大相撲・貴乃花親方(45)と元フジテレビアナウンサー・河野景子さん(53)の長男で、靴職人でタレントの花田優一(22)が11日、都内で著書「生粋(ナマイキ)―生きる道は自分で決める―」「夢でなく、使命で生きる。―根拠なき自信で壁を超える68の言葉―」の発売サイン会を行った。

 

元横綱・日馬富士関の暴行問題に関して、貴乃花親方は沈黙したままとあって、サイン会前の会見は報道陣約40人でギッシリ。主催者が「著書に関係のない質問はお断り」と要請した後に登場した花田は、ただならぬ熱気を感じてか「(室温が)2度ぐらい上がっていますね」と苦笑いした。

 

著書のタイトルにかけて「父親に対してナマイキだった時はありますか」と聞かれ、「皆さんに『反抗期はあったか』と聞かれるんですが、反抗できると思いますか?」と切り返し、笑いを誘った。最後に報道陣から「お父さんにかけたいひと言はありますか?」と質問が飛んだが、関係者が制止する中、苦笑しながら会場を後にした。

 

15歳で単身、米国に留学。その後、本場のイタリア・フィレンツェに渡り、約3年間、靴職人として修業を積んだ。現在は都内の工房で働く日々で、最近はなかなか家族と会う機会はないそうだが「僕は両親を誇りに思う。今は靴の師匠がいるけど、男としての師匠は父。背中が格好いいですし、男として憧れる」。今回の騒動で貴乃花親方の相撲へのストイックな姿勢が改めて注目されているが「仕事というものをなめてかかったら、それは見抜かれる。厳しさなのかなと。ウソは付けないです」と語った。

 

10月30日に陣幕親方(元幕内・富士乃真)の娘で、1歳上の一般女性(23)と結婚したと発表するなど公私共に充実の1年を振り返り、今年の漢字の一字には「愛」を挙げた。

 

◆花田 優一(はなだ・ゆういち)1995年9月27日、東京都生まれ。22歳。15歳で単身、米国に留学。その後、革靴の本場イタリア・フィレンツェに渡り、約3年間修業して帰国。都内に工房を持ち、完全オーダーメイドで製作する。TBSラジオ「花田優一First Step」(月曜・後7時15分)で初のレギュラー番組。


スポンサーリンク


 

yamato
花田一家商売人ですね!!!
名無しさん
若者の書いた人生本なんて需要があるのかと思わんでも無いが。
貴乃花という厳し過ぎる親の子として生まれて、その人生を若いなりの価値観で評価する事には一定の価値はあるだろう。
また、前時代的な職人像に自分を合わせる必要も無い。
出る杭を叩くのが好きな年長者は数多くいるが、潰れず頑張って欲しい。
名無しさん
靴の予約が何ヵ月先って言われているのだから、テレビに出てる暇があるなら靴を作らなきゃ!
名無しさん
貴乃花親方は、息子とはいえ一般人相手だから、暴力を奮うことは無いだろうが、徹底的な無視や、言葉による説教や威圧は凄そう。
落合氏と似ている感じがします。
名無しさん
たかだか3年で職人になれるものなの?ただの趣味の域にしか思えないけど。お父さんの後を追い相撲をやらなかった理由として憧れの存在だからファンと同じ気持ちが強かっただのなんだの語ってたけど要するに素質が無かっただけの話いつ見てもこの子の言動は軽いな。
名無しさん
誰が興味あるねん!?
名無しさん
貴乃花といい桑田といい、スポーツ選手の二世は出来損ないが多いな。息子もプロ野球選手に育てた長嶋さんや野村さんは偉い。
名無しさん
若いのにしっかり自分の生き方を見つけて進んでいるなんて素晴らしい。
なかなか出来ないことです。
発言もしっかりしてるし、良い人柄が現れている。
応援してます。
匿名希望さん
中身の無い人間が語るのは独り言。
みんなが放っておけば良いよ。
1000冊も売れないはず。
だってこんなに苦労もしてなくて、楽に生きてきた青年の本、読みたい人いる?!
この時間はみんな、あくせく頑張って通勤してますから!
名無しさん
芸能活動なんかしないで本業の靴を作りなさいよ。
待ってる人たくさんいるんでしょ。
キムオ
お前は芸能人なのか?職人はやめたのか?
名無しさん
十代で海外で頑張ったのはすごいと思うけど、二十歳そこそこのあんちゃんに、生き方教えてもらう必要ないな。
同じように十代から単身海外で努力して世界トップクラスになったスポーツ選手だっているし。
忙しいっていうけど、本書いたり、ラジオで喋ったり、本業は本当に忙しいんだろか?
出版社もラジオ局も、なんでこの人使うのか分からん…。
名無しさん
靴職人でタレントの花田優一
こんなところで油売ってる余裕あるんか?
名無しさん
結局、思いっきり二世な活動してるね
old
この記事の最後の言葉をそのまま君にお返しする
職人と名乗るくらいならそんな易々とメディアに出てけぇへんやろ
職人という言葉の重みを理解せぇや
ppap
若くしてすでに、普通の人間が70年かかっても難しい事をいくつも成し遂げた花田さん。この本は読むべきだね。
名無しさん
この記事が何を伝えたいのかわからん
名無しさん
優一様、いったい、本職は何をされているのですか?
名無しさん
この人の立ち位置がよく分からない。


スポンサーリンク


クロウサギ
いやいや、反抗しがいがあるでしょう。あれほど我が強い人間だと。
そういうこともあって、協会は、タカをへし折ってやりたくて仕方ないのかな?
まあ、自分は、割と反抗的な人間なので、そういう気持ちが沸き起こるのは、分かる気がするけど……まあ、でも、それと、間違っているか正しいかは、また、別だからね。
ところで、この人は、何がきっかけで、靴職人になったんだろう?
親父さんも、職人気質なところがあるから、通じるものはあるんだろうか?引退した今でも、現役時代と同じように、指を気遣って、ビンを素手で開けないようにしているというのは、びっくりした。
靴職人も、何か、指先にこだわっているものがあるのかな?
ちなみに、私は、スマホを持たないのは、大きさが中途半端で使いづらいのもあるけど、手芸をやるので、指先を擦ると、指先の感覚が狂ってしまうからということもある。
名無しさん
図らずも話題作りに親方が一役買ってる
農協が一番
桑田の息子かと思った
名無しさん
人格者ですね
彼の作る靴を履いてみたいと思った
名無しさん
この若さで死活やなぁ…と。そういう親の下育たなくて良かったと思うが…その本を出版してどうしたいのかが…侍のように育って紙に書いてそれで何?それこそ洗脳じゃない?
名無しさん
小僧のズレまくってる勘違い哲学。
こんな本、手に取るだけで恥ずかしい。
名無しさん
この写真、大谷に似てると思うの私だけ?
名無しさん
靴屋なんでしょ?
もっと腕を磨くことに専念しろ。
名無しさん
マスコミも商売のネタ探すのに必死だね。w
煽てられて、図に乗ってるの見え見えやん。w
本人も靴チマチマ作ってるより、メディアに出た方が儲かるって思ったんだろうね。
世間の人は冷めた目で見てるよ。
名無しさん
たった2年で靴職人の修行を辞めた子。
親のビッグネームと後援会が有るから
成り立っている靴のビジネス。
…..
この若さで人生訓的な本書けるって
フツウの神経じゃない。
てか靴屋ってそんなにヒマなのか。
彼とかマットとかある意味新しい二世の形。何してる人かよく分からなくてもマスコミを集めれば飯は食える。
叶姉妹やらサッチーみたく。
名無しさん
普通の靴職人なら本など出版しないし本業に専念するべき。靴職人として活躍して日本、もしくは世界で名を広めたらその時テレビ出演や本を出せばいいと思います。
完全に親の力でメディアに出てる。
名無しさん
囃し立てて、タレント気分にさせているマスコミが悪い。
靴職人として、寡黙に魂を込めて靴を作ってたらいいものを・・・
いいものを作り、それを求める人が手にする
商品がよければ、評判になり求める人が増えるでしょうし、商品が悪ければ、売れない。
そこに、貴乃花の名前は関係ないでしょ
父と同じく自分の腕で勝負する世界でしょ?
道を逸らしてないですか?
名無しさん
お父さんに着こなし教えてあげてください…
フーテンの教職人
いや、面と向かって口答え出来なくても、父親に隠れてやりたい放題やっていれば、それはそれで反抗した事になる!
名無しさん
「15歳で単身、アメリカ留学」
普通留学は単身ですけど…ごめんなさい、揚げ足取って。
名無しさん
靴職人なんだから、良い靴を作り上げることに情熱を注いだら?
タレント気取りじゃん
名無しさん
都内に工房をもち……苦労してない職人の靴などいらん
名無しさん
中途半端な二世やっとるようじゃ一流の靴職人になれんやろ!厳しいせかいやろせかいやろ
名無しさん
貴乃花は大きな挫折を知らない、今まだ絶対的強さを醸し出してるし
自分の宮沢りえとの破局もあるし協会には何らかの恨みはありそうだしな、
息子か反抗できない空気が家で流れてるなら
親方弟子の部屋ではもう独裁者でしょ
松村の貴乃花のものまね思い出すは、
このタイミングでは出版社の思惑が見える
話題性高い時期だからな、
息子にこんな悪時絵あるとは思わないし、
良いように使われてる
職人としてもっと経験つんで
一人前ならきゃダメなのに
横道にそれて先々苦労するだろな
名無しさん
卑怯者の息子やな!

 


スポンサーリンク