歌舞伎俳優・市川海老蔵が18日夜、ブログを更新。今年6月に亡くなった妻・小林麻央さんが最後に痛み止めに頼ったことについて、「とてもとても悔しかった」と心情を吐露した。

 

麻央さんは今年1月6日に「痛み止め様」と題してブログを更新。痛み止めを増やしても、激しい痛みに襲われる苦しさを吐露し、「これから、痛みのある部位だけに放射線をあて、痛みの軽減も期待します。が、私の決断が遅かったため、まだ始められないので、今は、首を長くして待っているところです」とつづっていた。この投稿の最後には「よりずーっと痛かったり苦しくこのブログを読んで下さっている方が少しでも心和らぐ瞬間がありますように」と思いが込められていた。

 

麻央さんは直後の1月11日から骨への放射線治療を始めていた。

 

海老蔵は18日夜、「このブログ、麻央の心の優しさ大きさをたくさん感じる内容です」と明かした。麻央さんは病気になるまで一度も痛み止めを飲まなかったそうで、「麻央が痛み止め様に頼ること、私の中ではとてもとても、とてもとても何故か悔しかったんです。仕方ないし それしかないのはわかっているけれど、悔しかった」とやるせない思いを改めてつづっていた。


スポンサーリンク


 

名無しさん
「病気になるまで一度も痛み止めを飲まなかった麻央が・・・」
健康な人が痛み止めを飲みますか?あいかわらず意味不明。
それはさておき、
「まおが綴った日々のブログを英語に訳して世界中の方に読んでいただければと思いました。」と言って始めた麻央さんの英訳ブログ。
先日は、寝てしまって麻央さんの英訳ブログをアップするのを忘れる。ここまではまだよいが、
「今日のブログは幸せと悲しさとが混合したなんともあたたかくなんとも切なくなりました。あえて日本語にしました。」
と生前のものをそのままリブログ。
もはや英訳の目的を見失っています。麻央さんの痛ましい姿を世間に思い起こさせ、さらけ出す、収入のためのブログになっていませんか?
確か、「閲覧者が多いことによって収入が入るというシステム」があるんですよね?
笑笑
名無しさん
何故悔しいのか謎…。
痛み止め飲まずに苦しむ方がよっぽど心が痛いけど。
私は父の最期、モルヒネで父が少しでも心穏やかに過ごせて心から有り難いと思ってたよ。
yamamoto
医者の意見を聞き入れて手術を受けていたら今でも元気に過ごせたはず
musashi
痛み止めに頼る姿が悔しかったって意味分からない。
標準治療を受けなかったせいで他に転移してしまったから使いざるを得ないのでは。
それより、手術を受けさせなかったことや標準治療を受けさせなかった事、麻央ちゃんがご存命の時にもっと大事にしてあげなかった事を悔やむできでは。。
名無しさん
民間療法なんてやってるから悪化してしまい真央さんは亡くなってしまったんでしょ…民間療法に信憑性はありません。最初から標準治療を開始してれば真央さんは今も生きていたと思います。
名無しさん
何故ゆえに、今更、ペインコントロールの話題を出すのだろう。痛みに苦しむようにさせてしまったのは、標準治療を無視した海老のせいなのに。
白々しいよ。
匿名
温泉ではタオル頭に乗せて気持ち良さそうにオッスして、食べられない麻央さんにはおかまいなくグルメ三昧ブログに出して、そんなことをずっと続けてましたよね。現実逃避だったのかな?
名無しさん
もうこのネタいいと思う。
喪に服した方が良いんじゃない?
あまり蒸し返すと辛いと思うよ。
無責任なマスコミは姉ちゃんとくっつけようとしてるし。
5687896
悔しい、の意味ですが、麻央さんがそれまでは痛み止め無しで乗り越えてこれてたけど、それがもう限界にきて痛み止めを使わなければならない状況になってきた、、、悔しい。の意味だと思います。
ただただ、単純に痛み止めを使う事イコール悔しい、という単純な意味ではないと思います。もっともっと、もっと奥が深い意味なはずです。
大切な人が亡くなられてるのですよ。もうあれこれ言うのはどうかと思います。海老蔵さんは不器用なんだと思います。あんな時にハワイに行くのは周りからすると不謹慎かもしれませんが、海老蔵さんなりに男で不器用なりに必死に子供達の笑顔を作ろうと思っての行動なんですよ、きっと。私も小さい時に親を亡くしたので理解できます。男親は不器用なんです。
それがどんな形であれその家族が成り立ってるのであれば、口出しすべき問題ではないです。
名無しさん
ハワイで姉とイチャイチャしてる方が麻央さんは、悔しいと思うけど。
名無しさん
海老妻でなかったら、
存命していたと思う。
菜々
我慢しろ、ってこと?
意味がわからない。
名無しさん
うぜーわ海老蔵!!今でも忘れんわ、伊藤リオン殺人事件!!
てめーも当事者、麻央もいた!!さっさと借金破産せーよ、子供に継がせるんじゃねーわボケ!!成田屋破産せーよ!!
・・・
標準治療をしなかったのに
何言ってるの海老さん。
名無しさん
周りの意見はよく分かりますが、きっと二人の間で決めたことだと思います。凄い闘病生活だったと思います。見守ってあげるのが一番であると思います。
m
麻央さんは、本当に本当無念だったと思います。可愛い盛りの我が子。自分の選択の過ちを悔いたと思います。どんな事があろうと『生きる』選択をして欲しかったし、させてあげたかった。真実はわからないけれど、今でも麻央麻央言う海老蔵さん。もういいです。嫌いです。静かに死と向き合って下さい。
名無しさん
海老蔵
貴方も
末期癌になれば
よーくわかりますよ。
名無しさん
悔しいのは、ガン細胞様も生きている。命があるということ。
人間の命が重くてガン細胞の命が軽いなんてことは決してない。
歌舞伎を次の代へ継承していくように、ガン細胞も親から子へ遺伝する事もあるわけで。
ガン細胞にも罪はないことを我々は知らなければならない。


スポンサーリンク


ku-ma
今ごろなに?
名無しさん
モルヒネですよ!モルヒネとは麻薬の事です。
麻薬を使わないと取れない痛み陣痛に匹敵すると言われています。
あの陣痛がずっと毎日続くと思うと想像を絶します。全て海老蔵さんあなたの判断ミスです。歯が痛くて飲む痛み止めとは比べ物にならないのです
名無しさん
常識を逸した言葉と行いの違いに恐ろしさを感じる。
もしかして人間の姿・形をした獣なのでは?
名無しさん
悔しい??意味が解らない。綺麗事を並べているが結局は麻央さんを支配していたのでは。この人、実はサイコパス?
名無しさん
悔しかった?はぁ?一般医療治療をさせなかった奴が。今更。海老蔵の今までの人生疑う。お前が居なくなれば良かった。今更からでも居なくなってほしい。子供達、成田屋の為にも。
烈火の放尿
同情するなら金をくれ!やな
名無しさん
海老蔵しつこい!
やっぱりデイリーかぁ…
名無しさん
あなたが悔しがることではないと言いたい。
名無しさん
エロ蔵~まだ、金が欲しいかァ~!
麻央さんも草葉の陰でないてるよ!
名無しさん
自爆。仕方ないこと。恨みをかっては生けません。
名無しさん
痛みを我慢していいことなんか何もない
使用に抵抗を感じるのは日本人の悪い癖
名無しさん
まだ言ってるの。まぁ、この人には家族の話題しかないしね。
名無しさん
はじめは「若いのに病気で逝ってしまい気の毒に」と思ってた人は、多かったと思う。
でも、海老蔵や小林麻耶のプライベート
(とくに2回目のハワイ旅行)が、あまりにも
理不尽、非常識すぎる。
バカンス気分?のあとに、あの時は~って感じで思い出されても、海老蔵や小林麻耶の気持ちに
同情できない人、今では多いと思う。
それは、アンタらの自業自得だと思うし、
人の悲しみって長くは続かないってこと、アンタらのプライベートを芸能ニュースで読んで、よくわかりました。
ぱんちゃん
モルヒネとかの事を言ってるのかな?
イメージではモルヒネ飲んだら最後
とか思ってるのかもしれないけど
そうではなくて、上手く使って
痛みをコントロールするんだけどね。
痛み止めを積極的に使うことが
QOLを向上させるんだよ。
ひなさん
なんで今ごろ?
一番悔しいのは亡くなった麻央さんですよ。
旦那は舞妓と浮気して、小さい子供を残して
亡くなるのはどれだけ無念だったか!
ちゃんとした治療を受けてれば麻央さん
存命してますよ。
イルカを降りた中年。
「麻耶さんの助言があったとはいえ、私がオカルト療法を選ばなければ‥最初から標準治療を受けさせていれば‥」
という方向にストーリーが進んでいくのが普通だと思うのだが、海老蔵も麻耶さんも「私達はよくやった、私達はこーんなにいい人」みたいな言い草で、自分達が悪くない方へ悪くない方へと話をねじ曲げているだけだ。
たしか最初から普通に標準治療を受けさせていれば生存率は90%と聞いている。
その事実がある限り海老蔵と麻耶さんのブログに共感する事はないだろう。
名無しさん
手遅れにしたのは、オマエだろ?
適切な治療をしていたら、今も生き延びていた可能性はあったはずだ。
初期の治療を間違ったのが悲劇に繋がったんだと思う。
発見した時点で全摘したら、今も生きていた可能性はあったと思う。
結果として、助からなかったのか、助けようがなかったのかもしれないが、悔いが残る人生なのかと、他人の私は思ってしまいました。
あらためて、若くして病に倒れた小林麻央のご冥福をお祈りします。
名無しさん
痛み止めに頼る事は悪いことでも悔いることでもないと思うが。
痛みに耐えないと出産じゃない!偉くない!みたいな風潮が日本には根強いよな…
使えるものは堂々と使おう。
花は桜木、漢は岩鬼
オカルト療法たらい回しにし死に追いやったお前が言うな(笑)
ってか、打ちあけるとかひつけー

 


スポンサーリンク