マンガ「いぬやしき」の最終回が掲載された「イブニング」16号

スポンサードリンク




漫画GANTZによってみなさんも知っているであろう奥浩哉さんの漫画いぬやしきなんですが、25日にリリースされた漫画雑誌イブニング16号の中で最終話を迎えて、おおよそ3年の連載によって終了しました。

 

「いぬやしき」に関しては、宇宙人の影響が原因となって機械の身体の状態になった、鈍い初老の男の大健闘とか苦しみというものを思い描いたSF漫画。イブニングによって2014年頃から連載が始まって、コミックスでは9巻に至るまでリリースされています。

 

TVアニメが、深夜アニメ枠ノイタミナにおいて10月に公開されるほか、お笑い芸人のとんねるずの木梨憲武さんが主役の実写映画ですが2018年くらいに公開されるようです。

 

反応まとめ

「GANTZ」と比較対照すると「いぬやしき」に関しては完結することが早かったと感じている。そうして1日後発売されるイブニングという訳で、依然目を通してありませんから、把握してないと言えば明白になっていないのですが、犬屋敷壱郎だったり獅子神皓を再生させた宇宙人に関しての詳しい説明やその後日の話は存在しないかが関心を持っていいます。

 

木梨でしたか。
すごく印象ピッタリだけれども、橋爪功だとすれば非の打ちどころのない感じがする。
色々事情もあるから不可能だろうが。

 

GONZOのアニメバージョンのガンツに関してはペースがスピード感ないしひどい出来となっていた。変わることのないミスは何回も起こすなよ。

 

きっちりと完結して有難いなあ。

 

木梨に関しては性格に抵抗があるから映画館で視聴するのは、断念するわ。

 

コマ送りのような漫画を描きだす人だ

 

開始時は2人共の戦いで決着が付いてストーリーを終わらせるのかと想定していましたが、結局最後には2人共が協力関係を結んで隕石から地球を救い出すみたいになりそうな感じする。

 

まあなんにせよ最終回とても楽しみですね。完結しているのでアニメや映画も期待です。

スポンサードリンク