覚は時代時代で生まれるのかな、数十年後に今の音楽がどう評されているのか聞いてみたい。
名無しさん
「贈る言葉」は、もともと失恋ソングです。
それにしても日本人の心をくすぐる情緒、風情のある歌が少なくなっている気がする。
横文字、早口の無国籍的ソングになかなかなじめない。
もちろん個人の好みではあるが。
時代の流れかな~。
正義の味方
太鼓持ち芸人が何を言ってもね?
名無しさん
全てにおいてネタ切れ。エレクトロニクスの進化だけでもってる。あとは全て焼き直し。だからダンスでゴマかすしかない。でも日本人のダンスは体育会系のバタバタ必死って感じで全然流れてないから終わるとハアハアしてて見てる方が疲れる。あげく過呼吸とかなんだそれ。もうエンタメでもなんでもないね。今や歌番組はただの運動会だよ。
名無しさん
え? 今の時代の歌が高度?
高度かどうかの程度はわからないが、全く良い歌が無いと感じていますが。
名無しさん
がーんばれーがーんばれーたのむーがんばれーがんばってくれー
って歌もあったよね
唄ってたの誰だっけ?
名無しさん
「贈る言葉」は応援ソングじゃないでしょう
名無しさん
今はもっと薄っぺらい元気ソングがはば利かせてるね、そんなの聞いて感動してしまう、若い人多いね、
名無しさん
ボツシーン寄せ集め埋め合わせ放送→やっと放送できるスペシャル
ものは言い様だな
Roger22
「頼む、頑張れ、頑張ってくれ?」って露骨な頑張れソング歌ってたのは、誰だったっけ?
名無しさん
「贈る言葉」は
応援ソングではなく
失恋ソングです。
名無しさん
昔の作詞家は言葉選びが天才。言葉の向こう側にある気持ちを上手く表現。
今の歌詞はまんま話し言葉。誰でも書ける様な歌詞ばかり。きっと昔の方が頭良かったと推察します。日本の歌、全く聴かなくなりました。車の中ではもっぱら洋楽。
ゴーヤー・チャンプル
お笑いも歌もレベルが低くなってるんだよ。
芸能界全体のレベルの低下は否めない。
頭悪いし。
名無しさん
昔の歌は、歌詞にストーリー性があるものが多かった様に思います。聴かせる歌で、今の歌は、単語を繋げる感じでノリや見せる歌が多いのでは?
名無しさん
贈る言葉は昭和歌謡の括りにしてしまうと、異質な作品だったと思う。
ジャンルとしては優等生フォークソングになると思う。
今から見れば「応援ソング」かもしれないけど、毒や自虐の時代のアンチテーゼとしての作品ではなく、青春ドラマのテーマ曲としての作品として存在していたと思う。
名無しさん
ちあきなおみの喝采とか、風景が浮かぶね。
異邦人とか。
名無しさん
もう出尽くした感があるよなぁ。
目新しい曲、聴きたいよね。


スポンサーリンク


bak01
行間のあった昭和。
べーすう
お前ら年寄りの年金や医療費を誰が支えてると思ってんだ。
名無しさん
ちなみに「贈る言葉」はホントは失恋ソングです。歌詞を読めばわかりますが。
名無しさん
贈る言葉は地元の飲み屋のネーチャンに贈る言葉で応援ソングではないんじゃなかった?卒業ソングの定番になって困るとか言ってたな。
名無しさん
贈る言葉は応援ソングじゃないでしょう。
名無しさん
音楽だから、「音」を楽しみたい。
歌詞よりもメロディー、歌声、バックサウンドを楽しみたい。
作詞家より、作曲家や編曲家に脚光が当たってもいいのでは?
名無しさん
武田鉄矢も金八で“頑張れ頑張れ頼む頑張れ”って歌って稼いだじゃん。歌って想いを伝える部分が大きいから自分都合は必然だよ。
名無しさん
自虐ソングと頑張れソングってそんなに多いかなぁ?
そう思っているとしたら勉強不足じゃないの?
武田鉄矢自身が自分のコンプレックスをバネに歌詞を書いていたから
無理に結び付けた感じがする。
昭和歌謡って、もっと様々な曲があったし、現在との違いを敢えて言うなら、現在は恋愛ソングが多すぎると思うけどね
名無しさん
タクボンの「負犬の唄(ブルース)」が染みる今日この頃
tkv337
がんばれ がんばれ 頼む がんばれ がんばってくれ
by武田鉄矢「頑張れの歌」
名無しさん
昭和歌謡の特に40~50年代にかけて名曲が多い。情景が浮かび空気感まで伝わってくるその曲は何十年立っても残る名曲ですね。今はもう飽和状態にあるのか、時代がそうなのかわかりませんが。
aki
誰かが何かを語るとすぐに論破してやろうと噛みついてくる風潮は嫌だな。
いろんな考えがあっていいじゃないか。
なんですぐに負けた気になってムキになる人が多いんだろう。
心に余裕がよほど無いということなのかな。
名無しさん
歌詞に(守りたい)と言うのが入った瞬間その歌嫌い!CMにもありますよね。嘘つけ!って。一生一緒にいてとか言うてそいつ離婚するやん。結局ビジネスソングでしょ。
近年の歌はそんなんが多いような気がする。
昭和の人間の嘆きというか、ひがみです。
名無しさん
あぁーわかるような気がします。景気が良い時は暗い歌、音楽も流行りますね。
今と比べるのもなんですが、世の中が80年代くらいも、ピリピリしていたんでしょうね。
景気が上がってきているらしいですし、またロックなどが流行っても良いと思うのですが切実にまだアイドルさんブーム、抜け切れないでしょうね。
思うに、握手券が、切実に問題な気がしますよ。しかも、握手券がなければ、CD買わない、リスナーが増えたのも深刻な複雑な問題のようです。
アイドルさんを否定する気はないですが握手会に並んでしまえば、しまうほど、音楽は流行らなかね。
そこで、自虐的な歌詞、例えば僕が死んだら?、とか歌っても、人の目が、SHINEとするだけな気がします。
握手券がある今と昔をなぞらえるのは難しいようです。
Rei
昭和歌謡どっぷり世代だが、
この歳になって
あー良い曲だなぁと思う時がある。
今の曲はカラオケで歌う事を基準にすれば、
めちゃくちゃ難しいのが多いのは確か。
でも、これはそれだけ技術が向上した結果が
そう感じさせている。
進化してるんだろうなと、
普通では売れないし、
死んだ誰かを思いながら作った歌は
売れる。
名無しさん
武田が歌うようなしみったれた曲を、ユーミンは四畳半フォークとバカにしていた。
名無しさん
昭和の歌は日本語と言う言葉の中にこもった情緒を表現してたね。よく聴くと春歌みたいな物も言葉の魔力で色っぽく表現してましたね。
名無しさん
が?んばれぇ?が?んばれぇ?、たのむがんばれ、ガンバッテェクレェ?…って歌、武田鉄矢さんの歌だよね!
名無しさん
中学生騙してCD買わせてたファンモンみたいな奴らなw
あのボーカル不倫して、子供作って、相手離婚したけど、自分は元サヤという…頑張らなくていいから消えろよ級のクズだったな
名無しさん
記事の文脈を見ると泉谷氏は武田氏を「擁護」ではなく「援護」の方が適当だと思うのですが
武田氏のコメントの後に誰かがそれに対して反論でもしたのか?
名無しさん
贈る言葉は応援ソングじゃない

 


スポンサーリンク