手持ちの小銭を減らしたいなどの理由で、会計時に「お釣り」を計算して支払いをする人は少なくないだろう。600円の会計で1100円を支払って、お釣りを500円玉1枚だけにする――といった形だ。

こうした客に「イライラする」というアルバイトの女性が、2018年4月23日深夜放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)に登場した。

■「100円玉5枚で返してます」

この日の番組では、「様々なハラスメントを学んでおきたい件」と題したVTRを放送。個人的に嫌だと感じる物事について、さまざまな世代の男女に街頭インタビューする内容だ。

その中で、カラオケ店でアルバイトをしているという若い女性が、

「お釣りを返すときに、わざわざ500円玉を返して欲しくて、600円のやつを1100円で出してくる人とか、イライラします」

と主張した。ここで番組の画面には、「お釣りを500円玉でくれハラスメント」とのテロップが表示された。

この女性は続けて、

「私はそういう時、『あ、この人500円玉欲しいんだろうなぁ』と思って、100円玉5枚で返してます」

と笑いながら告白。お釣りを計算しながら支払いをする客に対して、わざと細かい小銭を選んで返すことがあると明かしたのだ。

こうした女性の主張には、番組MCの「関ジャニ∞」村上信五さん(36)とマツコ・デラックスさん(45)も困惑した様子。アルバイトの女性が「100円玉5枚」でお釣りを返すと発言した直後、村上さんは「えぇ…」と絶句。マツコさんも、

「大丈夫で~す。(100円玉5枚で返されたら)500円玉にしてくださいって、ちゃんと言います~」

と少し苛立ったような調子で反論していた。

店員経験者が「共感」する理由
今回のアルバイト女性の主張には、インターネット上でも反論が相次いだ。ツイッターやネット掲示板には、

「え、何がダメなの?? 」
「え、むしろ500円でお釣り返す方が楽じゃない?100円5枚の方がめんどい」
「500円玉ならお釣り渡す方も楽だし、もらう方も小銭減るからWin-Winなはずなのに何言ってんだ?」

といった投稿が相次いでいる。

ただ一方で、レジ経験があるとみられるユーザーからは、

「500円玉というのはお客さんからの供給が少ないので、減っていく一方でして、無くなってしまうと補充の手間があるんです」
「お釣りの枚数が少なくなるのは結構ですが、その為に小銭入れを延々漁ってるとイライラします」

など、女性の主張に共感したような意見も一部では出ていた。

なお、J-CASTニュースの姉妹サイト「J-CASTトレンド」では、17年9月から会計時にお釣りを計算するかどうかを尋ねるアンケート投票を実施中。すでに7万4000を超える回答が集まっており、「日常的に実践している」人に74.4%に達している(数字は18年4月24日時点)。


スポンサーリンク


みんなのコメント

 

名無しさん
たぶん、暗算が苦手なのでは?
yyh**
自分の仕事を考えましょう。
仕事間違ってるな。
ナイトホークス
イライラするのは更年期障害じゃないかな。
名無しさん
心の病気ですよね。周りにいる人もつらいだろーなー。この人雇ってるお店もかわいそうだし。このお店に来る人もかわいそう。
名無しさん
典型的な自分が一番正しいと思い込んでる人間ですね?
自分が逆の立場になると、なぜ500円玉で返さないんだと怒ったりもするんだよこういう人は
職場にいると迷惑なタイプな人ですね
名無しさん
出すのに時間を掛けられると確かに嫌かもだけど、サッとだすんだったら良くないか?
自分は一円玉でも釣りが五円になるように出してます‥(笑)
名無しさん
性悪女。
名無しさん
顔が分かってしまっているから、このカラオケ店で気づいている客はおつりが500円
になるような支払いハラスメントが出て来るだろうな
名無しさん
こんなバカな子は哀れみの目で見てやればいいさ。
名無しさん
普通は『細かくなってしまっても構いませんか?』と逆に客に尋ねるのにな。
ひねくれてるな。
名無しさん
この店員の女の人、頭悪いんだろうなきっと。
名無しさん
最低なアルバイト店員ですね。私もレジ経験あるけれど絶対してはいけない事だと思います
名無しさん
おつりの補充が面倒ってソレが仕事だろ?
自分の手間を客に押し付けるな。お釣りの枚数を減らす方が楽じゃないの?ん?
そんなことでムカつくならレジ打ち辞めろよ。接客するな。
500円玉無くて100円5枚渡すなら「もうしわけございませんが」で納得するけど、あるのに100円5枚とかマジ無いわ。
ってか、自分はそう言った支払いの仕方一切やらないんだよな?(600円の買い物に1100円支払う)自分はやるけど他人は許せんとか言うはずが無いよな?
名無しさん
もう死んだほうがいいかも
名無しさん
自分が頭悪いから、瞬時に釣り銭計算できる客に対する嫉妬では?


スポンサーリンク


名無しさん
この女は誰から給料貰ってるか分かってない。
名無しさん
レジ打ちのバイトした事あるけどそんな事でイライラした事なかったです。基本小銭出さずにお札だけで払う人が多いから、小銭出してくれる人は逆にありがたいと思ってたけどな(⌒-⌒;)
ロタ
自動釣銭機なので、勝手に500玉出てくる。
後から、両替して。とかなる方が面倒そう。
てか、分かっててやるなんて
底意地悪。
魔神プゥ
器がダニより小さい女なんだなー
という感想
名無しさん
もっと細かい端数を出す人もいる。多分、この方は瞬時に暗算が出来なくて、イラっとするのでは?
出された瞬間に理解できれば、レジが計算する前に「あ、500円玉ね」と理解してイラつくことはないと思う。
お客が出したお金を数えた通りに打ち込めばいい訳だから、大した手間でもないはずだけど…多分、数えるのも苦手なのかもですね。
それに、こういうお金の出し方する人は、財布の中身を把握しているから、逆にサッとお金出す人がほとんどだと思う。
たはみわなさ
レジやったことあるけど1000円もらって400円用意するより1100円もらって500円返した方が楽だけどなー。そもそもにしてこいつは根本的に接客に向いていないと思うし頭も悪いと思う。
名無しさん
そんなことでイライラするんじゃ
店員やめた方がいいよ
ストレスで病気になるよ
こんなこと投稿すること事態
すでにおかしい!
名無しさん
500円玉でも100円玉でも
いずれは補充するんでしょ?
100円玉が減るのはいいの?
お釣りが細かくなってスミマセン
と言われることはあるけど・・・
小銭は重いから
やっぱりカードがいい。
名無しさん
そんな客へ嫌がらせをして鬱憤晴らして、、可哀想な子
名無しさん
実際教育水準の低い国では引き算が出来ないか苦手な人が多く、そういう支払い方が通じないらしい。
商品代金に釣銭を上乗せしていき、預かった額と釣り合った時点で全交換、という思考回路だそうな。
名無しさん
自分は後ろが混んでない場合はなるべく細かいのを出す。財布が軽くなっていい。母親は無頓着でどんどん小銭が溜まるので、それを両替して自分が率先して使うようにしている。
あと、1万しかない時は大きいのを出して申し訳ないと思うので、「大きいのですみません」と一言つけ加えて出す。今のレジの事情はわからないし全然ヘーキなのかもだけど気持ちで。
getscocfackyou
店員がガチクズなのは間違いないがヤフコメで偉そうな客気取りの塵共だってクズには変わらない
実際に支払いしてたらお釣りが100円玉5枚になる事はあるけどそんな事気にもせん
名無しさん
逆にハラスメント行為じゃないの?
謎ズラ謎ズラ
>「私はそういう時、『あ、この人500円玉欲しいんだろうなぁ』と思って、100円玉5枚で返してます」
性格が悪いとしか・・・
飲食店でのレジしか経験がないけど、百円玉の方が無くなるから逆にありがたかったけどな。
名無しさん
日本ってめんどくさいな。
名無しさん
それで文句言われてお客と揉めることだって今後あるだろうに、色々無駄な人だわ。
根暗暇人改終活親父
客商売のイロハ知ってますか店員様。
名無しさん
コレはホンネではなく、歪んだ感性。
名無しさん
日常が思う通りに上手くいかず、イライラしていて余裕がないから、そういう意地悪をして心中ニヤニヤしてるんだろ。ただ単に可愛そうな女だよ(笑)
逆に、ものすごく客を気持ち良い気分にさせてくれる若い女の人のレジ係さんもいる。その人だって人生いろいろ上手く行かないことはあるはずだけど、いつもニコニコして接客してくれる。普通に考えて、人生こっちが勝つ。
名無しさん
むしろ100円玉ってレジからなくなるの速いからありがたいと思う。出会いたくないな。
名無しさん
インタビューを受けた女性はどこに勤めているんだろう?
名無しさん
たぶんこの店員は初めて1100円に遭遇したときに、客に「百円いりません」とか言っちゃったんだろう。そしたら客が「計算もできないの?頭悪っ!」とか言っちゃったんだろう。なので、おつり500円トラウマなんだよきっと。1100円出す奴はみんなアタシのこと頭悪いってバカにするんだっていう被害妄想があるんだろう。いいから病院いけ。
名無しさん
元コンビニ店員で放送見たけど細かいの出してくれるのすごく助かったけどなぁそんな事でいちいちイラついて100円5枚で返すなら接客業向いてないしどんだか器小さいんだろと思ったけど
kotobuki
レジ手伝いしたことあるけど
確かに500円玉の減り早かったな
だからと言って意地悪で100円玉渡すとか考えもしなかったわ
この女人としてダメだ
名無しさん
これ観てた
めっちゃ気分悪かった。この女、接客業向いてないよ。辞めちまえ!

 


スポンサーリンク