動物写真家・岩合光昭が、世界中の猫を撮影する人気番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK BSプレミアム)。10月21には、『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』が公開する。動物を相手にするだけに苦労は多いが、心を動かされることも多いという。岩合氏はどのように猫と向き合ってきたのか? 空前の猫ブームである昨今、一般の人でも参考にできる猫撮影の心構えを語った。

 

◆目標の一つは、猫を主人公にした劇映画を作ること

 

――映画になると決まった時はどんなお気持ちでしたか?
【岩合光昭】僕自身、いつか映画をやりたいとずっと思っていたので、単純に嬉しかったですね。“映画監督”って、男の子の夢ですから(笑)。僕の目標の一つは、ドキュメンタリーではなく、猫を主人公にした劇映画を作ることなんです。

 

――今回の映画も、長期に渡って取材している分、とてもドラマティックで季節感も感じられて、見応えがありました。
【岩合光昭】映画は時間が長く、既存の映像をただくっつけただけではつまらないので、番組で人気の高かった“津軽の四季”というシリーズのコトラとその家族を軸にして、この夏に追撮もしました。それだけでなく、これまでに登場した素晴らしいキャラクターの海外猫たちにも再登場してもらい、どなたにも楽しんで頂ける作品になったと思っています。

 

◆カメラは絶対猫の視点、ズームを使わないこと

 

――観る側もコトラ一家を家族のように身近に思えるだけでなく、すごくゆったりとした気持ちにもなれます。
【岩合光昭】ありがとうございます。それはすごく大切なことです。今回の映画では、命の繋がりを描きたかった。僕はBSの番組でも、“命の大切さ”を感じ取ってもらえたらと、いつも思っているんです。あとは、猫の味方を1人でも増やしたいという思いがあります。それと、せっかくなら猫自身にも観てほしい。飼い主さんは寝ていてもいいから(笑)。

 

――猫がNHK BSの『世界ネコ歩き』を観ている動画が話題になりましたが、作り手側にもそんな思惑があったとは。
【岩合光昭】 『世界ネコ歩き』が始まったとき猫の視点になって動画を撮ることにはこだわりました。カメラは絶対猫の視点、それは譲れなかった。あとは、ズームを使わないことも決めていました。とにかく、不自然な撮り方をしないよう心がけた。だから、映画を撮るように、猫がここを歩くだろうなという場所にレールを敷いたり、高い所の猫目線にも対応できるようクレーンを持っていったり。映画的に撮る工夫はしていました。

 

◆「猫様、写真を撮らせていただけますでしょうか」

 

――今は猫ブームで、一般の人もスマホなどで撮影する機会が増えました。上手く撮りたいと考える人も多いと思うんですが、岩合さんの考える猫に愛されるコツは?
【岩合光昭】僕が言えるのは、愛されるコツではなく、“嫌われないコツ”ですね。まず、自分の要求を考えないことです。写真を撮るとき、つい「こういう写真を撮りたい」とか「可愛い仕草を撮りたい」と思ってしまう。でも、それは猫の意志じゃない。撮る方の意志なんです。どこの国だったか、猫と10何年一緒に暮らしている人が、「猫を一度も抱いたことがない」と言っていました。「どうしてですか?」と聞くと、「猫の意志を確認したら、私は抱かれたくないと猫が言ったから」と(笑)。でも、それこそがその猫とその飼い主さんとの、とても親密で、自然な関係性だと思うのです。

 

――猫の意志を尊重することが大事なんですね。
【岩合光昭】はい、僕もいつも、撮影のとき、「猫様、写真を撮らせていただけますでしょうか」と猫の機嫌と様子を伺います。

 

――岩合さんは、いろんな動物を撮影されていますが、なぜ、そこまで猫に惹かれるんでしょうか。

【岩合光昭】猫の最大の魅力は、“わからない”ところにあるんじゃないでしょうか。これだけ長い間、毎日猫を撮影していても、「あれ? 猫ってこんなことしたっけ?」と思うことが多々ある(笑)。たとえば、ある人のことを好きになったら、もっともっと知りたいと思う。そんな男女関係にも似たところがあると思います。


スポンサーリンク


怪盗ジョーカー
にゃんこ先生~~~!
名無しさん
岩合さんの、猫の味方を一人でも増やしたい。って言葉にグッときた。
私も常々思ってる。頼みます野良っちたちの事を迷惑がらないで!生きさせてあげてほしい!
赤ポチ乞食のマッキーミウス
釣りに行ったとき野良猫によく囲まれるが、おいでおいでをしただけで抱っこさせてくれる子と魚をあげないと触らさせてくれない子がいる(笑)
名無しさん
猫は「わからない」まさしく!
今の家に越して来て18年、庭に入れ替わりいろんな猫が
遊びに来ますが、全て個性が違う、気持や行動が読めない
不思議だからこそ愛おしい。
名無しさん
自分で飼っている猫でなければ、基本的には「こちらから近寄る状況」になりやすいから。
その、垣根を越えて撮影できるこの人はホント凄いと思う。
名無しさん
2011年に道端で野良の家族と出会い、それ以来猫の可愛さを知ってしまい現在2匹の猫を引き取って暮らしている。
子供の頃から動物は大好きだったけど、猫に対して特別大きな感情も無かった。でも今はもう可愛くて可愛くてたまらない。
小さい内にこの魅力に気付けていなかった自分にアホと言ってやりたいくらい。
自分のこの先の人生にはずっと猫がいる。それは確か。
名無しさん
私も元野良を飼ってる
ショップで買おうかと思ったけど、野良に子供が産まれその中の1匹を強引に家庭内に入れた
シャーシャー大変だったけど、今では欠かせない家族になった
窓を開けても、玄関を開けても、自分から外には絶対出ない
喜んでくれている様だ
勿論この方の番組を見付けると必ず見ている
同じ表情をするなぁ と癒され笑う
外でエサだけあげてる方に言いたい
エサをあげるだけの気持ちが有るなら是非1匹飼ってあげて生涯を見てあげて欲しいものだ
運転中に「他人にイチャモンを付ける」様な無様な人間にはならないよ。
名無しさん
家族になって23年最後は歯が抜け、おしめの生活だったステラ逝って2年目寂しいなあぁ~~モフモフ毛並み柔らか肉球触りたい
自分の歳を考え最後まで御世話出来ないので飼えない
今はペットショップでガラス越しで見て癒されてます。
som
そっか。。。岩合さん、今は「猫写真のカリスマ」なんですねw
番組の力って大きい。。。「動物写真のカリスマ」だったんだけどね。
猫はもちろんだけれども、岩合さんの撮るアフリカの動物たちの写真が好きでした。岩合さんの動物写真を見るとその動物と会話をしている気持ちになれるんです。言葉が聞こえてくるような、そんな気持ちになれるんです。
名無しさん
うちの7つ子、抱っこ嫌いが5です。
でも、寒い時期座っているとひざの上に乗ってくるのは6です。7つ子の親、他の同居猫6は全部抱っこ嫌い、ひざの上に乗ってくるのは3です。
みんな同じように接してますが、ダメな子はダメですね。触ることすら出来ない子も。
1匹以外は家族以外まったく受け付けないし、1匹は誰が来ても寄って行くし、やっぱりその子によって違うかと。
名無しさん
ウチの庭に来てクソする猫がいて困ってます。
猫が寄りつかなくなるコツも教えて欲しい。
名無しさん
さすがの認識って思っちゃった。うちの猫たちも一匹は突然抱き上げると身をよじって意地でも逃れる子だけど、夜中に寝静まってると寂しくなるみたいで凄い膝に乗りたがって正直嬉しくていたいだけ乗せてるから正直寝不足になる時も・・。昼間は基本関わらないようにしてあげてるけど、やはり猫ってそういうツンデレが魅力なんだよなぁと改めて実感。
名無しさん
岩合さんの写真を見るとネコとの距離感が近くていつも驚きます。
ネコが全く警戒していない様子がすごいですね。
ネコへの敬意、見習いたいと思います。
名無しさん
猫は心で生きている。
人間の心を読む。
賢い猫は人間以上で驚く。
人間に優しい猫は子供、親、親友、恋人の全てを持っている
名無しさん
ウチのキジトラ猫も岩合さんのDVDかけたらガン見してた。
最後は画面に近づいてヒョイヒョイって
出演の猫に触っていたよ
*******
うちの猫は抱かせてくれる。感謝!
あと犬はむやみやたらに抱っこしない方がいい。犬は受け身が取れないから。小さい子が抱っこして落として頭を骨折して亡くなったのを知っているから。
名無しさん
野良猫に餌 あげてないよね
名無しさん
うちには2匹のネコがいますが・・・
確かに一匹は基本的に抱かれるのは好きじゃない。
でも寒い時だけは私の近くに来て寝るし真冬ともなると腕枕を要求する。
そういう時だけはこっちにとっても抱き枕になってくれるけど、それ以外はとてもドライ。
その落差がネコだなぁ…と。
その後別の子ネコが来たが、これが女の子なのにとてもやんちゃ。
前述の先住ネコにいつもバトルを仕掛けて、応戦する時もあるが5歳の開きは大きく最後には逃げ回っている。(大人が子供と本気のけんかをしないようなもの)
そして子ネコが来たことで元からいたネコが実はとても包容力のある子だと知りました。
やんちゃでもドライでも岩合さんを見習っていつも「いい子だね」と言うようにしています♪
名無しさん
猫と10何年一緒に暮らしている人が、「猫を一度も抱いたことがない」と言っていました。「どうしてですか?」と聞くと、「猫の意志を確認したら、私は抱かれたくないと猫が言ったから」
これな!
名無しさん
ネコではない。
御猫様だ。人間は御猫様の下僕だ。
ひたすら御猫様のご機嫌を伺い、御猫様が遊びたい折りには、下僕は実行中の事を中断し、最優先でお相手をせねばならない。
トイレは常に清潔に保ち、猫草を用意し、またその気になられたときにはブラッシングをさせていただく。
御猫様があまりお太りにならないように、カリカリは適量を、定期的に用意せねばならない。
また、どんな缶を開けるときでも、静かに、できるだけ静かにするべきだ。でないと御猫様は期待を抱いて、たちまち下僕の元にお越しになられる事になる。
御猫様が快適にお暮らしできるように、外で、家で、下僕はひたすら働かねばならない。
以上のご褒美に、ちょこっとだけ撫でさせてもらえる。
猫バカの心得でした。
もんじ
岩合さん猫で稼いだお金をめぐまれない猫のために少しは使ってくださいね。
名無しさん
岩合さんって動物に好かれる不思議な魅力を持った方だ。
撮影中に猫が頭の上に乗っかるなんてなかなかないでしょ。
名無しさん
岩合さんでも、猫に嫌われることってあるのだろか。
東尋坊で出会った猫、めちゃカッコ良かったんだけど、
「1m以内に近づくなよ」ってオーラが凄かった。。。。


スポンサーリンク


名無しさん
追いかけない
タバコ吸わない
にぼしは常備
名無しさん
「猫様」だってよ。
俺には無理。
InnocentCitizens
ヌコ写真家のイメージがあるけど岩合さんは世界的に有名な動物写真家で日本人でただ一人ナショナルグラフィック誌の表紙に2度掲載されたり世界中で動物写真を撮っている日本を代表する大御所です(=^・^=)
チャトラスキー
>「猫様、写真を撮らせていただけますでしょうか」
これ大事だニャ。ギャラのカツオ節あると、もっといいニャ。
名無しさん
鼠のコスプレをすればいい。
名無しさん
BSの「世界ネコ歩き」見てまーす。大ファンでーす。
再放送もやっていていろんな役者さんがナレーションをしているけどその中にあの、成宮氏もいるんだよな…。
名無しさん
猫はそれぞれ性格が違いますね。
うちの5匹では、1匹は、抱っこも人も大好き。1匹は気高く、プライドが高い。3匹は、猫らしいツンデレ。
名無しさん
(=^ェ^=)猫と一緒に見てる。
名無しさん
>せっかくなら猫自身にも観てほしい。飼い主さんは寝ていてもいいから
岩合さん、観てます。うちの猫観てますよ!
ほかの動物番組は気にしてないけど、世界ネコ歩きは観るんですよね。
もちろん、飼い主も楽しく観てます!
どのネコさんにも人生(猫生?)があるんだなぁって思いながら拝見しております。
映画も楽しみ!
名無しさん
畜生に嫌われようが嫌われまいが、保健所に連絡して捕獲してもらうべし!
名無しさん
抱っこ嫌いな子は、抱っこされて幸せを感じたことが無い子。
抱っこが気持ちいいと感じることができたら、抱っこ大好きになるんです。
名無しさん
うちの猫に愛されているので(自慢)、カメラを構えるとてけてけてけとやってきてレンズにスリーンとされたり、レンズの前をうろうろされるのでぼけた鼻のドアップか、腹の毛ばかり撮れることが多々ある。
今もケツを目の前にもってきてる。
岩合さんだったらシャッター切っちゃうのかな。
名無しさん
「ネコ歩き」を観て感嘆するのは猫がカメラに向かって歩いてくるところ。
僕が撮ろうとしてもいつも猫の尻を追いかけるしかないのに。w
イシバシさん
これストリートフォトグラフィーにも言えるんだけど、無許可での撮影が多いわけだから、被写体に最大限の敬意を持って「撮らせていただく」という姿勢で撮影するべき
名無しさん
とても良いことだと思います。
そして、猫はとても愛くるしい伴侶にもなりえると思います。
ただしかしながら、可愛いだけではなく、一緒に生活するという事は、どういう事なのかも一緒に発信していただけると嬉しいですね。
空前の猫ブーム・・・保健所に猫がどんどんと・・・。
名無しさん
岩合さん
その土地に1週間くらいいたり
猫を撮るために12時間くらい同じ場所にいたり
何より凄いのは撮影する場所の人々にもまずしっかり溶け込むところ
撮らせて貰うっていう意識を持ち続けてるのは凄い
最近は猫で有名な観光地とかでも鉄道ヲタクカメラマンと同じようなトラブル起こす人が増えてる
子供が猫を逃げさせたとかで子供相手に凄い形相で凄んで泣かせてるオバさんとか
他人の敷地に勝手に入り込む人や建物に登る人
良い機材持ってるから偉い!優先権持ってる!と勘違いする人
時間がなかったり良い写真を撮りたいのは分かるけど
その土地やそこに住む人達、猫に敬意と感謝をもって譲り合いも大切
鉄道好きだってマナーが良い人はかなりいるのは知ってる
一部の異常な行動のせいでどれだけイメージが悪いことか…
それと同じように
『これだから猫好きは…』とか
『また猫好きが何かしたのか…』とならないようにしたい
名無しさん
チャオチュールを使うのが一番良い。
名無しさん
物扱いされてるみたいで、猫ブームという言葉に違和感を感じる。
そのブームとやらに乗って、無責任な飼い主が増え、捨てられる子が増えそうで怖い。
ハスキーが大人気だった時がそうだった。
ペットショップは要らない。
外で辛い暮らしを強いられている子がたくさん居る。
大半は、事故、病気、虐待等により長くは生きられない。
名無しさん
猫が好きで
猫を撮るのが好きで
これで商売になるって最高だろうな
名無しさん
ネコイヌはひどいアレルギー症状を呈します!
あまり身近に置くことは大変危険です!
名無しさん
ライオンや熊まで撮影していた世界的な動物写真家なのに、お年を召されてからは猫とひたすら心を通じあっておられる
岩合さんは番組で、いつも可愛い猫よりブサイクな猫と長く一緒にいる気がする
ブサイクな猫もいったん心を通じあってからは、本当に岩合さんになついている
あれが動物を愛する真心なんだなといつも思わされる
名無しさん
僕もこの番組が大好きで欠かさず観ています。岩合さんの声掛けとそれに反応するかのような猫の行動を見ていると、なにかほんのりした気持ちになれて心が休まります。僕は犬派ですが、猫ちゃんもかわいいですね。
ちぇしゃねこ
岩合さんが猫に声をかけるときに、「うるうるにゃぁ」って言ってたのをまねてみた。
近所の野良猫と仲良くなれた。すげえって思った。

 


スポンサーリンク