東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第60回(2017年度)ブルーリボン賞」が23日、決まった。作品賞は報知映画賞と同じく「あゝ、荒野」(岸善幸監督)で、ユースケ・サンタマリア(46)が助演男優賞に輝き2冠。助演女優賞は「三度目の殺人」(是枝裕和監督)の斉藤由貴(51)で第28回(1985年度)の新人賞以来32年ぶりの受賞。主演男優賞には阿部サダヲ(47)、主演女優賞に新垣結衣(29)が選ばれた。授賞式は2月8日、東京・内幸町のイイノホールで行われる。

 

「“このタイミング”で賞をいただけることが…。淡々と話していますが、ものすっごくうれしくてたまらない」。瞳に涙があふれそうだった。斉藤は受賞インタで自ら、猛バッシングを受けた昨夏の不倫騒動に触れた。この約半年、自身を省み、“傷”を家族で乗り越えていた。85年新人賞以来の受賞に、3人の子供たちは「やったじゃん!」と喜び、夫は、昨年11月に報知映画賞の候補に挙がった時点で「ノミネートされただけでもお祝いだ」と焼き肉を食べに連れて行ってくれていた。

「運命の不思議な采配というか。(賞に)励ましていただきました」。広瀬すず(19)と母子を演じた「三度目の殺人」での出演シーンはわずか。殺された夫の妻を狂気をはらむ不気味な芝居で、強烈な印象を残した。同部門で一緒にノミネートされた広瀬との“合作”でできたことを強調する。

 

「すずちゃんのおかげ。彼女の演技にすごく吸い込まれて。まなざしを見ながら、深い洞穴に入ったようになった。役作りはなく、共鳴し合い、高まって生まれたもの」

 

天才肌の女優だが、志願してこの世界に入ったわけではない。いじめられっ子だった。多感で神経質な娘を心配した親が「何か違う興味を」と芸能界にいざなった。役に没頭すると、撮影カメラも全て消えてしまう感覚になるという。「私は本来全然おもしろくない人間。演じることで人としての輪郭がはっきりしていく」という言葉が、天職であることを証明する。

 

「あのう、もし可能なら…。(授賞式を)両親に見せてあげたい。でも私、泣いちゃうかも」。半年前、しょうすいした姿でフラッシュの集中砲火を浴びた。2月8日は俳優の一握りしか手にできない栄えある受賞者としてスポットライトを浴びる。心配させ続けた両親に、「演じる」原点をつくってくれた感謝の気持ちを込めながら。(内野 小百美)

 

◆斉藤 由貴(さいとう・ゆき)1966年9月10日、神奈川県生まれ。51歳。84年第3回「ミスマガジン」グランプリ。85年フジテレビ系「スケバン刑事」主演、翌年NHK朝の連続テレビ小説「はね駒」ヒロイン。歌で「卒業」「夢の中へ」がヒット。近作に大河ドラマ「真田丸」「お母さん、娘をやめていいですか?」(ともにNHK)など。94年結婚、1男2女がいる。


スポンサーリンク


 

あんこ
性癖と演技を分けて評価できる人ってすごいです。
私は無理です。
トントントン松&MOCO
公私共々演技が上手い。
名無しさん
仕事としての評価だからとの賛美があるが、「不倫」は立派な法律違反。不貞行為。普通、法律違反した者、罪を犯した者が仕事だからと切り離して評価されることはない。芸能界って身内に甘いよね、ホント。
wa
女優としては高い評価されているのに
昔からプライベートは残念な人ですね?
受賞おめでとうございます。
hyoujimei
パンツ大賞をあげます。
名無しさん
不倫が良いとはいいませんが。
役者さんに高い倫理観は求めていません。
名無しさん
あの騒動で評判は下がったけど、純粋に演技力が評価されたと思いたいです。
おめでとうございます。
名無しさん
最初テレビで「スケバン刑事」を見た時は役が役だっただけに、あまり上手だとは思わなかったが、もともと彼女が持っていた透明感を表現できる作品に出会い、歳を重ねていき最近は脇役でも上手いし存在感出てるなと思っていた矢先の事件。本当に賞を貰ったことにお喜び申し上げます。
名無しさん
不倫してたやないか!犯罪者だろ!吊せ!
名無しさん
彼氏は変態仮面w
名無しさん
もう不倫ネタはいいから
週刊誌さん
風の股寒郎
三度目の不倫会見も演技だったよ。こいつ何にも反省してないし、相当腹黒い。人としてクソ。
名無しさん
演技の能力と道徳観のなさや下半身のだらしなさは別物。演技が評価されたからって全てクリアでテレビに出てこられると不快。
パンツかぶりの不倫を許す夫はある意味凄い、やはり信仰のなせる技なんでしょう。
名無しさん
女優としてだけではなく、女としての魅力も素晴しいですね。
名無しさん
芸能界が文春砲に対抗して、
不倫俳優をどんどん使い、評価して、
文春砲の威力をそいでしまえばいい。
名無しさん
演技は確かにいい。
素行については個人だから関係ないというのはどうかな。芸能界にいて社会に少なからず影響を持つ立場にいるわけだから。芸能界から身を引いたあとであれば、単純に個人の問題と言って突き放していいと思うけど。そういう世界で良くも悪くも脚光を浴びて生活の糧にしてきたわけで、都合悪い問題だけ個人の話ですから、というのは違和感を覚える。
でも、演技は素晴らしいと思います。選考基準に身辺の清廉性やら関係ないのだろうから、文句なしの受賞。
名無しさん
仕事は仕事としてちゃんと評価してるのね。偉い。
名無しさん
演技力は確かにあるよね。
でもね、ドラマ見てるときにたまたま不倫騒動した人が出てると演技より真っ先にこの人パンツの人だとか不倫した人だっていうのが頭に浮かぶんだよなあ。
私だけかな?ごめんね笑
おめでとうございます。


スポンサーリンク


おめでとうございます。この人の演技は好きでした。
不倫なんてしなければ…もしくは、せめてあの気持ち悪いキスの写真とパンツ被りの写真が出なければ…とは思いますが。
しかし子供さんがすごいですね。私ならあんな恥知らずな写真を世間に出した母親に、まだこの短期間でおめでとうなんて絶対思えない。
名無しさん
だっていい女優だもの。
名無しさん
「ブルーリボン」とは、男と女を繋ぐリボンなのか?
名無しさん
どすけべババアホント好き
名無しさん
ブルーリボン賞おめでとうございます
不倫は道徳的にだめなことだとしてもやっぱり個々人の問題
演技力や音楽の才能など、それらとは関係のないことだと思う
実力があれば何してもいいって話ではないけどね。
例えば、斉藤さんの場合で、夫が不倫を許せずに、マスコミに自らたれこみを行ったのであれば、別だがそうでなければ、第3者が入る話題ではないんだろう。
名無しさん
お金で買える賞だからな
名無しさん
演技を見たことない人は完全に不倫の人と思うだろうなぁ。
名無しさん
自分は好きな女優さんだったから、不倫報道で干されたら残念だと思っていた。
受賞作でも存在感ありましたよ。おめでとうございます。
名無しさん
濡れ場の実体験。
マスコミに対する打たれ強さ。
これが評価されたのかな。
賞を取るために体を張ったのかもね。
名無しさん
私生活が演技に活きてる見本だな。
名無しさん
大丈夫か!
名無しさん
演技で評価された人だから、不倫会見もさぞかし演技が上手かったのでしょう。
名無しさん
こんなクソ女を評価している奴ら、馬鹿じゃねえの!何で今なんだよ!!!演技だけなら、もっと他の俳優さんが沢山いるだろうが。賞あげて禊を済ませた形にしたい芸能界の闇だ、理解しろ!
名無しさん
やっぱりアーティストって、才能と私欲は別物というか、私欲あっての才能なんではと思うこの頃。
今の気持ち
演技力は申し分ない
ただ節度あるプライベートをw
名無しさん
芸能人の不倫報道に対する風向きが最近はすっかり変わってしまった。この人は発覚のタイミングが悪かったね。
mick
渡辺謙だって不倫しても世界の謙なんでしょう?それと同じ。この人はある意味自然体だね。それが魅力ともいえる。
あーちゃん!
昨年はスケバン刑事から変態仮面という鮮やかなイメージ転換に成功。
名無しさん
どうしても、この人を見ると、「パンツかぶり」が思い起こされ、笑ってしまう。
まけないよ!
斉藤由貴の次回作、変態仮面Ⅱにご期待ください。
名無しさん
不倫は家族の問題だから仕事には関係無い。
実力があるから認められたのだろう。
名無しさん
歴代スケバン刑事の中でも初代が一番演技派

 


スポンサーリンク