コラム【2018 新春「笑」芸人解体新書】

「M―1グランプリ」で毎年のように優勝候補と騒がれているのが、水田信二(37=写真左)と川西賢志郎(33=同右)のコンビ「和牛」である。漫才のうまさには定評があり、プロの芸人たちからも絶賛の声が相次いでいる。

 

しかし、彼らがここまでの地位を確立するまでには並々ならぬ苦労があった。2006年にコンビを結成した彼らは、大阪を拠点に活動していた。大阪のお笑いコンテスト番組でもある程度のところまで勝ち残るだけの力はあったのだが、決め手に欠けていた。

 

殻を破るきっかけになったのは、水田の理屈っぽいところを前面に押し出したネタを作ったことだ。

 

漫才の冒頭で、ツッコミ担当の川西が「頑張っていきましょう言うてやってますけども」と決まり文句を口にすると、ボケ担当の水田がすかさず「あ、待って待って」と話を遮り、「『頑張っていきましょう』って言った?」と詰め寄る。その前に「頑張っていきましょう」という言葉を発していないのに「『頑張っていきましょう』言うて」と言うのはおかしい、と疑問を投げかけるのだ。

 

川西は必死で抵抗するが、仏頂面の水田はどこまでも追撃の手を緩めない。水田の生来の生真面目さと理屈っぽさが生かされた革新的な漫才だった。この形のネタが評価され、14年には全国ネットの漫才コンテスト番組である「THE MANZAI」で初めて決勝に進んだ。そこからは快進撃が続き、15~17年には3年連続で「M―1」決勝進出を果たした。

 

中でも、昨年は特に力が入っていた。初めて全国ツアーを行い、一年かけてみっちりとネタを練り上げていった。移動中の新幹線でも隣の席に座り、ネタ合わせを続けていたというエピソードからも、尋常ではない彼らの意気込みが伝わってくる。

 

昨年末の「M―1」決勝で和牛が披露した2本のネタは、技術的にも申し分なく、前半の内容がすべて後半の展開への伏線になっているという構成力も光っていた。

 

しかし、最終決戦で1票差でとろサーモンに敗れて、2年連続の準優勝に終わってしまった。悲運の“M―1戦士”は今年こそリベンジを果たせるのだろうか。
(ラリー遠田/お笑い評論家)


スポンサーリンク


 

名無しさん
自分が自分が、と他人を押しのけて前に出る貪欲さがなく、一歩下がってしまうところがある。そこが彼らの長所であり、弱さ。でもそういうところにファンは惹かれる。
gjtgmt
個人的には理屈っぽいネタより、水田のアホキャラのネタが好き。M-1はネタが逆なら文句なしの優勝だと思った。
理屈っぽいのも面白いけど爆発力がないよね。じわじわ来る感じ。
名無しさん
始めはイマイチだったが、ここ数年で急成長した
M1とれなかったのが不思議
トロサーモンより面白かったのに、最後の年忖度が働いたんでしょうね
名無しさん
私はこっちの方が力量あって好きだな。
名無しさん
漫才もよいけど老人コントも秀逸なんだよねぇ
名無しさん
面白いんだけど、唯一の心配は「笑い飯」化しそうなところ。
決勝の常連って、なんか悲しい響き。
もっすん
やっぱ彼女シリーズがものすごく面白い!
名無しさん
テレビに出始めた頃の漫才はたいして面白くなかった
売れてない若手芸人の一組で、こいつらは売れへんやろなーって思っていた
己の不明を恥じる!本当に人を見る目がない(苦笑)
しかし、本当に本当に面白くなった、漫才だけではなく、IPPONグランプリで見せた川西のお笑いセンスの高さにも驚嘆した
見る目がない私が言っても説得力がないけど、まだまだ伸びると思う!
名無しさん
こういう実力派がちゃんと活躍できるようになってほしい。にゃんこスターとかいらないから。
yrmw
和牛は、服屋の店員が苦手とか、素朴に実感することをネタにしているので、観終わった後日常生活の中でふと思い出すことが多く、心に残る漫才だと思う。
それでいて男女間のやり取りでは同じネタでもスピードや間合いの取り方によって毎回違う機微が生まれ、落語のような味わいがある。
M-1の観客は箸が転がっても可笑しいというような若い層に偏っているので、理屈より場の雰囲気で爆笑してしまい、その空気にのまれてしまう審査員もいて、和牛には不利になっている気がする。
alexandra
理屈っぽいネタは、自分が責められてるみたいで見たくない。
それ以外は面白い。川西のともすれば古臭い喋り方が結構好き。
名無しさん
漫才がうまい。フリからの回収も抜群。安定している。悪くいえばパターン化してしまうことか。アドリブ感がない。やはり漫才は奥が深い。
名無しさん
和牛好きです。応援してます。
ロロトマシ
まなみちゃんの作った弁当、ガソリンスタンドで捨てられた
名無しさん
水田くんのキャラがかなり強く和牛の持ち味なのは間違いないが、川西くんの緩急自在の的確なツッコミがあってこそ。
今年は必ずタイトルを獲って売れ続けて欲しい。
名無しさん
ポイズンガールバンドのほうが面白いでしょ
名無しさん
お笑いコンテストで優勝するかしないかって見てる方はあまり関係ないけど、やっぱりギャラアップとか仕事が増えたりするみたいだから頑張って欲しいです。何年もかかってやっと優勝できたっていうのが返っておいしいかも。
名無しさん
M1はとろサーモン以外はつまらんかったわ
名無しさん
自分も理屈っぽいところがあるからすごい好き
名無しさん
トロサーモンより面白かった。
松本人志も和牛に入れていた。
他の審査員が見る目無かっただけ。
しかし運も実力。トロサーモンには運があった。
名無しさん
和牛のことをよく知らず、M-1準優勝後に『笑点』の漫才で初めて見た。
紳士服店で粗探しばかりするムカつく客を演じるネタ。
……いや~ムカついた!(無論ネタ的な意味で)
これだけ実力のあるコンビなら、TVのバラエティーやひな段で売れることを考えずとも、しっかり漫才に軸足を置いて食っていけると思うよ。


スポンサーリンク


名無しさん
みんなそれ位はやってるよ。薄い記事。
名無しさん
屁理屈話芸というとウーマンラッシュアワーと被るからなぁ…イメージも悪くなるし(笑)
違うパターンの話芸ももっと見てみたいわ!
名無しさん
彼らのことは、結構昔から知っているけど、ここ3、4年急激に腕を上げてきたように感じた。 彼らに限らず、その他のコンビも切磋琢磨しているのか、非常におもしろい。
東京では、既に忘れられた存在の藤崎マーケットも、リズム漫才を封印して、正統派漫才に変更してから苦労はしただろうが、ここ2年くらい非常におもしろい。
これからが非常に楽しみ
名無しさん
漫才での演技うますぎ
名無しさん
M1は残念ながら準優勝だったが、実力は十分。
「和牛」だけに1年間ネタを熟成させて来年頑張ってください。
名無しさん
去年の優勝は和牛かミキのどっちが選ばれてもおかしくないと思ってて。とろサーモンが選ばれた時にあれって思った。審査員に吉本の人間が多かったから同情票なのかな?
優勝は逃してけどこれからの方が期待大。バラエティ番組のトークも観てみたいな。
名無しさん
ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
和牛面白い!料理ネタ好きです。
プリプリ~♪
謎の勢力の圧力で準優勝になっちまった悲劇のコンビやね
名無しさん
努力してるのは分かるけど、吉本のお笑いって心の底から明るい笑いってないよな
斜に構えたりとか毒づいたりとか
もうちょっと明るい太陽みたいなお笑いって生まれんもんかな
ちょっとひねりすぎなとこあるよね
そう思う順と共感順の違いが分からない
真面目過ぎるんじゃないかなぁ…。
リラックスした感じがなくて、見てて疲れる。
名無しさん
テレビ界は芸能人の芸能番組をやって欲しい。もうダラダラした面白くない芸人気取りのおしゃべりが多すぎる。
名無しさん
評論家に称賛された時点で
終わり。
尖がったもんがないという事だから
名無しさん
M-1の優勝は今年できるんじゃないの?
何年目かの悲願みたいなのはテレビが好きだからね
ラスト3組に残れたら、ほぼ決定でしょう
ha・・・
ネタ自体はそんなに面白くない。
練習はすごい量ををしているって感じる。
名無しさん
旅館のなかいさんの漫才がほんまにおもしろかったーw
もっと露出してほしい(●^o^●)
名無しさん
個人的にはM-1でも一番面白かった。なんで優勝しなかったのが不思議です。
でも、もっと面白いネタをたくさん持っているのに、どうしてやらなかったのかな?と残念。
名無しさん
ホンマおもろい。
シンデレラ…洋服屋…ニューハーフとの合コン…度見ても大笑いするし
同じネタでもしばらくすると進化してる。
来年はM?1獲ってな!

 


スポンサーリンク