夫婦同姓に抵抗しようとして、家族との関係が悪化してしまうことがあります。都内の私立中学・高校講師の男性(34)は、この春から家族と別れて暮らしています。きっかけは妻の姓への改姓と、ペーパー離婚でした。(朝日新聞記者・田中聡子)

12年間の結婚生活「ただただ、無駄な時間」
「ただただ、無駄な時間を費やしただけだったのではないか」

男性は12年間の結婚生活をそう振り返る。

結婚当時は大学院生だった。結婚に反対していた妻の両親から条件として出されたのは、「あなたが名前を変えなさい」。想定外だったが、「すぐに法律が変わって、元に戻せるだろう」と楽観していた。

日本が夫婦同姓を義務付けていることについて、国連から是正勧告があり、国会では夫婦別姓も選べるようにする民法改正の発議が何度も起こっていた。「戸籍だけなら」。妻の姓で婚姻届をだした。

本当の名前、どんどん奪われていく
だが、変えてみると「戸籍だけ」ではすまなかった。

就職活動の面接などで、「元の姓を使い続けたい」と申し出るたび、理由を聞かれた。「婿養子なの?」「芸能人じゃないんだから」「相手の家がお金持ちなの?」――。

「なぜいちいち自分の信条を、よく知らない人に説明しないといけないのか」とストレスがたまった。

さらに、自分の本当の名前は日に日に奪われていくような気がした。

役所からの郵便物、銀行や病院、自宅にかかってくる電話――。妻の姓がどんどん侵食してきた。「他の人の名前で自分が呼ばれている」「もう一人の自分が設定されている」。そんな感覚に襲われていた。

一縷の望みも崩れ

男性の苦しみを、妻は理解しようとしてくれなかった。

妻の口から出る「受け入れたのはあなたでしょう」「そんなに大変なら、私が変えてもよかったのに」といった言葉に、大きな溝を感じた。

一縷の望みは、2011年に始まった「選択的夫婦別姓訴訟」だった。夫婦同姓を義務付ける民法が憲法違反かどうかを争う裁判。世界や時代の流れは確実に夫婦別姓も選べる方向にあったため、「裁判でやっと法律が変わる」と男性の期待は膨らんだ。

ところが、2015年12月、最高裁は憲法違反とは判断しなかった。「国会で論ぜられ、判断されるべき事柄」という判決文に、絶望した。

「国会での議論が進まないから司法に訴えたのに、議論されるはずがなじゃないか――」。その日のうちに、妻に「離婚します」と切り出した。

スポンサーリンク


みんなのコメント

 

名無しさん
なんか問題の本質を見失っているような…
名無しさん
夫婦別姓だなんて目新しいものに飛びつくだけの軽薄な奴。家族の輪を否定したがるくだらない奴。
こんな連中って左翼とか共産党支持者に多いんだよね。
名無しさん
名前だけが理由じゃないでしょ?
名無しさん
なんか違和感があるなぁ。
離婚の理由付けと言うか、この事を槍玉にして、冷めた夫婦関係を終わらせるように仕向けていたのではと感じる。
それは違う、その立場じゃなきゃわからない、と言うかも知れないが、「無駄な時間を費やしただけ」というのが、全てのような気がする。
本気かどうか(姓変更を試しに)を相手の親に迫られて、すぐに戻せるだろってのは、相手の親が見透かしていたように、本気ではなかったという事でしょう。
妻が自分が変えても良かったってのも、何も妻の姓にする必要性がなかった事の証のような気がする。
結局、本気でもなければ覚悟もなく、ただ勢いで結婚して後悔して、離婚したかったからってのが本音でしょ。
名無しさん
この記事を書いた朝日新聞の記者は「夫婦別姓が選べずこんなに苦しんでいる人がいます。だから夫婦別姓にすべきだ」と言いたいようですが、この場合は当の男性がいい加減な考えで結婚してしまったのが原因で、いわば身から出た錆、自業自得ではないですか。「戸籍だけなら」「そのうちに法律が変わって…」等々あまりにも国の制度をナメた安易な考えでしょう。 こんないい加減なケースを引き合いに出して一国の制度を変える議論にすり替えないでもらいたいですね。
名無しさん
国連からの是正勧告ってなに?
何らかの団体等が圧力をかけないとこういう事にはならないと思うんだが。
国内の事なのに。
外国人が絡んでいるのかな。
だろ
制度の事情と、実態の家族とどっちを取ったかっていう話でしょう。最高裁の判断で離婚したようなものじゃないの?
teranosuke
自分の母親すら、「そこまでする必要はない」と止めた>
それほど自分が常識外の事してると思わんのやね。
奥さんもあいそ突かすわなぁ…
名無しさん
申し訳ないが、この男性が理解できない
(^-^)
結局、自分の言い分が通らないからすねてるだけじゃん
perin
何故そんなに元の姓にこだわるのかよくわからない。
変な名字だったら変えたくて喜んで相手の姓になる人もいるだろう。
わたしは好きな人と同じ姓になるの嬉しかったけどな。
結局仕事先では未だに旧姓で呼ばれてるから書類だけって感じだけど(苦笑)
名無しさん
家族より名前の方が大事だったと。
名無しさん
結婚11年目の妻です。
夫の姓に変わったことが今でも苦痛で仕方ないです。
夫の姓はキレイで印象もいい名字なのですが、
それでも旧姓に戻りたいと毎日思っています。
夫の前ではこの件について一度も口に出していません。
夫と子どもたちを愛しているので一生ガマンします。
結婚って、なにもかも手にいれることなんてできない。
捨てるもの、ガマンするもの、いっぱいあります。
それでも愛しているから結婚するのです。
名無しさん
夫婦別姓、通称姓使用、関連の記事を読むたびに「家族の一体感」という文言を目にして、虚無感が沸き上がります。困っている人がいるからの法改正だったり司法判断なのだろうに。
今回はご夫婦(相手のご実家も含め)での価値観が違ったのだろう残念な一件です。こういうパターンもある、小さな波が大きな波に繋がればいいのに。
法の改正を待っている人がいるのに。私もそのうちの一人です。
名無しさん
大多数の女性が、同じような思いをしているのです。
理不尽だと思いながら、薄れゆく本名を惜しんでいます。
男性だから耐えられない? 離婚まで?
家族を壊したのは、別姓が認められない以前の、この男性自身の問題です。
新人類だなぁ
名無しさん
奥さんが旦那の姓への改姓に同意しているのに離婚までするのは夫婦別姓に拘りすぎで、子供の事とかを考えると独り善がりすぎではないか?制度の改正も大事かも知れないが、一番大事なのは家族それぞれの人生なのだから。
名無しさん
奥さんは、「自分が変えてもよかったのに。」と言ってくれてる。この男性は、こだわり屋で粘着質な性格。夫婦別姓の件で意見が対立して奥さんが出ていったというよりも、この男性の神経質過ぎるこだわりや粘着質で面倒くさい性格にうんざりして出て行ったのだろう。
名無しさん
知恵の実を食べたら楽園から追放される…って感じ。
名無しさん
だったら最初から結婚しなければよかったのに。大学院生で反対されてまで結婚したっていいことないのは予想できた。
名無しさん
そんなに苗字が大事?
届けを出して、説明するだけじゃ?
毎月更新するなら、面倒だけど
男がするか女がするか、だけの話。
仕事が、、資格が、、
社内ではそのまま使えばいいし
資格なんて、自分が取れた資格なんだから
取り直せばいい、そんなに大事なら。
変な苗字じゃなければ
変わったっていいじゃん
名無しさん
結婚している女性の90%くらいは婚姻相手の姓を名乗っているけど、この人は納得いかなかったのかな。
結婚生活においてもっと大事な事があると思うけど。


スポンサーリンク


Hir
何が辛いかなんて人によって違うのだから、自分の意見を押し付けるのはどうかと思う。だからこそ、選択的夫婦別姓の議論が生まれるわけだし。
名無しさん
外国人と結婚すれば夫婦別姓でいられますよ。色々手続きに面倒なことは多いてすが、こども生まれても日本でくらすのであれば自分の名字だし。姑も遠く、自分の実家に気兼ねなく頼れます。私もその口です。
外国人と結婚したのに名字変える日本人女性もいらっしゃいますが、本当に意味不明です。
名無しさん
一言で言えばバカ
名無しさん
同姓は嫌だから離婚するって、どうせこんな夫婦は別姓でいけてもうまくいかないと思う。家族なのに、名前が違うって私は嫌やけど。別姓が選べるようになるとややこしいことが増えそう。
ioycfl
矛盾してるだろ。
姓なんて大したことじゃないって言いながら固執してる。、
名無しさん
でも、結婚当時、私も思ったな。
主人は苗字なんてどっちでも、って軽く言ってたけど、親世代は婿入りしない限り、男に合わせるのが普通、って考えだし。
手続きも大変だったし、私は苗字で呼ばれることが多かったから、私じゃなくなるのかなーてのも、思ったな。
独身から勤めてた会社は旧姓使用可だったし、学生からの友人の中にはずっと旧姓で呼ばれたりしてるけど。
結婚後、しばらくして転職した時はさすがに旧姓は名乗ってないわ。
とりあえず気持ちに折り合いをつけて、今は主人の苗字にもなじんできたけどね。
とらじろう
手厳しい意見が多いようですが、夫婦別姓を望む(自身の姓を変えたくない)理由は、そんなに簡単に説明することはできないことのような気がします。
漠然と感ずる違和感を、拙い言葉で表現するしかないのは、LGBTの問題とも通じるものがあるのかもしれませんね。
反論、批判は、理由の構成がザルですから、いくらでも最もらしいことが言えますが、それよりも、自分自身でも説明のつかない、自己のあり方について違和感を感じ、苦しんでいる人がいる、ということなんでしょう。
苦しむ人が減ればよいなぁと、思います。
名無しさん
甘ったれてんじゃねえ!
誰も幸せになってねえだろ!
学歴だけはご立派だが、ケツの穴の小せえ野郎だ。
通りすがり
選択性夫婦別姓は賛成だったが
この記事読むと
そんなに姓が大事なら
やはり家族は同姓であるべき
だと思ってしまうがな
2015年の最高裁判決が
正しいと感じてしまう
名無しさん
そんなに嫌なら結婚しなければ良いじゃん。
自分の思う方向にルールを直させようという事か?
名無しさん
私は女性で夫の姓になった立場だけど、当たり前のように私が姓を変えることになった時にはやっぱり嫌だったし、結婚やめようか悩んだ。夫に全く理解されなかったのも苦痛だったしほんとは今でもちょっと引っかかってる。変えないでいいなら変えたくないという人は結構いるんじゃないかな。
名無しさん
後からグチグチグチグチ言う男性の性格きついな。それなら結婚せんかったら良かったし、常にイジイジしてそう。
Cryptid***
奥さんの「受け入れたのはあなたでしょう」・・・正にその通り!
名無しさん
名字で離婚するのなら、所詮はその程度の愛情でしかなかったんですよ。
私も結婚しているが、その前に社会人になって就職してから一度名字を変えています。自らの意志で名字を変えたので、変更に伴う様々な手続きを特に面倒とは思わなかったです。
結婚時は妻が私の名字に変えてくれて、職場でも私の名字を使ってくれています。
結婚前にきちんと奥さんと相談して自分で納得いくまで考えてから結論を出すべきだったのです。奥さんは自分が変えても良かったと言っているのですから。自分の考えの甘さと家族への愛情の薄さをごまかしているだけですよ。
それと、日本の同姓は、差別ではなく家族として認めて一族に正式に迎え入れるという意味があるのです。認めているからこその同姓なんですよ。そして、中国や韓国の別姓の意味は、妻を家族とは見なさず子を産む機械としか見ていなかったからこそですよ。そこは誤解しないように。
名無しさん
朝日新聞の記事って所に、ことさらに国家弱体化へのきな臭さを感じる。つまり婿養子がその人にとって合わなかったという話では?個々の事例で脈々と続いてきたやり方を簡単に変えられては収集がつかなくなるわ
名無しさん
またアサヒの記事かよ。
名無しさん
すぐ~になるだろう、とならない場合の想定も立てずに安易に決断する。
こういう人にはとても仕事は任せられない。
そして何か問題が発生するとすぐ他人や社会のせいにする。
周りの人間も関わりたくなくなっていっただろう、ここまでの自己中心的な使えない人間には。せいぜい一人のさみし~い老後を楽しんで。
名無しさん
ほら見なさい、あなたの覚悟なんてそれまでなのよ、だから言ったでしょ、だから結婚に反対だったのよ、と相手の親に言われるでしょう。相手の親は結婚前から、この人の事をきっと見抜いていたんでしょうね。
名無しさん
姓だけの話で子供まで連れてく理由がわからない。恐らくもともと子育て云々やっていなかったのだろう。
rosenkrans
当事者の愛情不足と性格の不一致で離婚しただけだろう。何でもかんでも悪いのを夫婦同姓制度のせいにしている。この記者は完全に認知が歪んでいて、現実を客観的に公平に見ることができない。ジャーナリストとして到底まともとは思えない。
名無しさん
そんな極々極々一部の変なこだわり持った連中のためにわざわざ法改正をする必要はない
名無しさん
妻の言う通りじゃない。あなたは自分勝手で、そんな話ばかりする人についてくる家族はいないから、今のあなたの状況は自分自身が招いたものです。あなたのこだわりは他にもありそうだけど、それがあなたを不幸に招くことになるかもしれませんね。
shikujiri
自分の名字が好きで好きで仕方ないなら
離婚も仕方ないでしょう。
ただ、そこまで拘る意味あるのでしょうかね。
相当「我」が強いんですかね。
こういう相手とは結婚どころか付き合いたくもない。
付き合っていたときに分からなかったのかなぁ。
現状夫婦別姓でないことは周知のことですし。
まぁこのことでなくてもいずれ離婚していたでしょう。
名無しさん
苗字にそんなに拘るって頭おかしいんじゃねえの苗字変えるのが嫌で離婚するくらいなら好きじゃなかったって事だろう。何で結婚しようと思ったのって言うより良く付き合ってたね
今の日本人頭おかしい奴ばかりだは
名無しさん
「「戸籍だけなら」。妻の姓で婚姻届をだした。」
最初が安易だったんですね
姓をかえたらその名前で生きる事になる事は当たり前。
名無しさん
キチ〇イが馴染めなかっただけの話じゃねーかw

 

スポンサーリンク


注目ニュース