最近では女性もバリバリ働く時代と言われていますが、毎日の仕事にストレスを感じ疲れ果てて、早く結婚したいと思う女性は少なくないようです。結婚を機に仕事を辞めるという選択は間違っているわけではありませんが、「結婚=働かなくて済む=安泰」ではありません。

 

将来後悔しないように、専業主婦になったときのリスクや注意点を視野に入れておきましょう。

 

普段の生活費に加えて、将来の3大資金に余裕はありますか?
結婚後の人生3大資金をご存じでしょうか?「教育資金・住宅資金・老後資金」のことです。

 

具体的には、子どもの学校・就職・結婚・車・マイホーム購入・住宅のリフォーム資金・退職・老後の生活費・医療費・介護費用になります。これらはライフイベントの中で中心になる資金と言われており、最もお金が掛かるものになります。もちろんいくら掛かるのかは家庭によってさまざまです。

 

例えば、子どもを私立に入れたいのか、塾に通わせるのか、家は場所によって大きく相場が異なりますし、老後の生活も人それぞれです。その中で、しっかりと夫婦でライフイベントを想定しないことには、将来子どもの希望する学校に行かせてあげられない・希望する立地でのマイホームが買えない・老後に使えるお金がない、となってしまいます。

 

そしてそれまで貯金をしていくのに必要なのは、当たり前ですが日々の収入になります。

 

忘れてませんか?3大資金以外の生活支出
日本の男性の平均年収をみていくと、521万円となっています。(国税庁の平成28年分民間給与実態統計調査結果調べ)

 

これはすべての年代の平均なので、結婚時の年代を考えるとだいたい20~30代が多いので年収はさらに低くなるケースが多くなります。ご主人の年収が500万だとして、奥さんが専業主婦だと世帯年収は500万になりますが、奥さんが仕事を続けて年収が250~350万ほどあれば世帯年収は750~850万になり、子どもの学校や住宅に関しての選択肢が大きく広がります。

 

例えば、住宅ローンを利用する際にペアローンで組むことができ、住宅ローン控除がご主人だけでなく奥さんも受けられたり、収入合算することで借入額を増やすことができるので選択肢が増えます。
さらにはお金が掛かるのはこの3大資金だけでなく普段の生活にも大きく影響します。

 

年間支出する項目として、食費や水道光熱費などの基本生活費・家賃や住宅ローンの住居費・教育費・生命保険や損害保険、車両保険などの保険料・旅行や車購入などの一時的支出とその他交際費や税金、使途不明金などがあります。
上記の例で奥さんの年収があるだけでも旅行をぜいたくにできたり、普段の生活にも余裕が生まれ、3大資金の貯金も計画的にできます。

 

専業主婦になると、どうしても、世帯の収入源が、ご主人だけになりますから、年間支出や将来的な3大資金のことを考えると厳しい生活になってしまうかもしれません。

 

参照:国税庁 平成28年分民間給与実態統計調査結果

 

もし離婚してしまったら?
結婚して円満な家庭を築くことが理想ですが、それが続くとは限りません。浮気や家庭内暴力、性格の不一致などで離婚する可能性があります。

 

厚生労働省 平成 28 年(2016)人口動態統計の年間推計によると、平成28年度の婚姻件数は 62 万 1000 組、離婚件数は 21 万 7000 組、3組の結婚に対して、約1組の割合で、離婚もしているので、離婚は、ひとごとではありません。

 

もし浮気や暴力があった場合、仕事をしていれば離婚という選択肢も視野に入れることができ、気持ち的にも少し余裕が生まれるでしょう。

 

これが専業主婦であったら、収入源がご主人頼みとなってしまい選択肢がなくなり追い込まれてしまいます。さらに離婚して就職をしようと思っても、その頃には年齢的にも不利になってしまい、手に職や資格がない限り正社員での再就職が厳しくなってしまいます。

 

結婚直後はお互いに良い家庭を築くつもりで結婚するので収入面でも安心だ、と思ってしまいますが、もしもの場合に経済的なダメージは大きくなってしまい、子どもにも影響を与えてしまいます。結婚は夫婦だけの問題ではなく、これから産まれてくる子どものためでもある、ということを覚えておきましょう。

 

「俺が養う」と言われても、それだけに頼ることなく、もし最悪なことが起きても自分一人で子どもを養っていけるように覚悟しておくことも必要かもしれません。

 

まとめ~働くことで恩恵を受ける!~
結婚後に掛かるお金を洗い出すと、生きているだけで思った以上にお金が掛かりますし、家庭での問題も出てきます。

 

どうしても辞めなければいけない事情があるならば仕方ありませんが、収入の観点から、仕事を辞めたいと思ったときは、一度改めて考え直すことをお薦めします。収入源が2つになるだけでなく、一定の収入を得ることで将来もらえる年金に差が出てきます。あとは、退職金も2倍になるので、老後の生活にも差が出てくるでしょう。

 

もし、仕事が、日々嫌だと思っていたとしても、その仕事が将来の自分自身を助けてくれることになるかもしれません。

 

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)
ファイナンシャルプランナー2級,住宅ローンアドバイザー


スポンサーリンク


 

名無しさん
リスクが多い部分もありますが、中学受験を考えているのでしたら、専業主婦がかなり有利になります。塾から出される大量の宿題を計画的にこなすのは子供だけの力では難しいでしょう。
仕事で家を不在にするリスクも色々考えられます。
シーサー
また働けか。。
名無しさん
昔は専業主婦でもさほど影響は少なかったのでは?ただ現代は違う!専業主婦を望む方は
将来相当厳しい生活が待っているだろう!
それが現実だぁ!
名無しさん
一般的に女性はメインで家事育児をしなくてはならないから、パートタイムくらいがちょうどいいと思う。フルタイムなら物凄く物分りのいい実母あるいは義母が近くにいないと難しいと思う。あれもこれも抱えたら体壊すよ。
名無しさん
専業主婦になりたくなくてもならなくちゃいけない家庭だってあるのに、まるで専業主婦も働かないといけないような見出し…
辞めざるおえなくなった仕事好きな主婦の苦しみなど全くわかっとらん。
子育てよりも仕事をある程度してでも自分の時間や収入がが欲しいと思ってる主婦は多いんじゃない?
引っ越し先は年間収入700万で幼稚園費の負担は満額だし、今までの転勤先で最も低くてビックリした。
夫の収入だけでガッポリ税金など取られて、私が働いても赤字になる。
働く気なくすでしょ。
とりあえず前の職場の環境を利用して、退職する前と同じグレードで再就職できるようにはしてありますが…
家で投資や輸入などして税金かからない程度にお小遣い稼いで楽しんでます。
名無しさん
銭金のことは「家庭」にとって確かに重要な要素だが、「家族」の観点からはあくまで二の次の要素である。FPなんぞに言われる筋合いのものではないし、きちんとしたFPならもっと違う観点を提示するだろう。
名無しさん
浅い記事。
リスクなんて、何やってもなくならない。
自分がいいと思うようにすればいい。
名無しさん
専業主婦より遥かに働いて稼いで来てくれる嫁さんがイイよな。共稼ぎに限るわ。
名無しさん
専業主婦の何が悪いんでしょうか。
働きたくても出産や介護で働けない人、
好きで専業主婦してる人、
色んな状況の人がいます。
アクリルたわし
専業主婦だけど在宅でバイト程度の仕事をしています。愛猫と毎日一緒で幸せだし、不規則な勤務時間の夫にも合わせられます。正社員フルタイムのころより夫婦ともに精神的な満足度は上がったように感じます。でも太りました。
yak…
専業ってだって皆好きでやってる訳じゃない。今の転勤、残業ありきの日本の社会では子供いたら働き続けるのにハードルがいくつもあるよ。
大前くん100点!
なによりも愛情たっぷりに子育てしやすいわな。


スポンサーリンク


名無しさん
専業主婦うらやましー!!
毎日早朝から上司にあーだこーだと言われてクタクタ。家事大好きだし納期に追われない専業主婦になりたーい。
名無しさん
どちらかというと夫が専業主婦を希望してる。
私は老後のとことかを考えると正社員で働きたい。
結婚と同時に転居だったので仕方なく前職を辞めました。
落ち着いたらまた働くつもりでしたが、夫が反対したことがちょっと意外でした。
多分上げ膳据え膳生活を経験して、心地よさに気づいたんだろうなあ。
共働きになって、家事分担することに尻込みしている。
でも働くけどね。
名無しさん
変な男を選ばないようにだよ
are
人には色んな事情があるのですよ。
h
お国が税も社保も特別扱いできんだけだって
四の五の言わず、旦那の給料から扶養嫁分まで取ればいいわ
名無しさん
奥さんを働きに出させる方法、誰か教えてくれ。あーだ、こーだ。うちの場合、専業主婦の立場を捨てる気は全くないらしい。
名無しさん
たとえ数千万の婚前貯金があってがっつり溜めてたとしてもやはり無職って不安
夫が痴漢冤罪で逮捕されたら?
交通死亡事故おこしたら?
何もしないのは不安すぎる
名無しさん
器用ではないので2つの事を上手に出来ない…
なぜ女性だけ2つの仕事の狭間で悩まなければいけないのか?…
名無しさん
専業主婦を夢見る正社員。これまで辞めたくなるなんて思わなかったけど、子どもが可愛すぎて退職したい。。。と思いながら1年経った。お金が心配過ぎて辞めれるか計算中。
経済的な余裕、たしかに欲しいんだけど、子どもとの時間はお金に代えられない。
名無しさん
世間皆がこういう考えなら、仕事ひとすじで結婚も出産もしない女性が増えるだろうな
仕方ないと思う
これからの子供達はホントにかわいそう
仕事やめて結婚し、子育て一生懸命した私はバカみたいだ
匿名
ホントは専業主婦したい。
今は手に職(資格)がありフルタイムしている。
正直毎日クタクタ…。
家事も育児もかなり手抜きです。
でも家建てちゃってガッツリローンだし、子ども二人はこれから上の学校行くだろうし、不安すぎて辞められない。
ハタチの頃は、子供が生まれたら専業主婦がいいなーなんて言ってたのがいつの間にかアラフォー。どっちを希望してようが、思うようにならんのが人生かな。
名無しさん
そりゃ収入だけみたら正社員の共稼ぎが最強だと思うけど家族構成や教育方針などは各家庭で違うわけだから一概に何が良いかは決められないよね。
名無しさん
女性は子育て後も考えたら資格系の仕事が出来た方がいいでしょう。
どっちにしろ子育てが始まったら、たいていの人はキャリアでまともに働いている時間はない。仕事は犠牲にすることになる。
医者や弁護士でもなければ、子育て中はパートで家計補助するくらいが精いっぱいでしょう。
名無しさん
なんか専業主婦が悪いような書き方で嫌な感じです
私は介護あり障害児がいたので専業主婦しか
出来ませんでした
それでも後悔はありません
ranran
正解なんてない。その時の状況によって、判断するしかない。
いかづち
ブランクがあっても、将来的に有効な手に職をつける・・か、将来に渡って人手が不足されると思われる業界の資格を取って防衛しながらも主婦を続けるとか・・。
特に女性は選択肢が多いと思うよ。
やまやま
キャリア選択の条件は、個人の価値観。
個人の価値観はカネだけじゃない。価値をカネに換算できないものなんて山ほどある。
名無しさん
まあ少子化ですし。
どうなんでしょう。
僕には正解がわかりません。
名無しさん
子供複数人家庭の専業主婦の方が
オフィスで働く方よりバリバリと
働いていると思いますよ。
女性の方が専業主婦を軽蔑してる気がする。
名無しさん
でも生きるために働くわけで働くために生きてるわけじゃないからね。
名無しさん
働き盛りで亡くなったり倒れる夫も多い。夫婦二人で稼げた方が絶対良いって。

 


スポンサーリンク