「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の人気漫画「はじめの一歩」の最新話で、主人公の一歩がプロボクサーを引退すると宣言し、ツイッターは「一歩引退するの!!?? 」「マジかよ…」といった悲鳴であふれ返った。

 

はたして本当なのか?講談社の担当編集者はJ-CASTニュースの取材に「引退してしまったと言うほかありません」と告げる――。

 

■一歩はパンチドランカーなのか

森川ジョージさんの漫画「はじめの一歩」は、「週刊少年マガジン」で1989年から連載している人気ボクシング漫画だ。プロボクシングの世界王者を目指す主人公の幕之内一歩が、ライバルたちとの戦いを通じ、ボクサーとしても人間としても成長するさまを描く。単行本は119巻を数える(2018年1月24日現在)。

 

ところが、パンチを打たれすぎて脳に障害が生じる「パンチドランカー」の症状を自覚していることが発覚、読者は騒然となった。そしてフェザー級フィリピン王者のアントニオ・ゲバラとの壮絶な死闘に敗れた一歩。2018年1月24日発売の同誌2月7日号に掲載された1208話「木の葉」では、ついに医師の診察を受ける場面が描かれた。

 

医師は「死後の脳を解剖してみないと最終的な判断ができない」とした前置きしたうえで、「(試合のビデオを観たところ)あまりにも危険だ」と一歩に宣告する。

 

一歩はその後、所属する鴨川ボクシングジムの鴨川源二会長へあいさつに。「予備軍には間違いないらしいですが、とりあえずは健康体と言われました」と会長に明かしたうえで、頭部にさらなる打撃を浴びると(パンチドランカー)発症の危険が増すばかりだとも報告。

 

「引退します」

 

と宣言、また自らの思いを語っている(詳しくは、発売中の「マガジン」をご覧いただきたい)。

 

担当編集者に取材すると…
突然の「引退」宣言に、ツイッターでは「一歩引退するの!!?? 」「一歩!!!!! 引退しないでくれよ~」「一歩が引退なんて嫌だよ…」「マジかよ…」との声が続出することに。中には、永遠のライバル・宮田一郎やWBA世界フェザー級王者のリカルド・マルチネスとの戦いを期待するファンも多かった。

 

「マジで一歩引退するんか…。最後に宮田との対決何とかしてくれよ」
「幕ノ内一歩が引退ってマジか…リカルドと宮田どうすんのw」
「このまま宮田一郎やリカルドと試合しないまま引退したら、はじめの一歩とは何だったのか状態になる」

 

はたして本当に一歩はこのまま引退してしまうのか――。J-CASTニュースは1月24日、講談社の担当編集者に取材することにした。編集者の計らいで、森川氏もこちらの質問内容に目を通してくれたという。回答は以下のとおり。

 

―― 一歩は本当に引退してしまうのでしょうか!?  引退を取り止める、あるいは後に復帰する可能性は…?

 

担当編集者 一歩は会長の前で引退すると宣言しました。現担当編集の一人であり1話目からの読者である私も大変ショックですが、「本当に引退するのか?」というご質問に関しては、一歩はすでに引退してしまったと言うほかありません。

森川先生は「自分はタイムマシンを持っている。『はじめの一歩』はそれに乗って見てきた一歩や鷹村たちの未来を、漫画に描き写してみなさんにお伝えしているだけ」とおっしゃいます。

一歩がこれからどうなるのか、森川先生がどんな未来を見てきたのか、私たちも読者のみなさんと一緒にハラハラしながら楽しみたいと思っています。それはきっとみなさんの期待を裏切るような未来ではないような気がします。

 

―― 一歩の引退宣言に、ネットでは惜しむ声が多く見られます。読者の反応をご覧になって、どう感じましたか?

 

担当編集者 今回、一歩の引退に際してたくさんのお声をいただきました。中には森川先生に対して「一歩を引退させるなんて何を考えているのだ! 『はじめの一歩』はあなたのものじゃない!」という、本当にありがたいお叱りもありました。

『はじめの一歩』は現在連載29年目。1話目から途切れることなく物語が続き、これだけの長期にわたって連載されている漫画は本作以外にはありません。

森川先生もよくおっしゃっていることですが、これはひとえに読者のみなさんの愛情に支えられてのことです。幕之内一歩の未来をみんなで見届けるためにも、これからも変わらぬ愛情と応援をなにとぞよろしくお願いいたします。

 


スポンサーリンク


 

名無しさん
どうでもいいが、20代半ばの人間が異性とまともなやり取りできないってどうよ?
これじゃセクスに辿りつくのに50歳を優に超えるぞ!!
名無しさん
ボクサーは光と影が似合う
そして、再起もまたボクサーと似合うし、リアルである
これがラストでしょう
mkmyk
伊達さんみたいになりそうな展開なりそう。
名無しさん
しばらくしてから復帰、、、
かな?、、、
名無しさん
読み始めたのは中学生の時でメチャメチャハマったな。
いつの間にか一歩も年下になってしまったな。
名無しさん
一回も読んだことないけど、高校時代の連載始まった時、クラスの男子が面白いって言ってたのを覚えてる。
だから凄い長く続いてるんだなってしみじみしてしまうw
名無しさん
こう言う奴って完全にボクシングの世界からは離れないだろ
名無しさん
平成元年に連載開始した漫画だから平成と共に終わらせる予定なのかもね
名無しさん
タカムラが一歩に対して執拗に冷たい言葉を浴びせていたあたりに作者の伏線があった気がしました。なんかはじめの一歩を読んでいてなんだかムカつきに似たよう感じを最近のタカムラの一歩に対する態度で感じていました。今でも思うが引退かもみたいな一歩に対してあのタカムラの態度とか言動、漫画的にいるのかな、、、
名無しさん
宮田は一歩と戦うために鴨川ジム辞めたのに…。
リカルドには今は勝てないと伊達が負けた時に言った布石…
回収しないで終わるのか?
名無しさん
もう夢ん中で戦えば?
たろう
俺はコミック派だからまだ話し追いついてないんだけど…
そうか負けたんか、引退か…
森川先生、もう終わらせたいのかな。
名無しさん
最終回じゃないんでしょ?終わってから引退劇を評価解釈してあげれば?
名無しさん
いや、一歩は先生の物だろwww
まぁでも、今まで楽しみに観てて終わるってのは辛いよな…しかし、毎回のようにボコボコで勝ったか負けたか判らん状態になってるんじゃ選手生命は短くなるよ。現実世界で考えたら既に引退してると思う。
名無しさん
数年後の話に飛んで宮田とスパーリングやってロッキーのロッキーVSアポロ見たいな交差して終了でしょう
名無しさん
まだやってたんや。
うん太郎
終わり方云々もそうだけど
板垣は別に出さなくて良かったんじゃないかとちょくちょく思う
名無しさん
本当にこれで終わるなら全部コミック売るわ
と言っても100巻くらいで止まってるけど


スポンサーリンク


名無しさん
これだけの功労作品、出版社都合で引っ張ったのだから、最後は好きに終わらせてあげてほしい。
アンチLDH・ソフトバンク・青学(原)
マガスペでもDreamsがとんでもない終わり方したからなw
休刊で終了とか講談社マジ最低かと
v‐‐‐‐
作者の体調不良の休載が多かったからそれもあって終わる方向へ行ったのかな…と思ってた。
マンガも場所とるから厳選して買ってるけど一歩だけで100冊以上だしね…。ちゃんと良い結末にして欲しいな。
ちなみに私はヴォルグ・ザンギエフが好き。
あと真剣な鷹村さんも好きだな。
名無しさん
一歩おつかれさま!
現実ではままならないことだらけだから、せめて物語の中ではチャンピオンドリームを見たかった。
あ、でも木村の例もあるし。
まだ、微かな期待をしつつ、ここまで本当に、夢をありがとう。
まるで現実の選手の引退のように悲しいよ。
名無しさん
>『はじめの一歩』はあなたのものじゃない!
何を言っているのやら。
作品は作者のものです。
もちろん編集の意見や編集部の意向が反映されることもあるでしょうが…
作者がこうしたいと思うなら、そうしていいと思いますよ。
名無しさん
キャラに魅力がなくなった。
鷹村は面倒見のいい先輩からただの傍若無人なクソ野郎になったし、木村青木は凡才ならではの様々な葛藤が描かれてたのに今じゃただの脇役。
一話ごとの引き方も適当だしもう辞めたら?
ARMY
多くの読者が望む面白いと思うストーリー展開は一歩が重い怪我を押して引退を撤回し命をかけて最後の試合に挑む(まぁこれはある種、あしたのジョーやロッキーなどボクシング物の定番のストーリー展開たが)
まぁこれが定石のストーリー展開だと思うのだが
作者は、これまで期待させた宮田戦の撤回など悪い方向で読者を裏切ってきたから最後もまぁ何だこりゃという終わり方になるんじゃないかな。
名無しさん
一歩、引退
からの、
板垣、世界チャンピオン
からの、
この人に勝つまでは本当のチャンピオンじゃない、とか言って一歩復活、でも戦わないで終幕。
名無しさん
あれだけ化け物染みた対戦相手に、それを超えた必殺技の数々で勝ってきた一歩が世界に届きもせず、名もないボクサー相手に散って終わるのはさすがに温度差が激しすぎてがっかり。
一応今のところ正常で人外というキーワードが出てるから何かしらの復帰の道もあるのかもしれないけど、ここまで引っ張ってする展開にはさすがに引き延ばしすぎてる。
もっとシンプルに宮田に勝って世界戦で負けて今の流れで引退の方がまだ良かった。
他の漫画家さんも引き時を出版社に惑わされないようにしてほしいと思うな。
名無しさん
昔、会長が親友の猫田の為にリングに上がった。
から考えると、一歩も同じような理由で復帰するんじゃないだろうか?
宮田や千堂がリカルドに敗れてしまうのかもしれない。
ただね・・・、長げーわそんな物語は。
jiro
思い出深い作品なので寂しいです。
名無しさん
はじめの一歩の原作者である
森川先生に対して
もはや
『はじめの一歩』は
【あなただけのものではない】って言葉は
先生だけじゃなく
自分も含めて
他の一歩ファンにも響いていると思います。
少年マガジンで
『一歩』が読めなく日が来るのかと思うと、
本当に淋しいです。
例え選手としては無理でも
篠田さんみたいに
トレーナーの道を歩むとかして
何かしら
一歩とボクシングが切れないカタチにして欲しい………な!
ろっきーたっく
森川さん、これは漫画です。リアルな現実ぽい終わり方して少年誌の夢もへったくれもないですよ。
名無しさん
漫画の中の世界も現実同様厳しく容赦無い世界って事か。
名無しさん
終わってオッケー。
こんなダラダラ続けるマンガは要らない。
名無しさん
初期を知らないし、コミックスも持ってないけど、
「あーやっと引退するか、やっと最終回かな」
って感じ。
普通に考えてあんなスタイルのボクシングやってちゃとっくに廃人だよ。
漫画自体もダラダラダラダラ続いてた感じだし、作者が大物だか知らんけど2010年ぐらいからはもう、
「つまんねぇのがまた載ってるな」
って思いましたよ。
こんな漫画見るくらいなら実際のボクシングの試合動画見たほうが遥かに面白いし。
名無しさん
こういう所でネタバレとか…(´・ω・`)まだ、全然追い付けて無いのに(;∀;)嫌でも目に入るわ~。漫画って、先の展開が分からないから楽しいのに。
名無しさん
明日のジョーの幻影を消せなかっただけっしょ
名無しさん
伊達さんからのバトンどうなったー!?Σ( ̄□ ̄;)
無限まで数えた男
ずっと読み続けてきた読者の1人としては、これで終わりでは納得できない。現実ならこれは普通にあることだけど、漫画では異質な展開。
名無しさん
ストーリー、迷走しっぱなしだったからなぁ。
止め方の設定が出来なくなっている。
原因は、伏線が本線になっちゃっていることだよね。
脇役も主役みたいになっているし。
登場人物すべてが、山に例えれば、登り坂で、しかも、みんな五合目辺りに居座っている。
主人公って、本当に一歩なの?
バカボンドは、何をしたいんだろう?
小説としての宮本武蔵の筋書きを辿るのか、それともオリジナルとして、別物を創りたいのか、物凄く中途半端で、全く解らない。
小次郎は、どう足掻いても剣客に成れない設定だし。。。言葉が話せない、字も書けないから仕官できないよね。
どちらも内容は面白いのだから残念だよ。
もしかして、作者さん挫折しちゃてるの?
名無しさん
いきなり時間が15年後に飛んで、息子の幕の内二歩が主人公になる
アマチュアで高校チャンピオンになって、プロで世界チャンピオンに

 


スポンサーリンク