新車を所持して愛情を込めて乗りたい。
今の状態でピカピカにしたいので洗車は自らが手で。

 

というふうに一生懸命になっている皆さんに、洗車のやり方とダメな行動を書き込んでおきたいと思います。

 

理想的に仕上げたいことから手洗いしたにも関わらず傷だらけになってしまったらお話になりませんからね。

 

太陽の光が強いときや風が強いときは注意

洗車はびしゃびしゃになってしまうため、夏の真っ只中にすれば快適になるのでベストだと思いますね。

 

しかし、真夏の日の下で洗車をおこなうのは確実によくありません。 どうしてかというと、水がグングン蒸発してしまい水滴の跡がついてしまうためです。

 

水垢とかウォータースポットというものは安易には取り除き辛いですから、わずか1つのミスで大好きな愛車を汚くしてしまい苦い思いをする事間違いなしです。

 

同程度に風の強いい日もダメです。

 

スポンジでごしごししている時に、砂埃が舞ってきて車のボディにくっついたらめんどくさいです。スポンジで砂埃をこすって傷まみれになるはずですよ。

 

洗車を行なうつもりなら曇の日、朝方や夕暮れが一番おすすめです。 冬の季節なら日中の晴れた時であってもさほど心配ありませんが、今回については水が凍りつかないことを意識しておきましょう。

 

最初はタイヤから洗いましょう

タイヤやホイールは何よりも汚い部分ですよね、ブレーキのせいで鉄粉が思っている以上に付いております。

 

タイヤを後になって洗浄すると、折角洗浄したボディにタイヤの汚れが付く可能性があるでしょう。

 

そして、鉄粉がボディに付いてしまうことになればゴシゴシすると間違いなくキズをつけてしまうでしょう。

 

それに加えて重要なことは、タイヤ用とボディ用のスポンジを交換することが大切です。

 

タイヤの汚れがこびりついたスポンジでボディーを・・まあ誰でもわかりますね。

 

さいしょからいきなりスポンジで洗うのはやめましょう

ボディっていうのは目に見えないほど小さな砂や鉄粉などが張り付いているはずです。

すぐにスポンジでゴシゴシするとキズができる原因になります。

 

それに加えて、自宅にあるタオルや雑巾を利用することもダメ。

 

タオルの目というのは粗いことが理由となってゴシゴシするたんびにキズが付加されます。

マイクロファイバーやセーム皮をはじめとする目がきわめて小さな物を準備しておくようにしてください。

 

まずはしっかりと水をぶっかけていきましょう。

 

高圧洗浄機があるのであれば猛烈ないきおいでボディの汚れをふっとばしていきましょう。

 

汚れが重度の場合や、水洗いのみでおこなう場合にはホースを用いてしっかり水をかけながら拭いたほうがいいでしょう。

 

水と同時にゴシゴシすることがポイントです。
水が円滑剤という形でボディに対するキズを抑制してくれます。

 

これだけでもかなり綺麗になるでしょう。

 

シャンプー剤を利用すると洗剤がスポンジとの緩衝材という形でキズを防止してくれることになります。

さらに油汚れに対しても強力ですから、汚れが大量のケースであっても効果が期待できるでしょう。

 

しかしシャンプーの中には界面活性剤が入っているので、流し残しがあったりそのまま放っておく時間が長すぎると塗装を劣化させてしまったりシミが生じるリスクもあることを気を付けておいた方が良いでしょう。

 

ざっくりとしたポイントは
洗剤を先にプラスして勢い良く水を入れ、一杯の泡を作成して、
ゴシゴシ擦るときは愛情を込めてソフトに行い、
可能な限りササッと行い、
上から下に流れるように丁寧にあらいましょう。

 

ワックスは使用しないほうがいいかもしれない

ワックスはボディに光沢を出したり雨水を弾いたりするのに効果を発揮します。

 

しかし、洗車後はツルツルでいいと思うわけですが、簡単に取れてしまいますよね。

 

実際のところワックスを塗れば塗り付けるほど塗装というのは酷くなって行くのです。

 

なぜかというとワックスというのは油だからとなります。

 

油というものは空気に触れたり強い紫外線にさらされることを通じて、酸化、変色、樹脂化するのです。

ワックスのみが酸化する場合は問題ないですが、ワックスと並行してボディも同時に酸化、変色、樹脂化してしまいます。

 

まとめ

洗車は思った以上に手間のかかる作業ですね。
最近はガソリンスタンドの洗車機で洗車する人が多いみたいです。
値段もお手頃価格ですし、手軽にできるのがおおきいでしょうね。
洗車機のブラシも昔に比べて最近は柔らかく車に優しくなっているので傷もつきにくくなってるみたいです。