宮崎駿監督(77)が多大な影響を受けた米女性作家で、長男・宮崎吾朗監督(51)のデビュー作となったアニメ映画「ゲド戦記」(2006年公開)の原作者としても知られるアーシュラ・K・ル=グウィン氏が22日、オレゴン州ポートランドの自宅で死去した。公式ツイッターで家族が「安らかな死を迎えた」と発表した。

 

米メディアも報じた。死因は不明。故人の息子は「数カ月、健康状態が悪かった」と話した。

 

代表作にヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞した「闇の左手」や「所有せざる人々」などがあり「SF界の女王」と称された。名作ファンタジー小説「ゲド戦記」は1968年から2001年にかけて出版された。

 

アニメ映画「ゲド戦記」は宮崎駿監督の絵物語「シュナの旅」(83年)を原案に製作。今月12日に日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)でノーカット放送されたばかり。

【関連記事】


スポンサーリンク


 

名無しさん
会ったことないですが残念
名無しさん
「空飛び猫」が好きでした
中つ国もナルニア国もファンタージェンもアースシーも遠くなったなぁ・・・
名無しさん
ル=グウィンの話は他のファンタジーに比べてかなり哲学的な要素が強い。
だからジブリのアニメで映像化したって原作の言いたいことは全く伝わらず、かつ映画としては動きのないつまらんものになってしまった。
しかもゲド戦記は「影との戦い」に始まる長い物語なのにあんな1本の映画で凝縮できるわけない。
ジブリのゲド戦記が哀しいのは原作とは全く違う方向に持っていくこともできず「これはこれで良かった」という着地ができなかったこと。
まあでもル=グウィンは偉大な作家やったと思うわ。
名無しさん
そのままシュナの旅を
映画化して欲しかった。
名無しさん
舌っ足らずな映画だったなあ。
原作は原作で、また不思議な雰囲気ではあるんだが。
名無しさん
『ゲド戦記』は3巻で終わってた頃に読んだな。アニメはちょっと残念すぎた。別名でやってほしかったね。
名無しさん
日本では変なスタッフにより、ゲロ戦記という映画になった作品として知っています。
名無しさん
映画の原作者という紹介の仕方はどうかと思います。
名無しさん
「闇の左手」は、名作だと思う。「ゲド戦記」については、宮崎駿氏が、責任を持って作り直して欲しい。
suesan
ゲド戦記は、「影との戦い」から「壊れた腕輪」がキモの話。
なのに、アニメは、ゲドの名前だけほしかったことが見え見えの、最終巻のエピソードを適当に使っただけ。
あれは、原作者が怒って当然だし、ジブリの凋落は自業自得。
名無しさん
ジブリに駄作を作られたのはかわいそうだったが、彼女の作品がすばらしいのは変わらない。誰か違う人がリメイクしたら良いと思う。
名無しさん
この前の金曜ロードショーで観た。
つまらないと評判なので期待値が
下がった状態で観たが、それをはるかに下回る
つまらなさで愕然とした。
その分、原作に興味を持ったので、
いずれ読んでみようと思う。
名無しさん
この間久し振りにテレビでジブリのを最初の方見たけど、映像とか世界観がすごくワクワクした。まぁ映画自体は他コメ通りで残念感がね・・音楽もよかっただけにもったいないよね。
名無しさん
ジブリ界唯一の駄作だと思ってるけど、原作は面白いん?
名無しさん
「オメラスから歩み去る人々」はマイケル・サンデル氏の著作で初めて知りました。それは「わたしを離さないで」にも通じて、深く印象に残っています。
名無しさん
ジブリ初内容のうっすいアニメだったと驚いた記憶だけしかないな。あと主題歌だけが良かっただけ。親父様は懺悔の必要があるねえ?
文春潰せ
あまりSFは読まないので、この人は、短編の”オメラスから歩み去る人々”
だけ読んだ。一時、TBS-WOWWOWの”MOZU”で話題になったあれだな。
ighfyhffdk、
心を駿に例えよう
JMS
命を大切にしないやつなんて大嫌いだ。
名台詞でした。
ご冥福をお祈りします。


スポンサーリンク


名無しさん
宮崎さんの息子さんの監督デビューでしたっけ。
デビューで選ぶ題材というか作品のたたき台にするべきでは無かったかな。
当時は若かったんだから、もっと馬鹿っぽい作品でのびのびやって欲しかった。映画を見て、親父の作品や親父意識しすぎだと思った。
回りの期待もあったのかもしれないけど、オヤジはオヤジ、息子は息子だよ。
説教臭い作品は親父やもっと年取って人間の深みが付いてからやるべきだったかな。
原作者の人も味付けが悪いって不評だったんでしょ。見抜かれていたのかもよ。
名無しさん
映画館で観てやべーこの作品
なんでこんなに響かないんだ・・・
そう感じ、ワインのように
思いを寝かせ、先日の金曜ロードショーで
たまたま放送しているのを見かけて
あの頃より理解できるかもと、
気持ちをリセットして観たけど
信じられないくらい面白くなかった。
名無しさん
ゲド戦記を見た時は小学生?中学生?ぐらいの時だったけど、話が難しくて全く理解できなかったって事は覚えてる(笑)
でも、曲はすごく綺麗で良かった大好きだった
名無しさん
原作の世界観を映像化すると、全くの別物になると言う、ジブリ作品はある意味お手本の様な作品であるとも言える。
とは言え、原作は素晴らしいと思う。御冥福をお祈りします。
名無しさん
学生の時にこの人の本で読書感想文を書いたなぁ。
その頃は理解できなかったことが今はわかるかも。
もう一度読んでみよう。
名無しさん
『ゲド戦記』は本当に素晴らしい作品です。日本のクソアニメ会社が駄作作ってすみませんでした。
名無しさん
アニメは、上映後に「あれは吾郎の作品」って言い切っちゃってたからな・・・。
実写のドラゴンボールで鳥山が「これは別のドラゴンボールです」って上映前にテロップ流したのと同じで、どちらも色々シュールな大人なコメントだと思ったよ。
ヤーパン
パヤオJr並びにジブリ関係者はこの方に土下座して詫びるべきだな。
名無しさん
昔々、ファンタジーはSFだったのです。
名無しさん
確か実写もあって、そちらも御多分もれなく原作者に不評。
原作者の死をもって更なる魔改造映像作品が作られる恐れ。
合掌。
名無しさん
すいませんでした。日本のクソアニメ会社が原作を台無しにしてしまって。どうか安らかにお眠り下さい。
特に名前は決めてません
この年で死因が不明と言うのも珍しいような
名無しさん
ジブリ版「ゲド戦記」は、原作者のグウィン氏が、「これは、私のゲド戦記ではない」と激怒したのは、あまりにも有名な話
名無しさん
作者が女性とは知りませんでした。
お悔やみ申し上げます。ありがとう御座いました。
ゲド戦記は、実写の映画は面白かったけど、
アニメの奴は…… 歌は良かったよ、歌はね(笑)
ピンクフラミンゴ@黒猫(ФωФ)部
空飛び猫の話大好きだった…
空飛び猫シリーズ全部持ってる
御冥福をお祈りします
名無しさん
宮崎映画にダメ出し出来る貴重な方を失った・・・。
御冥福をお祈り致します
名無しさん
宮崎駿監督の映画ゲド戦記が見たかった。
彼女もそう思ったに違いない。
名無しさん
宮﨑吾朗の映画は酷かったね
あれから息子と鈴木敏夫は信用していない
私がスポンサーなら鈴木は首にするね
宮﨑吾朗は美術館でもやってなさい
名無しさん
作品に思い入れがあった宮崎駿監督本人に作ってもらいたかった。
それができないなら息子になどやらせないでほしかった。
名無しさん
原作を読んだのは20代の時。魂について考える河合隼雄さんが参考文献として取り上げていた一つが「ゲド戦記」。河合さんの言ってることを理解するためにこれを読む必要があったため(主人公が童貞を捨てた)4作目の「帰還」まで読んだよ。テハヌー
名無しさん
ジブリのゲド見て??状態だったからネットであらすじ読んだら、素人の自分でもあのジブリアニメはおかしいと思える設定だった。
ムリに完結しようとしてる感じだったんだなと、2度見て思った。アニメのレベルも下のほうだよね。技術高いスタッフ使ってあれかよって思った。
原作者さんが、ほんとかわいそうだわ。。
アニメでモヤモヤ残って、初めてちゃんと原作読まなきゃって思ったよ。
ゲドはナウシカのような感じで作ったほうが良かったんじゃないかな。
ナウシカは、続きが気になる感じで伝説的神秘的よね。

 


スポンサーリンク