気分の落込みが特徴のうつ病には意外なきっかけがあります。こんな事はなかったですか? 出世した同僚を祝ってあげようと集まったのに、なぜか本人は元気がなく冴えない表情をしている……。

 

実は、職場での昇進がきっかけとなり、うつ病が発症してしまう事は稀ではありません。うつ病に気を付けたい時は、辛い経験をした時ばかりではないのです。どうして昇進のような良い事が起きた時にも、うつ病に気を付けたいかをお話ししたいと思います。

 

◆幸せな出来事もストレス要因……うつ病の原因に!?
ストレスの原因は辛い事ばかりではありません。良い事でも本人にとっては大きな心の負担となる事があります。

 

例えば最初にあげたような「昇進」。職場で出世するという事は今までの努力や実績が認められたということですから、素晴らしいことです。

 

しかし、昇進を告げられた時点で、「自分は当然、そうあるべきだ」と、落ち着いて受け止める人もいるでしょうが、十分に心の準備ができていない時はびっくりしてしまうかもしれません。特に、数段飛びの大抜擢のような時はなおさらです。

 

それに昇進後、権限は増しますが、同時に責任も重くなります。こなさなければならない仕事の量が増え、人間関係もより複雑になると思います。慣れない多くの事に直面しなくてはならない時は心の健康にとって試練の時になります。

 

これは、昇進だけでなく、結婚や出産など他の嬉しい出来事にも共通していえることです。次に、嬉しい出来事でうつ病にならない心構えについて述べます。

 

◆進行前にケアを! 気付きにくい「うつ」の初期症状
まず大切なのは、うつ病の始まりをちゃんと自覚することです。うつ病の始まりは日常、よくある心身の不調と同じような事が多く、なかなか気付きにくいものです。

 

疲れやすく、体がだるく感じられたり、不安や緊張を感じて、頭がいつもより働かなくなったりします。また、今まで楽しめていた事が楽しめなくなり、睡眠、食欲も普段通りではないことが多いのも特徴です。また、気分の落ち込みがはっきりせず、頭痛、胸痛、息苦しさなどの体の症状が目立つ場合もあります。

 

ちょっとした不調ですめばよいのですが、そのまま「うつ」が進んでいくと、会社へ行くのが辛くなって行けなくなってしまったり、ひどくなると、自信を失ってしまい、「死にたい」という気持ちが生じやすくなったりします。自殺のリスクはうつ病では決して忘れてはいけない事です。

 

「死にたい」という言葉が口に出るような時は、決して、軽く見てはいけません。他の病気で病院に行くように、きちんと精神科や神経科で相談するのが良いと思います。


スポンサーリンク


 

サイダー
備えあってもうつにはなるよ
名無しさん
ある日突然言葉が出なくなり会話出来なくなって気づいた。朝、顔を合わせても当たり前のおはようすら言えなかった。
名無しさん
鬱なんて通り越してるよとっくに。
鬱だったの、かもわからない。
鬱の期間すらなかったかも。
喜ぶことも悲しむことも笑うことも極力無くす。そうしないといけないから。
名無しさん
何だ、このアホ臭い記事は!
なーんにも鬱を理解してないね。
リンカーンはアメリカンコーヒーを三杯飲んだ、です。
流れ星
一見幸せそうに見えても悩みがない人間はいない
名無しさん
「意外なきっかけで」とかの標題の記事は大抵掘り下げが足りない
名無しさん
記事内容がしょぼすぎて残念です、今時心の風邪なんて言いません、脳の疾患なのですから。
AllAboutは信頼できる記事が多いので、もう少し深く掘り下げた記事がほしいです。
1014432
【みなさん指摘されてますが、これは”うつ病”ではありません!】
これは、ただ憂うつな気分であったり、ブルーになってる範疇の心理状態です。
本当にうつ病の状態は、強烈な自己不信と他己不信とが深く入り混じり、何もやる気が起きず、体も思うように動かせない本当に辛い状態です、マジで。
本当のうつ病の状態では、気分転換にスポーツで気分を紛らわせるとか、カラオケ行って発散するとかという気すら起きないのです。
気が付くと、駅のホームの隅っこに立ってたとか、かなり深刻な精神状態です。
こういう軽佻浮薄な記事を書かれると、余計にうつ病の誤解や偏見が強くなるので、お止め下さい。
うつ病のしったか記事ですね、まったく参考になりません。
ミカン
これは、医者が書いた記事ですか。どこの病院の何というお名前の医者がおっしゃったのですか。心の風邪は早めに心療内科を受診はわかりますが、なる理由は人それぞれです。くだらない例題をあげて不安を煽るような記事は不快だ。
トマト
軽度のうつ症状なんて、誰にでもあること。
本当に重度のうつ病とこの記事にある軽度なうつ症状では、似て非なるもの。まったくメカニズムが違う。
例えるなら、風邪も肺炎も肺がんも同じと言っているようなもの。
重度のうつ病は簡単にはならない。
うつ病になる生まれ持った体質に加え、身体的または心理的要因が何年もかけて慢性的に蓄積し、その他いろんな要因が重なることでうつ病へと進行していく。
軽度にうつっぽくなるのは、一時的なもので、バイオリズムと精神的オーバーヒートが重なった時だけなる。なので自然に治る。
軽度なうつ症状と重度のうつ病を同じカテゴリーにするのはナンセンス。治療法もまったく違うし、身体的特徴もかなり違う。
これは世間に間違った認識を与えかねない記事だと思いました。
やまやま
鬱病で休職~退職になった人がいる。
休職2年前から酒の量が増え、本人から「終点まで乗り過ごした」なんて話を聞くようになる。
飲んだ翌日遅刻、やがて一日休。その日に重要な会議が入っていることも。
書類の書き間違い、期日までに提出できない等、仕事上のミスが増える。
きっかけ……これが管理職昇進だったんだよね。
でも、新天地でうまくパフォーマンスを発揮できなかった。
たぶん、酒の量が増えた時点で鬱を発症していた。でも誰も、もちろん本人も気づかなかった。初通院は休職直前。それまで服薬してなかったということ。
風邪って気がつくからね。気づかない病気……鬱病って本当に怖いよ。
名無しさん
うつの人は幸せの中の苦痛を見つけやすい体質、思考になりがちなところがあるので、如何に気をそらす方法を見つけるかという事が大事である。私はこの10年、薬なしで過ごしてきたところで少しばかりの自信が付いてきた。
名無しさん
私は結婚をして子供が産まれて、本当の幸せを知って鬱病になりました。
自分が子供の頃と全く違う毎日。普通の家庭では当たり前の毎日なんでしょうけど。
病院の先生に(完治するには)ながくかかるだろうと言われてます。鬱になって今年で10年目ですが、主人と子供達と病院で出して頂く薬のおかげで生活ができています。
幸せでも鬱病になるのは本当です^^
どんなナレソメの鬱病も完治の道のりは同じ《気長に焦らず》で、周りの協力が必要なのも、近くに理解してくれない人がいると治らないのも共通してます。
無敵の人予備軍
自殺するくらいなら何人かぶっ殺して
死刑になったほうがマシだな。
またはちべ
うつは心の風邪ではなく”心のガン”だと田中圭一の『うつヌケ』にあります。そうでないと、一見大丈夫なように見えても自殺するといった”死に至る病”の説明がつきませんから…
名無しさん
昇進以外には例がないの?
まったく参考にならない記事。
ジムにいくくらいで、仕事に行くのが憂鬱なのが治るなら医者いらんわ。
毎週日曜になると、寝てしまえば月曜になるのが嫌で眠れなくなる。ジムにもいってるけど、治らないよ。
名無しさん
「幸せなのにうつ」って「デスパレートな妻たち(米テレビドラマ)」のナレーションの人のことですか?拳銃自殺で始まるあの陽気なドラマ!


スポンサーリンク


名無しさん
幸せなのに鬱になるのではなく、客観的な幸せと主観的な幸せに乖離があるってことかな。
kobushiwonigire
確かに。自分と他人の幸せの形や大きさは人それぞれだよね。
名無しさん
不幸だから鬱になるわけでもなく
病気なんだから、なる時はなってしまう。
なんかみんな鬱になる、みたいな見出しはやめて。
akamaru
心の風邪や心の病気というインパクトは計り知れない。
甘くみられるだけ。
名無しさん
こういう記事って、鬱ってこうかも!って適当に書いてないですか。主観というか。参考にならん。以上
ニチョ
幸せでもうつになる→幸せは他者視点でありその人にとっては幸せではない、過重な負担だったりする。
47文字で充分。記事を書くなら掘り下げて下さい。
ちなみに鬱経験者の自分では、鬱メーターのようなものが体内に備わっています。鬱の前には運動なんて出来ないほど体が動きません。
鬱になったら自殺の死に方とか考えて、夢の中で自殺することなんてよくあります。
そのせいで不眠症になり、さらには何でもない日用品が無意識に自殺道具に見えるものです。
精神科医に見てもらってだいぶ良くなりましたが、鬱を軽くみないでください。心の闇は底なしです。
名無しさん
ワシは死にたいとかもうかれこれ毎日20年は思ってるが。
名無しさん
鬱を心の風邪だなんて、一昔前の表現ですよ。
鬱はれっきとした、脳の病気ですから!
この記事、薄っぺらすぎます。
名無しさん
なった人にしか見えない、わからないこの病気は、一般論で語ったりされるのは憤慨する。
もっと臨床や実証に基づいた事を責任のある立場の人が論じてほしい。
awa*
うつはなった人にしかわからない。
病気って本人しかその辛さはわからないもの。
一生つきあっていくしかないのが現実。
名無しさん
心の風邪など軽く言うのは良くないね!
心の癌だと思うよ!
だから、鬱も癌も治っても再発しやすく、完治とはいわず寛解と言うんだよ!
非常に厄介な病気と言うことだよ!
名無しさん
ようわからん何でもかんでもうつか
名無しさん
じゃ、俺って虐げられた生活してるのに鬱にもならないなんて馬鹿?
ymdb
幸せなほど鬱にはなりやすいよ。
必死な時は、それどころじゃないから。
名無しさん
うつ病を取り上げた割には、内容の軽い記事…。
皆様が書かれている通り、うつ病っていうのは、ジムで身体を動かしてリフレッシュできるほど簡単で単純なものじゃない!
名無しさん
記事が安易に書かれすぎています。締め切りに追われていたのかもしれませんが、筆者はもう少し取材するなりしてください。こんな記事を載せたこと、反省してください。
ros
昇進したくないのに、昇進させられた
という場合でも、うつになる
昇進は幸せとは限らないんだよ
hyojimei*
私は自宅改築中に、ある病気になり、病気発症の情景が毎晩夢に出てきて精神科にお世話になりました。
他人からみて幸せなのに、うつってのにあたるかもしれませんが、実情を他人に話すのは苦痛でした。
回復するまで人生で一番苦しかったです。他人には理解出来ないってのはよーくわかります!!
名無しさん
このように人目をひく鬱の記事を書くならもっと考察して頂きたい。
内容がショボすぎて参考になりません。
名無しさん
うつ病は総合的な
病名、、、、、、、、
jmgdk
過労、パワハラ、身近な方が亡くなるとかで、うつになるのは分かるよ。
でも幸せなのに、うつって、、
自分の気持ちのコントロールもろくに出来ない、ダメ人間なのでは?
名無しさん
幸せなのにうつ…これはおかいい?と思っている方が実はおかしい。
幸せか否かは、本人のココロが決める。
で、自分が気が付かない何かが引き金となってうつが発症することは多々ありうる(日照時間の問題、寒暖差でも体調が狂うと引き金になる場合あり)
ここから先は専門の科にまかせるが
「うつ病は心の風邪」よく聞くフレーズだ

「風邪は万病の元」とも昔からよく言う
だから
「うつ病」→●●→「自死=自殺」という悲劇も実は起きるのだ
男性患者に「ストレスでしょう」
女性患者に「更年期かもしれません」
なぁんて、町医者が言ったらすぐさまセカンドオピニオンだな
欧米の管理職は主治医に精神科の医師を加えているのが普通だがいまだに日本の田舎はあの科に行くのは、なんて偏見が残っている
では上記●●は何か?
それは、うつの改善期。改善する途中で自殺願望が出る
うつのドン底は自殺する気も起きないのだ
名無しさん
ほぼ参考にはなりません。
運動で解消できるレベルは軽くとも
鬱ではありません。なったことの無
い方が記事を書いてもダメですよ。

 


スポンサーリンク


副業→本業に可能 テキストを貼り付けたりするだけ月に30万以上可 完全住宅マニュアルサポートあり

注目ニュース