180センチを超す長身で、長い髪を振り乱しながら、情熱的なハスキーな歌声で「ローラ!」と絶唱する姿に、世の多くの女性は虜(とりこ)となった。ライブでは、感激のあまり失神するファンもいた。ロックを基調としたヒデキの歌唱スタイルの原点は、幼少時代に遡る。

子供の頃に兄と組んだバンドでドラムを担当し、音楽に親しんだ。中学生で本格的にバンドを結成。西城さんは「(米国の歌手の)ジャニス・ジョップリンの影響があった。ベンチャーズ、ビートルズなど洋楽が大好きだった」と語っている。高校時代にスカウトされると、両親の猛反対を押し切り、家出同然に広島から上京した。

73年に「情熱の嵐」がヒットして人気に火が付いた。日本の音楽業界は、グループサウンズ、フォークとブームが続いた時期。西城さんのワイルド&セクシーなスタイルは新たな男性アイドル像を作り出した。

デビュー時から約5年間、西城さんを支えたマネジャーによると、素顔は子どものように無邪気で、片頭痛で入院中にパンと牛乳が欲しくなり、夜中に脱走したこともあった。ユッケが大の好物で、話し声がガラガラな時でも「生肉を食べると声が出る」と、ステージで美声を響かせていた。

74年、「やめろと言われても」のフレーズで有名な「激しい恋」がヒットし、TBS系「火曜歌謡ビッグマッチ」で郷ひろみ、野口五郎の「新御三家」が初共演。その年、紅白歌合戦に初出場を果たし「新御三家」そろい踏みを果たした。

ドラマ「寺内貫太郎一家」や映画「愛と誠」で俳優として活躍したり、バラエティー番組に多く出演する形は現在のアイドルに受け継がれている。

人並み外れた運動神経の持ち主としても知られ、テレビの芸能人水泳大会、運動会などに出場しては大活躍した。だが、この体力への過信が順調だった人生を変えた。2003年の脳梗塞は、サウナでの無理な減量が裏目に出て引き起こされたものだった。

芸能界のパイオニアでもあった。74年、大阪球場で、ソロ歌手として初めて「野球場」でのライブを開催。75年には日本人ソロ歌手として史上初の日本武道館コンサートを行った。

今では主流となった客席でペンライトを使う演出は、74年に西城さんが導入して広まった。自身最大のヒットとなったヴィレッジ・ピープルのカバー曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、洋楽のカバーを積極的に取り入れた。

80年代以降は、アジアに進出。88年のソウル五輪前夜祭で、当時日本の歌が禁止されていた公の場で「傷だらけのローラ」を披露。98年は日本人として初めて中国・万里の長城の前で歌唱するなど、“日本のアイドル”にとどまらない活躍を見せた。


スポンサーリンク


みんなのコメント

 

名無しさん
カバーだろ?
売れた(日本人が金を出しても)にしても、本家に割合ありきで金が流れるだけ。
名無しさん
まだ幼稚園か小学1年くらいの時。
情熱の嵐でヒデキにキュンとして、初めて買ったレコードは、「ちぎれた愛」
未だに大切に持っています。
goal_1027
様々な番組で追悼の意を込めて過去の映像を流してくれるが、私が好きだった「カックラキン大放送」の映像が少ないなぁ。お笑いお茶の間劇場なんて、家族で安心して笑って観てられたなぁ。
名無しさん
広島から転校してきた子が同級生で「瀬○内高校って学校で、聞こえた不良やったらしいよ」と笑ってたけど、歌に不良もまじめも関係ない。逆に若いころのヤンチャがあの感情移入てんこもりのパフォーマンスや熱唱スタイルを作り出したのだと思う。時代のアイコンだった彼。ありがとうございました。安らかに眠ってください
名無しさん
広島は本当に韓国の人多いね。
名無しさん
スカウトがあったとはいえ、自分の意志で芸能界に進んでたのか。今更ながら凄い人だったんだな。
名無しさん
姉は、郷ひろみ私は、西城秀樹が好きで、
部屋にポスター貼ってました。
名無しさん
西城秀樹、浜田省吾、原田真二、吉田拓郎、風見しんご、吉川晃司等
広島って、やっぱり凄い土壌やな。
しかも、我が道を行く個性派揃い。
名無しさん
昨日からTVじゃ西城さんのVTRばかりです。それだけみんなに愛された偉大な歌手なんですね。曲名と歌が一致しないんですが、カッコイイドラマチックな曲が多かった気がします。
御三家では違う人のファンですが、もちろん殆どのヒット曲はわかります。そして今でも活動されててYMCAを歌うために上半身のリハビリをしてたそう。今CMでYMCAが使われてるのは励みになったでしょうね。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
15年間の闘病姿よりも、歌手全盛時代の元気な姿のイメージの方が強いので、「西城秀樹」と「死去」というワードが、うまく結びつきません・・・。
合掌。
名無しさん
朝丘めぐみさんとハメたけど、、
ワイン毎日2本、煙草80本、サウナで水飲まない
体は正直ですよ
今日の一言
サウナでの無理な減量が脳梗塞を引き起こした?
それは間違いですね。
名無しさん
まさか亜星さんより先に逝くとは。
名無しさん
秀樹サイコー!!元祖J-POPアイドルで唯一無二の世界観を持つアーティストだった。華やかな当時の歌謡界でもそのきらめき、歌唱力、ドラマティックな表現力は群を抜いてました。生歌1曲で引き込むその力、最高のシンガー&スターって、こういう人のことだね。もうさっきからYTで曲をききまくり。改めて名曲が多いことに気づく。阿久悠さん作詞の曲が好みだったな。テレビでヤングマンや走れ正直者しか流さないのはもったいない。もっともっと歌って叫んで踊る秀樹さんの映像を流して欲しい!ご冥福を心よりお祈りしています。


スポンサーリンク


名無しさん
デビュー当時から、年齢より大人っぽく年齢詐称疑惑有り、亡くなられて生年月日公表されて実年齢デビュー時20歳わ嘘だった!
名無しさん
アイドルの歌じゃないね。本物のアーティストだよ。
名無しさん
本物のスターだ
名無しさん
親がパチンコ屋やってて暴力団とも関係があったりして、当時は有名な不良だったらしいから、ひとりで出てきてみんなを元気づけられる励ませる存在になってよかったと思います。
年齢については3歳サバ読んでたことを、いつかは言いたかったんだろうけど、事務所が偽造書類作っちゃったから、たぶんそのせいで言えなかったんじゃないかな・・・
かなりのファンならそのことは知っていたと思います。
名無しさん
若い時から片頭痛持ちかあ
これは危ないなあ。
サウナ後の水分摂取が大事だと今ならみんな知ってるけど。
突然の発病が本当にお気の毒で。
数多くのスターが生まれ消える昭和でひときわ輝いていたビックスター。
発掘された時からひときわ輝く逸材だったんだろうね。
名無しさん
とにかく長身、長髪、整った顔、ちょっとハスキーでワイルドな歌声、尚且つユーモア有り。
あの頃のスターの中でも最も輝いていましたね。
白人さんのドラマや歌手が流行している時世でも、全然引けを取らなかった。
名無しさん
パチンコ屋が実家の在日。。
名無しさん
喫煙とサウナが命とりになった。チェーンスモーカーでサウナでは水を飲まない。傷ついた血管は戻らない。自業自得の面がある。周りが注意していれば80歳まで生きれた。
apsy2005
お子様の事を思うと
ほんとに無念でしたでしょうね。
でも三人のお子様は、秀樹さんが残された歌や本やビデオなどに
一生支えられて生きて行かれると思います。
ご冥福をお祈りいたします。合掌
名無しさん
失礼ながら、アイドルと言うと良いのは容姿だけで、歌は下手と言う
イメージだが、この人だけはけた違いに歌の実力もあったね。
あと、CMやドラマ等多方面に活躍するタレントとしての
パイオニア的な存在だった。
名無しさん
ちびまる子ちゃんのエンディング、
今週だけでも差し替えして欲しい。
お姉ちゃんの憧れの存在としても
描かれなくなっちゃうのかな。。
名無しさん
「帰ってきたウルトラマン」に変身するのは、郷秀樹隊員。時代だなあ。
名無しさん
秀樹に国民栄誉賞をあげてもいいんじゃないか
7
西城秀樹は疑うことなく昭和の歌謡界に燦然と輝いた国民的スターだった。亡くなった喪失感はマイケル・ジャクソンに自分の中では近いかな
それまでの直立不動の歌手とは違い西城秀樹の登場は実に画期的なものだった。
真に一時代を築いた人物「傷だらけのローラ」「ギャランドゥ」「ブルースカイブルー」ヒット曲も数え上げれば枚挙に暇がない
映画「愛と誠」は当時彼が10代だったのにも拘らずそのカッコよさと色気は際立っていた。
また大スターでありながら素朴で気取らない所もCMやTVドラマお茶の間で愛された所以だったのだろう
今昔の映像を通して見て長身で長い手足と抜群歌唱力を最大限に活かし全身全霊を傾けて情感豊かに歌う彼の姿はあまりある才能を持った本物のスターだったと改めて感じた。
努力の人 ファンへの愛
彼の偉大な功績と晩年の生き様に深い敬意を表したい。
MUTEKING
貴方のギャランドゥを忘れない。
お悔やみを申し上げます。
そう申しております。
90年代とかヒット曲全くなかったのに、落ちぶれた感じがしなかったのは本人が凛々しかったからだと思う。
名無しさん
その御両親の猛反対を押し切って、自分の人生を切り開いていった様子がなんとなく「寺内貫太郎一家」での役柄を彷彿とさせる気がした。気が短い頑固親父役の小林亜星さんも含めて。
名無しさん
お悔やみ申し上げます。
この方元々は韓国人ですよね?
昔母が韓国人は歌が上手いと言っていたのを
思い出しました。
名無しさん
ため息が出るほどかっこいい。
そうとしか言いようがない。
あきひろ
ちゃんと生い立ちから紹介したら。失礼でしょ。
出雲太郎
たぶん、いい人なんだろうね。お疲れ様でした。

 


スポンサーリンク