大阪・堺でファンの多いラーメンチェーン「天日塩ラーメンべらしお」。その店舗の中でも「ハードルの高い店」として名高い店舗が大阪市住吉区にあります。ハードルが高い、その理由とは。(朝日新聞記者・金澤ひかり)

食べられるのは平日2時間だけ

その店は、南海高野線住吉東駅から歩いて2分ほどのところにある「べらしお福祉 住吉東店」。住吉総合福祉センター内に併設されている、障害就労支援B型(就労が難しい人と雇用関係を結ばずに働く場を提供する)の事業所です。周りには団地や保育施設、診療所などがあります。

「ハードルが高い」理由は、平日のお昼時、午前11時半から2時間しか開店していないことにあります。

3月下旬の午後1時ごろ、店をたずねました。店内には「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」と、普通のお店と変わらない、活気あふれる声が響きます。

お昼休み中とおぼしき作業服姿の男性や、会社の制服を着た女性、高齢のご夫婦などが店内で丹精込めた一杯を楽しんでいました。

店舗を紹介するグルメサイトでは平均3.5の高評価。「美味しい」「優しくも美味しい一杯」「応援したい」などの言葉が並びます。

そんな評価に顔をほころばせ、「ただの美味しいラーメン屋として認識してもらえているのがうれしい」と話す人がいます。

施設内でフランチャイズ店を開店させようと提案した、原田徹さんです。

ルーティーンがはっきりしていれば障害者も

原田さんは2008年、ハンバーガーチェーンのマクドナルドが、障害者雇用に力を入れていることを知ります。「ルーティーンがはっきりしている仕事ならば障害者も働きやすい」と、障害就労支援の事業所でフランチャイズと協力関係を結べないかと考えたそうです。

障害者の一般就労先としてフランチャイズを視野に入れることはありますが、一般就労が難しい人が働く就労支援の事業所そのものがフランチャイズ店というのは珍しいケースだといいます。

原田さんは、味や工程がはっきりしているフランチャイズのノウハウで、はじめから美味しい商品が提供できることも重要だと話します。

「職員は提供商品の質に悩むことなく、障害者支援に集中できる」といいます。

大好きなべらしおラーメン、職場でも食べたい!
「どこか一緒にやってくれるところはないだろうか」。そう思っているときに浮かんだのがべらしおラーメンでした。

原田さん、実は大のべらしおラーメンファン。「職場でも食べたい!」そんな思いから、べらしおラーメンを展開する「べらしおフード」の社長に直談判に向かいました。

結果は……あっさりオッケー。

べらしおフードも障害者就労について案を練っているという絶好のタイミングでした。話はとんとん拍子で進み、約半年後、「べらしお福祉 住吉東店」がオープンしました。

「社会参加できているという実感」
それから10年あまり。現在、べらしお福祉と、隣接する「古文喫茶」で計20人ほどの障害者が働いています。

通所者の成宮正夫さんは「家にいたら閉じこもってしまいがちなタイプですが、お客さんや仲間と話すことで社会参加ができているという実感があります」と話します。

地域にひらけた場所
店舗が入っている住吉総合福祉センターのロビーには、机やいす、無料で飲める給湯器が設置されており、施設近くに住む人たちが自由に出入りしています。学校が終わった放課後には、子どもたちが宿題をしていることもあります。

原田さんは「子どもたちは春休みや夏休みになるとラーメンを食べに来るんです」とうれしそうに話します。

「平日、子どもたちがやってくる放課後の時間にはべらしおはもう閉まっている。でもラーメン屋があるってことは知っているわけですよね。そうすると、『ラーメンたべよう!』と長期休みにお父さんお母さんを連れてまた来てくれるんです」

障害者施設が地域にひらけた場所となっている。誰もが生きやすい社会につながる活動になっていることに、原田さんは喜びを感じていると話してくれました。


スポンサーリンク


みんなのコメント

 

33333
これがa型でも成り立つようになればもっといいですけどね
名無しさん
元犯罪者が作るラーメンより全然いい
名無しさん
めちゃ美味しそ
名無しさん
開店時間が短い、だから狙っていかないと食べられない、そういうのは「ハードルが高い」とは言わないな。語彙が少なすぎるんじゃないの?
ずっと続けて欲しいお店。社会貢献を考えていた社長は企業人として立派だし、話を持ち込んだ方も普段から障がいを抱えた方と接してるからできるできないの判断が的確且つ、目の付け所が素晴らしい。近くにあれば是非行ってみたい。
タロット大統領
東京・三ノ輪橋にも障害者就労支援の為のラーメン店がある。
こちらは営業時間はそこそこ長いが、朝9時半~10時半なら160円、それ以外の時間は250円と言う破格の値段である。
今回の記事のように美味しいお店もアリだし、価格で勝負もアリだと思う。
こう言った取り組みには積極的に参加したいですね。
名無しさん
2時間で完売するぐらいおいしい話だと思った。最高の一杯の意味がかなり違うしリピータがどのくらいいるのか疑問だ?チェーン店は店によって味が変わることも多い。特にラーメンは多いな。
名無しさん
記事のタイトルが悪いわ。
せっかく障害者就労なんていう、素晴らしいことしてるのに、タイトルからはそんなん全然分からんやないか。
zoo
>ルーティーンがはっきりしている仕事
他の系列店と味も一緒という事なんですね。ここの店舗の営業時間に都合の会わない人は他店舗でも味わえるのなら、「ハードルが高い」のも問題ない。
採算面はどうか知らないが、もし少しでもプラスになるなら、展開を広めていってもいいと思う。
名無しさん
八幡のらーめん工房・龍のことかと思った。
名無しさん
こういうラーメン屋って結構あるよ。だいたい調子に乗って街中に移転したり、営業時間拡大したりして、特別感が無くなって客離れて潰れてる
名無しさん
普通にいい話じゃないの?
名無しさん
京大にある吉田食堂も、昼食時の2時間しかやってないよ。あとは学生の自由スペース。
名無しさん
企業では義務的に障害を持たれた方を雇い、本人の意思に関係なく事務職に就かせてお客様の前に出さないことが多いです。そんな中この取り組みは、障害を持たれた方の職の幅を広げるよい取り組みだと思います。企業側のサポートは確かに必要ですが、賛同して手を差し伸べてくれるお客様もきっと多いはず。ぜひ子供たちをこのお店に連れて行って、感じて考えてもらって、何年か先にはこれが普通の取り組みになっていることを願います。
名無しさん
障害者でも社会貢献できるって内容のいいニュースなのに、タイトルの付け方が悪いな。
チェーン店なら別にハードル高くないだろ。
名無しさん
この記事を読んで行ってみられる方、少しこの周辺の事を調べてから行かれた方が良いと思います。私は自転車で道に迷ってこの団地の中に迷い込んだのですが、なんとも言えない雰囲気を感じてとにかくこのエリアから出てから家に電話して道を聞いて帰りました。帰ってから、そのエリアの意味を知り、びっくりしたのを覚えています。
今はこういう事は言ってはいけない時代なのは承知していますが、知識無く行って、よそ者を見る視線に晒されるのもいい気分ではないと思います。
名無しさん
あの
名無しさん
元料理人。一応、人を使うレベルまで行ったが足を悪くして辞めた。その元料理人の私から見て、最近のラーメンブーム、グルメブームは「たかがラーメン、たかが料理に、作るほうも食べるほうも、なんでここまで入れ込めるかな」と思っているのだが(まぁ、だから大成しなかったのかもしれない。足のことがなくても、いずれ辞めていただろうな)、この店は応援したいね。
名無しさん
糖質という毒の塊ラーメン。
名無しさん
高菜食べてしまったんですかっ!
PC-9801
でもやっぱり不安だ


スポンサーリンク


SSS
悪いことだという自覚はあるが、障害のある人が作ったものをたべたくない。昔は大丈夫だったけどさぁ…一度不潔なとこを見ると、どうしても無理なんだよね…
名無しさん
ラーメンなんて、行列して食うものじゃない。どれだけ旨くても、ラーメンはラーメン。
名無しさん
香川じゃこんな営業時間が2時間のうどん屋なんてザラ。凄いとこなんか早朝の5時から6時までの一時間しかやってない店もある。しかも鉢と醤油と箸は持ち込みなんだから。
台湾の偽りの友好に騙されるお花畑たち
それってリーマンは来るなって事だよね。
あと営業時間は長いけどスープが無くなり次第閉める店とか。
近所にもあるけどどんだけ上から目線なのかと。
名無しさん
綺麗事いっても
創作の一例
飽きられたらあっさりパッタリ
本当に長年潰れないとこは
ハードルとかウンチク垂れないよ
名無しさん
良いことなんですが、作業所の職員の負担が大きく辞めていく店も多いと思います。
色んな人の支援で障害を持った方も仕事に参加できるようにな社会になればと思っています。
名無しさん
あー無理
エリスロポエチン150トン
たかがラーメン屋が社会を語るとか…
名無し
こーゆー、働きやすい環境場所が、もっと増えたら良いのにな。
名無しさん
ラーメンは気楽に食べたいね。
水飲むな、私語厳禁とか
店主のマイルールがきつくて
1杯千円越えのラーメンでは敷居が高い。
色々な事情で世の中に出にくい人が
社会参加できるきっかけになることを願っています。
名無しさん
そうなんや…。べらしおファンですが、ええ行いしてはるね。
名無しさん
いい心がけだと思う。もう少し人数を増やしたら営業時間が長くできそうだね。このような積極的な障害者就労支援は是非とも応援したい。
SODANE
障害者の作った飯とか食ったら障害を抱えてしまうぞ
名無しさん
読んだ僕もうれしい。
名無しさん
良い話。
みやちこ先生
障害を持つ人に働く場を設ける、いい活動だと思います。
名無しさん
話の内容はいいのに、タイトルが悪い。
こだわりの強い、頑固オヤジがやってる店かと思った。
名無しさん
障害者にはハードルを低くするというお話でした。ええ話や…。
名無しさん
朝日の記事には興味なし!
名無しさん
朝日新聞、ってだけで態とらしく思ってしまう。
名無しさん
引きこもりニートは障害者見習えよ。
名無しさん
助成金狙いの作業所が多い中
こういった取り組みが出来ている所は好感が持てる。
A型作業所に障害年金(年金免除、国民健康保険料免除で実質月10万円支給)で一般の1/3-1/10の作業量で合わせて月に15-20万円貰えるからワーキングプアーよりも稼げる不思議な構図になっている
名無しさん
2時間しかやってない理由が書いてない。
2時間交替で夕方までやれば、もっとたくさんの人が働けるのに。
名無しさん
今は、記事になる話しかも知れないけれど、当然になる事を願っています。
名無しさん
稼げるんだったら良いよね。
準備時間と提供時間と分けて。
メリハリも付くし。
一日ずっと、同じ様な作業してる人は可哀想だ。
好きな仕事だとしても、体に悪い。
何処かでローテーションするべき。
視野も広がる。
残業以外にもそういう法律出来ないかな
名無しさん
普通の企業に障害者雇用を義務化するより、こういうのに力を入れるべき。
できない仕事をやらしてもうまくいかないだけだよ
名無しさん
直談判した当人もオッケーした社長も大人物ですね
名無しさん
ここで働いている方々は集中して汗を流して仕事をしているとことと思い、優しいいい取り組みだなと思った。子どもたちも楽しみにしていて、このお店があることが本当によかったと思う。
名無しさん
こんな風にホッとする場所、日本にもちゃんとあるんだなあ。

 


スポンサーリンク


注目ニュース