スーツ姿でカヌーに乗る男。1981年にアウトドア雑誌の創刊号を飾った写真が昨年、35年ぶりに再掲載され、そのさっそうとした姿が話題を呼んでいる。対岸の職場に向かう時の写真という。大津市の瀬田川河畔でカヌー製造業を営んでいたという伝説の男は今も“カヌー出勤”を続けているのか。会いに行った。

 

ポマードで整えた髪に口ひげ。まるで男性化粧品の宣伝のような写真は月刊誌「BE-PAL」(小学館)の創刊号に載った。特集企画で「スーパーな男たちの、ビッグなアウトドア・ライフ!」を紹介している。そこで、作家の椎名誠さんや北海道・富良野で暮らし始めた脚本家の倉本聡さんと並んで取り上げられたのが神吉柳太さんだった。

 

■サラリーマンを尻目に
見開きの約3分の2を占める写真の横に「会社は向う岸。で、通勤は毎日カヌーです」の見出し。当時40歳。「早朝、川岸の道路をあくせくと駅に向かうサラリーマン諸氏を尻目に、彼は自宅からブルーのレットマン・カヌーを引っぱり出し、悠然と川面に浮かべるのだ」と紹介されている。

 

JR堅田駅近くのカヌー販売店「琵琶湖カヌーセンター」で神吉さんに会った。76歳。眼光鋭い写真の印象はなく、穏やかな語り口で当時を振り返った。

 

「あのスーツ姿は編集長から『その方が様になる』と言われて特別に着た」と笑って明かしながらも、雨の日以外は普段着に救命具を付けてカヌーで15分かけて対岸にある自身の工房に出勤していたと語った。「車だと遠回りだし、風の中を進むのが楽しくてねえ」

 

神戸市出身の神吉さんは大学卒業後、大阪のコンピューター会社で働いた。「毎朝、満員電車に揺られていました」。やがて趣味で始めたカヌーにはまり、「好きなことをしていきたい」と脱サラ。掲載の4年前に瀬田川河畔に工房を建て、カヌー出勤を始めた。「当時はカヌーもまだ珍しく、創刊に合わせて変わった人を探していたようやね」

 

■今は車
写真は話題を呼び、カヌー人気の火付け役に。「日本経済が上向く中で自然への憧れも増していた」。5年ほどカヌー出勤を続けたが、仕事が忙しくなり、車での出勤になった。

 

今は輸入販売と体験教室を中心に手掛ける。「娯楽が多様化し、浅く広くの時代。でも、カヌーの理解は深まった」と喜ぶ。

 

昨年の「BE-PAL」11月号に創刊35周年記念で創刊号のより抜き記事が付録として載り、若者からも反響があったという。「自然とふれあう喜びが広がるきっかけになれば」。物の豊かさにひた走った時代、自由な生き方を進む姿を捉えた写真の輝きは今も失われてはいない。


スポンサーリンク


 

名無しさん
伝説といえば
探偵ナイトスクープで、奈良県から大和川をカヌーで下って大阪に通勤するって依頼あったなぁ。
あれ、オモロかったなぁ。
名無しさん
その写真見たかった。
D7
ボディビルブーム、ボウリングブーム、オ―ディオブームしかない。
モウモウ
カヌーじゃなくてカヤックなんですかね?
名無しさん
大久保彦左衛門かと思った
名無しさん
転覆したらスーツ濡れちゃうじゃん
jr
ナイトスクープ的な。長原探偵が懐かしい。
名無しさん
志村◯んかと思った。
a-tyan
遊び心を持ったおじさん。
自分には出来ない事をやってしまう方には尊敬します。
名無しさん
普通に考えたら、ヤラセと思ったが5年も通勤していたんだなぁ~と感心しました。
名無しさん
いつから伝説は静かなマイブームと同じような意味になったのか(適当)
名無しさん
タイトルは「通勤」なのに、記事中は「出勤」が主に使われている。
だいたい、カヌーで出勤したら、退勤はどうなるんだ?
記者なら、言葉は正確に使用すべきだ。
水素水
雑誌の画像のせろよ。馬鹿記者。
名無しさん
26年前、カヤックで琵琶湖一周した時、相談に乗ってもらった。
まだお元気そうですね。
g
BE-PALか!
懐かしいな。
当時、誌面を読んでバイクでキャンプしながら一人旅…みたいな感じに憧れた。
実際は勇気がなくて何もせずだったが。
名無しさん
カヌーで通勤なんて普通は、不カヌーだと
思うけど実際にやったのはスゴイね!
名無しさん
隅田川を伝馬船で通勤するハマちゃんもいたよね
名無しさん
川を競艇ボートで通勤していた横山やすしという伝説の漫才師もいました。
sirn
当時の写真も無いのに記事にされてもな
名無しさん
私も常々カヌー通勤考えているが相模川の雨上がりの猛烈な濁流を見るとあれを遡れる気がしないし、ちょっとしたミスで多分、死ぬ。
名無しさん
カヌー通勤とかやるな。
御所河原金五郎之助佐ヱ門太郎
以前ナイトスクープで見たような


スポンサーリンク


mt_
脱サラして今もその会社をしているというのがすごいな。確かにスーツでカヌーは面白いけど、やらせだったんだね…
名無しさん
うちの上司も昔神奈川某市から丸の内までカヌー通勤してた
時間かかるし疲れるからもう二度としないって言ってたわw
名無しさん
ナイトスクープでも同じようなことやってたような。
大幅に遅刻して上司から相当イラつかれていたようだが、解雇はされなかったのだろうか?
最低料金で最高のサービスはあり得ない。
う~ん マンダム
名無しさん
環境対策、渋滞対策の観点からも
通勤手当分の所得税控除は
もっと徒歩や自転車などにも認められるべき
名無しさん
カヌーブームなんてあったのか。知らなかった。
名無しさん
エクストリーム出社の元祖みたいな話ですね
名無しさん
これ見たことあるわ。
名無しさん
憧れのカヌー通勤。荒れた日も楽しいんだろな。
家族は冷や冷やだろうけど。
名無しさん
BE-PAL
御厨さとみ先生のアウトドア漫画が大好きでした。
本場アメリカンなキャンプに憧れたな
デイパックなるものもここで初めて知った
UCLAの学生がデイパックを片掛けしてるのがカッコよく映った。
google87984165816
釣りバカ日誌の浜ちゃんみたいだな
名無しさん
BE-PALの当時の編集長によるやらせが発覚
昭和のマスコミの本領発揮
しかも、時が経てばOK
名無しさん
探偵ナイトスクープを思い出します…
(?°???°)
本当にできる男は泳ぐ
カヌーなんてこいつは3流
名無しさん
趣味が仕事になれば、いいと思うけど、なかなかそうは行かないね…。
生活が先…。
名無しさん
カヌーブームなんてあったのか。
当時の写真は現存してないのかな?
見てみたいなー
名無しさん
釣りバカの浜ちゃんが、遅刻しそうなときに釣り船で通勤してたなあ。
ミスターリベラル
ナイトスクープの人じゃないのか
名無しさん
趣味で始めたカヌーから、好きなことして生きたいと思って脱サラして、カヌー出勤とか素敵な人生ですね。好きなことしたくても、お金や家族などのことがあって、なかなかそういう生き方ができない世の中ですからね。
グリーゼ581g
5年もカヌー出勤を続けていたのですね
名無しさん
もう35年も経つのか。
BE-PALとOutdoorが当時のお気に入りだったな。
ジッポではなくイムコのオイルライターと片岡義男の世界にかぶれてた。
瀬田川界隈では競技用ボートの桑野造船の社長さんも船通勤してたかと思う。
名無しさん
以前、ナイトスクープで「電車で迂回しながら進むより、川を一直線にくだった方が絶対に会社に早く着く!」と、言い張って夕方にズブ濡れで出社したおじさんとは別の人ですね。

 


スポンサーリンク