3日に開催された漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2017」で審査員を務めた上沼恵美子(62)が4日、ABCラジオの生番組「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜、正午)に出演。M-1会場の緊張感を「紅白歌合戦以上」と明かす一方で、観客に関して「キャーと言うたら笑うような若いのばっかり。軽いと言えば軽い」との私見を語った。

 

この日の番組で上沼は共演のシャンプーハット・てつじらと今回のM-1を振り返った。

 

現場の雰囲気について「現場はものすごい熱気よ。張り詰めた雰囲気は紅白歌合戦以上です」と明かした。

 

「あの番組は審査員が視聴者に審査される。それがびしびし来るんです」「一番えらいのは出る人ですよ。予選を突破してきて大変」と語る一方で「お客さんは今のなんか、キャーと言うたら笑うような若いのばっかり集めてます。だから軽いと言えば軽いね。悪いけども、本当のお笑いを知ってる子ではないのかな。今の若い子はそうなのかもわからないけど」と話した。

 

上沼は3日のM-1では、昨年は低評価だったカミナリに90点をつけるも「あの(突っ込みの)ドツキはいるか?」と公開指導。マヂカルラブリーには「こっちも本気でやってる!」「よう決勝残ったな」と一喝するなど、その大暴れ審査が話題に。

 

ただし上沼は「あの番組で一番きついのは、審査員も視聴者に審査されること。何点入れて、どんな総評するのかと。それがびしびしくるんです」と、創設者の島田紳助さんや、松本人志も、みな緊張していることを明かした。

 

そのうえで「昨日は何回か行かしてもらった中で、一番上手な採点をさしてもろたと思ってます。申し訳ないけど自信がある。これで文句言われても仕方がない」と振り返った。

 

「私は勝手なこと言われるのは何ともない。私の意見だし」と話し、他の採点を気にする審査員もいるが、自分は気にならないとして「昨日確信しました。自分の道やなと。やっと自信持てた」と語った。


スポンサーリンク


 

名無しさん
話はズレるがにゃんこスターを二位にしたキングオブコントの審査員のみなさんもめちゃめちゃ軽かった。
名無しさん
あの観客って笑い屋かぁどこがオモロイねんと思う場面でも笑い声おまけにテレビ局が笑い声盛ってる局も有る
名無しさん
てか今の芸人何が面白いのか全くわからない
名無しさん
生放送で時間帯的にも難しいけど、客席が中高年層や、お年寄りが多かったら、どうなるんだろうなぁとは思う。
桐黒
テレビで放送してるからなー
現場の笑いがあるとみてて笑いやすい空気みたいのはあるからいいかなて
名無しさん
上沼恵美子好きだわ。なぜか和田アキ子が引き合いに出されるけどまったくちがう。
名無しさん
すごくハイレベルなコメント!こういった人も
上司や偉い人の中には必要だと思う!うっとおしいやろうけどね(笑)
名無しさん
観客全員、大御所芸人でもいい。
名無しさん
お笑いをわかっていない若者は参加不可にすればいい。
ちゃんとお笑いを理解し、行動や掛け合いの意味を読める人間だけ参加させるようにするのもいいと思う。
私はお笑いをさっぱり理解出来ないから、おもしろいと思えば笑うし、識者が稚拙だと思ったものでも私がおもしろいならば、笑えるし幸せだと感じる。
理解できる人間になったら幸せが減りそうなので、このままでよい。
#gdm
さすがコメントに重みがあるなー。
劇場とか通いまくってる人達集めたらまた違ったリアクションになってたんやろな。
名無しさん
スタッフがそうなんだろう。
名無しさん
現場の空気で笑うんやろーな。
自分とかテレビの前でほぼ真顔やったけどなー昔の方が面白かった。
名無しさん
他の方も言っているが、客が軽いことは場を温める意味では必ずしも悪いことではないと思う。例えば、トップの演者の不利は仕方ないが、今年は客が暖かいため比較的マシだったのではないか。
ただしその軽い客(や視聴者)に審査をさせてはダメだ。その場のノリだけで結果が決まってしまう。
名無しさん
上沼さんの審査は同じ関西人として信用出来ますね。
名無しさん
上沼恵美子や島田紳助はやっぱり凄い!他の人が見えてない所まで見えている。紳助が復帰しないと、テレビが全然面白くない
アホは嫌い
よく言った上沼恵美子!!!
流石よ流石。
東京のテレビ局が
無駄にノリのいい観客を審査して入れるから、
あんなおかしなことになる。
関西は一切それをしないから
上沼恵美子には気持ち悪くて仕方なかったと思うよ。
嵐の番組とかも客の審査するからね。
客の審査したり、リアクションの練習を
させて番組作っているようでは話にならん。
漫才頂上決戦のM-1で軽い客を入れるなんて
もってのほか!!
jjjm
上沼さんは誰にも媚びること無く、公平な審査をしていると思った。
若い漫才師に、厳しいながらも、愛情がある審査だと思った。
名無しさん
上沼の存在感は松本以上だった。コメントからしてキレキレだったからネットでも賞賛されたのでは。
名無しさん
その観客はどうやって決めた?若い女性ばかりのイメージがある。
番組としては、そのキャーって笑い声が欲しいんだよね。絵的に。
ここをコーコーコー
客の良し悪しはある
んなわけないやろってところでエェ??って言われたら演者も調子狂う


スポンサーリンク


anthology
笑い飯を理解していた頃の客が一番センス高いと思う。(2003?2006くらい?)
ロシアンブルー
審査員に紳助らが居た頃までは本当にプロらしい採点で薄っぺらいネタには観客が笑っていても点を入れて無かった。
松本が中心になってから会場の爆笑の度合いがそのまま高得点に繋がるようになってしまった。
名無しさん
キダタローの域になってきたな。
名無しさん
大阪では知らんが、芸能界で大した実績も無いのに態度デカイ。
名無しさん
でも実際今の視聴者達にやすきよ漫才はウケない。これはもう時代の流れというより他ない。
今の視聴者が求めてるのは熟成された濃厚なネタではなくて、頭使わなくても見ただけでパッと真似出来て瞬間的に一笑いさせられる様な手軽なネタなのだ。
だからこそ1発屋なんてのが量産されているんだ。
名無しさん
まぁコアなファンを入れて客の笑いが少ない大会だと
テレビ的に不味いと言うのもあるんでしょう
昔は談志さんなんかがキツい批評をして
もっと緊張感のある大会だったけど
今じゃ少しキツい事言うとかわいそうとか
言われちゃう時代だもんな
名無しさん
観客が厳しすぎても大会自体が盛り上がらんもんね。
上沼さんも大役お疲れさまですわ。
名無しさん
どつき漫才は時代に合わない…二度三度観ていると気持ち悪くなります。【芸】には、なっていませんしレベルが低すぎます。漫才を死に物狂いでやっている…そんな感じですね。
名無しさん
この人らの時代はすごいよな今と格が違う。
名無しさん
一億総白痴化
名無しさん
自分が面白ければわらったらいい
ただ上沼さんの審査には納得しました。
名無しさん
客をスタジオに入れないコンテストなら、また結果は変わるんだろうか?
審査の皆さんもベテランの大御所ばかりだし、客席のウケで審査が左右されたりはしないと思うけど。
hateyoureverything
今年のM-1の客は今までで一番酷かった。しょうもないところで拍手笑いなんぞしやがって。
狙ってないとこで爆笑されて、芸人もやりづらい部分は多少あったかもしれんな。
最下位はマヂカルラブリーではなく、観客。合計得点0点。
名無しさん
その場にいる観客と画面越しに見てる人では温度差あると思う。私は上沼さんに同調しますがね。
名無しさん
このオバハンの体重は重いがな(-.-)
名無しさん
客席が若い女性ばかりだったので違和感が有ったが、
見栄えや嬌声と笑い声がテレビ向きなんだろうな思っていた。
演者が笑いを欲しがってスタジオ向きのネタをチョイスしてしまったら、
失敗だったかもね
名無しさん
大阪だと子供からお年寄りまで漫才を観に行くが、東京だと10代~20代の子ばかりが芸人を追い掛けている印象を受ける。
1度関西で決勝を行ってみてもいいかも。
名無しさん
個人的にはそれで良かったと思う。場が温まった方が演者もやりやすいんじゃないかな?それをプロの目でみて採点するのが審査員であるし。上沼さんの審査は素晴らしかったと思う。他の審査員の方もお疲れ様でした!
名無しさん
ええと思うで
1

 


スポンサーリンク