国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)を48年にわたりスポンサードしてきた東芝が、先ごろ降板を正式に発表。それに伴い、「次のCMスポンサーはどこになるのか?」など、さまざまな憶測がSNSを中心に飛び交っている。老若男女誰もが知る“国民的番組”を半世紀の間支えてきた東芝の功績。さらに、スポンサー変更による『サザエさん』への影響について考えてみたい。

 

■経済にも影響!? 国民生活と常にリンクしてきた怪物番組

『サザエさん』は、アポロ11号が史上初の月面着陸を達成した1969年の10月に、東芝の1社提供として放送がスタート。家電市場が頭打ちになった1998年に1社提供を終了したものの、48年にわたってCMを提供。エンディング時の「エネルギーとエレクトロニクスの東芝がお送りしました」というセリフが印象に残っている人も多いのではないだろうか。

 

日曜夕方6時の顔として定着した『サザエさん』は、1979年9月16日には最高視聴率39・4%を記録(ビデオリサーチ社調べ、関東地区)。これはアニメ歴代視聴率3位で、その冠名に恥じぬ「国民的番組」と言える。「家族で見られる」「日曜日の時報的存在」などと言われるほか、『サザエさん』の視聴率が上がると株価が下がり、逆だと上がるとされる通称「サザエさん効果」(大和総研レポート)、夫が妻の実家で生活する夫婦の状態を「マスオさん状態」、日曜の夜に月曜の到来を憂う「サザエさん症候群」など、『サザエさん』が鉱脈の流行語が次々と誕生。それほどに、国民生活とリンクする“圧倒的安定感”が支持されてきた。

 

そんな“国民的な人気番組”として、アニメとしては驚異の数字である視聴率2桁をマークしてきた『サザエさん』だが、2016年からは1桁台も増加。視聴率的に苦戦を強いられているが、メディア研究家の衣輪晋一氏は「いまの時代、“家族で観る”という以外に、“ネットで盛り上がる”という別の楽しみ方が生まれている。視聴率だけが評価の指標ではない」と話す。

 

■“昭和”を引きずり続けるのにネットとの親和性は抜群!? 楽しみ方に変化が

事実、SNS上で『サザエさん』発のワードが話題になることは多い。例えば、ワカメのクラスメートで、将来の恋人候補的な存在だった堀川くん。彼には現在、ネット上では“サイコパス”の異名がつけられている。その発端となった代表的な奇行(?)のひとつに「ひよこ事件」がある。

 

ある日、ひよこを手に入れた堀川くんは、そのひよこに“わかめ”と命名。“わかめ”を育てて卵を産ませ、その“わかめ”の卵をワカメに食べさせようとしたのだ……。磯野家のトラブルメーカー・カツオは、時折見せる悪魔的閃きから「天才」「有能」などとカツオ推しの声で盛り上がる。また、タラオはそのあまりの無邪気さや、すぐに家族にチクる習性から「安定のチクり」などと揶揄されたり、磯野家にあったジェラートを“磯野家にそぐわぬものがある”と勝手に食べてしまったノリスケには、「ハイエナ炎上おじさん」との異名が付けられたりもした。

 

衣輪氏はこうした盛り上がりについて、「フジテレビの某プロデューサーに聞いたところ、“本当に人気のない作品はネット上でもスルーされる”」とのこと。自力のある番組は、例え視聴率が低迷していてもネット上を賑わせることが多い。視聴率が低いからといって一概に“人気が落ちた”などとは言えない時代だと分析する。

 

■“物言わぬスポンサー”に徹した東芝の矜持

何より、『サザエさん』が支持されてきた理由として、“いつまでも変わらない”普遍性にあると衣輪氏。「サザエさんの声を演じる加藤みどりさんも『家族というものは、毎日同じことをやっているようで、その言動は実は日々違っている。だから話題が尽きない』と語っていました。変わらない大事さと、そのなかで語られる“繰り返される日常”の面白さが魅力です」(衣輪氏)

 

その“普遍性”を支えてきたのが、他ならぬ東芝ではないだろうか。黒電話に昔ながらの家電製品…『サザエさん』の番組内では約半世紀にわたって“変わらない日常”が描かれてきた。衣輪氏は「それは、スポンサーとしての“影響力”を番組内で行使しなかった東芝の“矜持”ではないか。そして『サザエさん』が国民的番組として愛され続ける要因のひとつと言って過言ではない」とも。仮にスポンサーによる作風の変化や露骨な商品訴求があった場合、ファンから反発の声があがることは想像に難くない。

 

実際、東芝のスポンサー降板が取り沙汰されてから、ネット民は「サザエさんがどう変わるか?」と蜂の巣をつついたような騒ぎに。SNS上では次のスポンサーを予想したコメントも多く寄せられ、「保険会社がスポンサーになったら磯野一家がやたらと怪我しそう」「不動産会社だったら花沢さんの出番が急増したりして…」など、さながら大喜利合戦の様相を呈した。

 

また11月初旬には、美容外科「高須クリニック」が新スポンサーに名乗りを上げたことも大きな話題に。「波平に髪の毛が生えそう」「サザエが豊胸しそう」「花沢さんが美容整形して、ついに磯野をゲット!?」など、こちらもネタ合戦になった。しかし、衣輪氏は「こういったネット上の動きはあくまで“ネタ”であり、実際は『サザエさん』が変わることを望んでいる人は少ないはずです。時代は変われど、サザエさん一家の“変わらぬ家族の風景”が描かれているからこそ、その“普遍性”が愛されている」と話す。

 

■新スポンサーに問われる“介入しない”覚悟とは?

“東芝降板”が噂され始めてから、ネットでは“賑やかし”として様々なスポンサー名が取りざたされてきた。この状況に衣輪氏は「実際のところ国民的人気番組のCM枠は引く手あまたでしょう。

 

ただし、原作者への配慮も含め、ナショナルクライアント(全国規模のブランド)以外は考えられないだろう」と分析する。そして何より、「『サザエさん』の生命線である“普遍性”を維持するためには、CM提供になった場合“番組に介入しない”という覚悟もスポンサーは問われる」と衣輪氏は解説する。

 

とはいえ、そう遠くない時期に新スポンサーは明らかになる。どの会社がスポンサーになったとしても、『サザエさん』を『サザエさん』たらしめる“普遍性”がどう継続されてくのかに注目したい。

 

(文:中野ナガ)


スポンサーリンク


 

名無しさん
気持ちとしては、昭和生まれが消滅するまで、今までのまま、原作を活かして貰いたい。
ドラえもんは子供向けしてしまったけれど、老人含めた大人も一緒にみているサザエさんは、維持して欲しいな。
民放で流している時代劇なのですよ。デジカメが出て来た時、少しショックだったけど。
あれは何?と孫が祖父母に尋ねられる時間は壊して欲しくないな。
名無しさん
戦時中の話をここまで引っ張んだからたいしたもの。このままどうなるか見てみたいから無理してでも続けてほしい。
名無しさん
>また11月初旬には、美容外科「高須クリニック」が新スポンサーに名乗りを上げたことも大きな話題に。「波平に髪の毛が生えそう」「サザエが豊胸しそう」「花沢さんが美容整形して、ついに磯野をゲット!?」など、こちらもネタ合戦になった。

そういうのは同人誌でやってください。

b地区
カップヌードルのあのCMを見て笑ってしまった。
名無しさん
サザエさんのスポンサーを東芝がやっているという事を、最近の話題でしった。それまでは気にもしてなかったというのを考えると、あまり広告としてサザエさんだと効果が薄いような気がしました
タケさん
サザエさん、このアニメだけは時代錯誤と言われてもずっと変わらないでほしいです。加藤みどりさんも大変だと思うけどがんばってほしいと思います。つい先日がんばれロボコンを見たばかりだったので、そう思ってしまいます(^_^;)
名無しさん
家電業界に限って考えれば以前ならパナソニックが金持ってたからスポンサーになりそうだったけど今なら堅実な日立かなぁ。ふしぎ発見も長寿番組だし鉄腕ダッシュも長い。番組に口出ししないって言うのも日立にあってる。
名無しさん
別に今の時代に合わせる必要はない。昭和中期の話としておかないと、いろいろとややこしい圧力に屈することになるよ。フェミとか。
〇〇
サザエさん一家は、不老不死の薬を飲んでますね。
48年間も、デビュー当時と変わらず
みんな若さを保ってる。
サザエさん、72歳?
名無しさん
中国「美的集団」がおおくりしました。
近日、パンダが磯野家に加わります。
名無しさん
ロッテがスポンサーに参入する可能性あるか
名無しさん
あのアホみたいなCMみたいにならなければいいよ
名無しさん
「明日をつくる技術の東芝(がお送り致します[お送り致しました])」は?「エネルギーとエレクトロニクスの…」よりこっちの方が”もっと”印象深かったですよ。
島模様
原作の面白さを読んでしまうと、アニメはただの保守的ななれあいにしかみえないから、終わっていいと思う。
マティーニ
波平の酔っ払いバージョンをフィギュア化してほしい。
おでん屋の、のれんを、肩にかけて帰宅するやつ。
007
サザエさんに新しいことは絶対にいらない。お笑い番組や、飲食店等、新しいことをすればするほど悪くなるのは目にみえている。高須さんところのスポンサーもできればやらないでほしい。
変わらないことがどれだけ重要か、しっかり考えて欲しい。フジだもの。


スポンサーリンク


幾多ビヰカア
サザエさんが普遍なのは、ある程度は「サザエさんだから」でもあるが、それよりも大きな理由として、同作が「チャプター完結」して時間も毎回リセット。いっこうに月日が経過していかない事がある。
みんな頑張ってた「古き良き家族」を愛でる気持ちに、国籍は無い。
しかしアメリカの同系ドラマ『大草原の小さな家』は、作中の時間が流れるゆえに10年で幕を閉じざるを得なかった。
サザエさんも(仮に登場人物の老化だけは停めたとしても)エピソード内容を次回に引き継いでゆく連続アニメだったら、同じように何十年とは続いてなかったに違いない。
uma
スポンサーが介入しないのはいいけども、
たまには構成に影響が無い程度にスポンサーネタの話があってもいいと思う。
名無しさん
磯野家には、未だにブラウン管テレビがあったような。あれを地デジ対応テレビに変えるなどちょっとした内容変更に止めて欲しい。
dontacos
東芝だけの一社スポンサーではなく、何社もスポンサーが入っているので、変わらないとは思いますけどね、、
GutsOsomatsu
日曜の夜にサザエさんが始まって軽い鬱にならない小中学生は日本人ではないと思う。
tjm
東芝が正式に降板した時、初めて分かるでしょう。
名無しさん
東芝がだめなら、Panasonicか日立すればいいと思う。
おこたの季節。
パチンコ、サラ金業者はやめて。
名無しさん
あまり詳しくないから分からないんだけど、
実際スポンサーがアニメの内容に介入してくる
なんて事があるの?
名無しさん
「国民的アニメ『サザエさん』の“普遍性” 東芝CM降板でどう変わる?」
小津安二郎映画を下卑たようにした作風だから、
もう時代劇というか、伝統芸能の域に達しているから、これを変えると別物になるよ。
で、スポンサーが東芝からどこに代わるんだろうね?
サムスンならいろいろ炎上しそうだし、
SONYなら、ソニータイマーが内蔵されているから、1年ぐらいで終了しそうだ。
名無しさん
サザエさん、面白いよね。
最近ハマってる(^_^;)
名無しさん
究極の日常系アニメ。
名無しさん
ごく平凡な一家を描いていたはずが、都内一戸建てのプチセレブな日常風景になってしまってますね。
名無しさん
究極の日常系アニメ。
名無しさん
ごく平凡な一家を描いていたはずが、都内一戸建てのプチセレブな日常風景になってしまってますね。
野良猫のごっち
終って良いよw
名無しさん
変にいじられるなら
スッパリ終わりにして、
過去の再放送するだけでも
あと何十年か持つし
サザエさんを良い形で伝えて行けると思う。
名無しさん
薄型テレビやプッシュホン、LED電球、電子レンジ、全自動洗濯機等々、東芝が扱っている電化製品が磯野家には見当たらない。
東芝が元気だった頃でも、長谷川町子死後に登場した電化製品が置いていない事を考えると、原作者の家族と制作会社が時代背景を、守った結果だろう。
でも原作にある覚醒剤の取り扱い等、法律、人権に絡む表現を取り扱わないのは、本当の昭和は表現されていない。
名無しさん
堀川くんをなんとかしろ。
最早、10年前と別人だぞ。
名無しさん
オープニングのサザエさん一人旅シリーズとエンディングのロッジ・コテージが揺れるあのシーンは例えTOSHIBAがスポンサー降板したとしても絶対に外したらいかんな!
名無しさん
サザエさんなんて時代遅れも甚だしい。
長谷川町子さんの原作からも大きく外れてるものばかり。
名無しさん
メインスポンサーの東芝が降りたって変わらないものは変わらない。
それなりの会社がメインのスポンサーを務めるだろうが、サザエさんはサザエさんのままだと思う。
もし、この先に問題があるとしたら「声」だ。
主役の声が変わる日が来るのか?
すでに家族の半数は変わっている。
いずれ間違いなく来るXデーを、どう考えているのだろうか?
そちらの方が気になる。
名無しさん
地上波の黄門様も無くなったことだしそろそろパナソニックの出番かな。
しかし他のスポンサーもそれなりの会社が付いてるから変わりようが無いと思うよ。番組の中で東芝製品なんて出てこないんだから。

 


スポンサーリンク


副業→本業に可能 テキストを貼り付けたりするだけ月に30万以上可 完全住宅マニュアルサポートあり

注目ニュース