高畑勲監督の死去を受けて、1988年公開のアニメーション映画『火垂るの墓』が4月13日に『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で急きょオンエアされた。同作はほかのスタジオジブリ作品とともに、日本テレビで8月を中心に定期的に放送されてきた。戦争で両親を亡くした兄と妹が、自由を求めて防空壕で暮らしはじめるも、食べ物にありつけず、栄養失調で妹を亡くし、やがて兄も戦後の浮浪児となって命を落とす切ないストーリーである。

戦争の悲惨さを描いた名作として知られるが、ネット上では思わぬところからツッコミが入っている。

「空襲で母親を亡くした兄と妹は親戚のおばさんの家へ引き取られます。折り合いがあわずに家を出て防空壕で暮らし始めるのですが、そこに『そこは我慢しろよ』『なんで謝らないの』『母の形見の着物を米に換えられたことに文句を言うけど、家賃光熱費払ってるの』といったツッコミがネット上では見られます。

作中では母親が7000円の貯金を残してくれるシーンもあり、これは現在の価値に直せば1000万円以上に相当します。物不足の時代とはいえ、これだけのお金がありながらなぜ、最後に妹を亡くしてしまうのか。悪いのは兄の清太ではないかといった声も見られますね」(ネットウォッチャー)

これはネット時代の「愛のない正論」だともいえる。何より『火垂るの墓』の原作自体が複雑な要素がからみあうものだった。

「『火垂るの墓』は2015年に亡くなった野坂昭如さんの同名の小説が原作となっています。本作で直木賞を受賞していますね。野坂さんは実際に妹2人を栄養失調で亡くしていますが、作品にあるような妹思いの兄ではなかったようです。

親戚の家をたらい回しにされた経験もあるものの、ご飯を食べさせてもらえないといったひどい扱いもなされておらず、どちらかといえば裕福な家庭で育ったようです。

ただそうした立場にあっても、お金があっても食べ物がない、全体主義の抑圧が一般家庭にまで押し寄せている、といった戦中の空気を理解していないと矛盾のある物語と感じてしまうでしょうね」(前出・同)

高畑監督は生前に作品について、時代が変われば「未亡人(親戚の叔母さん)以上に清太を糾弾する意見が大勢を占める時代が来るかもしれず、僕はそれが恐ろしい」と言葉を残している。今回のネットの反応は、まさにそうした恐怖の時代の到来を現しているかもしれない。心からご冥福をお祈り申し上げる。


スポンサーリンク


みんなのコメント

 

やはり偉大な方というのは、先見の明があって素晴らしいなと感服いたしました。
「火垂るの墓」は、人により好き嫌い、苦手意識ある作品だと思いますが、戦争の悲惨さ、兄妹愛を伝える素晴らしい作品だと思います。
それを純粋に鑑賞することができないなんて…。まさに恐ろしい世の中になったなぁと思います。常々思っておりましたので、記事を書いてくださった方に、感謝の意を表したいと思います。
毎回涙なしでは観られない作品です。中学生くらいの男の子ですよ。海軍のお偉いさんの息子さんだったんです。プライドがあります。簡単に頭なんて下げられない。それを諭す親がいない。でも彼なりに妹を守って生き抜こうと必死だった。私は、彼が一人で背負って、隠していた母親の死を節子に話したおばの方が許せません。
でも映画やドラマや漫画に、正義を持ち出して何になるんですか?作品にはリアリティばかり追求しても良い物は生まれないと思います。
名無しさん
多分松嶋菜々子さんのドラマの影響じゃない?おばさん役やってたよね?
愛のない正論っていうけれど
おばさんだって、必死に生きていた時代だから
一方的な悪者を作らない意見として
貴重なんじゃないかな?
どちらも悪くない。
悪いのは戦争。
tadama
ゆとり世代だろ?どうせ
zami
だから今の若いやつらは腐れが多いこと。甘えて育った奴等には解らんよ!
ビビ
たしかに、初見で我慢した方がとは自分も思ったことがある。親戚より外の世界の方がやばいと思い我慢をする方が得策と。
だが、それは親がいて、我慢を教えてくれたり、お金の価値やちゃんとご飯も食べれてしっかり眠れて心も健康でいられてこそだとおもう。まだまだ親が必要なんだよ清太には。親を失うとこうなることもあるととても勉強になったのを覚えています。なので、戦争に巻き込まれ両親を失ったことが前提の今作では清太の選択ミスとは全く思わない。
名無しさん
7000円って当時1000万円の価値があったとは…どうやって使い果たしたんだ…
名無しさん
きっと批判してる人は、「泣いて観てるやつらより、こんなに冷静に観られる俺特別」くらいに思って、してやったり顔だと思う。
それにしても、高畑監督が今の状況を恐れていたことに鳥肌が立った。
名無しさん
金があっても売り手が法外な値段で売っとったんや無いかな
それで金が底をつく
こう言う時って食べ物が1番大事やん
名無しさん
あんちゃんを批判する時代到来かトホホ
名無しさん
うる覚えで恐縮なんですが。
確か原作者は兄のエゴを描いて人間の何たらかんたらだった記憶が。
戦争の悲惨さを描いたわけじゃないだったけな。
映画化した際に捉え方が違うとかのコメントをしていたはず。
名無しさん
14歳の子供ではあるけれど、頑固だったなとは思います
作中で、
配給でしか食糧が手に入らないって言われてたり、
農家のおじさんに、おばさんに謝るよう言われたり
働く風でも勉強する風でもなかったし、せめて、食器の片付けはしたほうが良かったかと
交番でSOS出せなかったのかなとか、
食糧手に入らなくても、病院にはもう少し早く行けなかったのかなとか、
だけどおばさんの家には居れる状況ではなかったんだろうなと思うし、
病院も重症患者でパンク状態だったと思うから、
結局はこんな結末(防空壕、盗み)しかなかったんだろうなと思うと、
悔しくて怒りで涙が出ます
節子と清太の弱っていく姿に耐えられなくて、直視できませんでした
弱り始めたくらいからは音声のみで聞いてました
とにかく辛くてもう二度と見れないと思うし、
自分の子供たちに将来見せれるか、
見せるとしたら何歳頃がいいのか、
悩みます
名無しさん
でも宮崎駿さんが言ってられるとおり火垂るの墓は矛盾が多いアニメですからね
海軍大佐の子供であるこの子達は国に保護される対象でしたし、交番に行ったときに身元も発覚してたはず
清太の葛藤と悲劇のアニメという印象です
海軍大佐の息子というプライドと
父親を尊敬しすぎてて負けるわけない父は必ず帰ってくるという自信
だからおばさんの家でもずっと世話になるつもりがそもそも無かったし
箱入り息子である清太にはこの歳で働くという選択肢は思いつきもしなかったんだと思います
日本(父親)の負けを知って初めて自分の愚かさに気付いたんしょう
でも誰が悪いとなるとやっぱりおばさんが悪いです正論でも
まだ14歳と4歳でましてや世間知らずのお金持ちの子供、教えなきゃいけないことはたくさんあったと思います
名無しさん
「愛のない正論」とは、うまい言葉だ。
理屈は間違ってないが、それは違う!
と言いたくなる論調がネットに氾濫している。
で、そういう連中に限って
声の大きい変な有名弁護士に熱狂する。
愛も情も薄くなったもんだね。
あ~、やだやだ。
名無しさん
批判してるのは物が溢れ出した後の現代っ子。
その子達の祖父母の世代で貧乏してた家庭なら、あの映画の伝えたい事は解るはず。
先達の昔話をちゃんと聞いて育ってたら批判なんてしないよ。
名無しさん
岡田斗司夫の解説観たら、おばさん批判も兄ちゃん批判もどうでもよくなったわ。
名無しさん
人が社会から離れるとどうなるのかがとてもよくわかる作品だと思います。
戦争によって余裕がなくなり、他人を救ったり思いを汲んだりお利口さんでいるなんてできない、自分のことだけでいっぱいいっぱいな状況だった。仕方ないことだけど、だから戦争は悲惨だとあらためて思わされました。
でも、戦争もない現代で、物質的な余裕があっても、同じような状況でないとも言えないところがある、、
監督が懸念していたような時代なんですね。
名無しさん
今や日本人のほとんどが戦争を経験していない時代。
毎日大量のモノや食べ物が棄てるほど溢れている飽食の時代。
その現在の尺度のみに立った「愛のない正論」は、
70数年前に日本で確かに起きた悲惨な事実(=戦争)に対して、
どれだけ想像できるか?
慮(おもんぱか)れるか?
自分ごとに考えられるか?
そして、この先の未来にかけて人類の最も愚かな行為=戦争をせずにいられるか?
現代を生きる人にそれを試すリトマス試験紙だったのかもしれない。
実際にここでは戦争の苦しみ悲しみを知らないはずのたくさんの現代の人たちが、清太や節子の、また親戚の叔母さんの立場に立って考え、コメントしている。
そういう意味で故・高畑勲監督が遺した不朽の名作『火垂るの墓』は今でもちゃんと「生きている」のかもしれない。
名無しさん
今この時代に、中国が通信障害を引き起こす爆弾を日本に落としたらきっと彼らの行動を批判した人達は戦争の怖さ、生きていくことの難しさ誰も助けてくれなく切なさがわかると思う
名無しさん
子どもなんだから…
何も悪くない、あの年の子どもが、あんな目に合わなきゃいけないのが戦争だと訴えている映画だと捉えてますが。


スポンサーリンク


名無しさん
実際は野坂さんは14歳で、妹は1歳。妹を疎ましく思ってたのも事実だって本人が言ってる。
清太みたいな優しい妹思いのお兄ちゃんじゃなかったって。
14歳なんてまだ子供で自分の事で精一杯。
時代の被害者だよ。こんな辛く悲しい戦争は絶対に繰り返してはいけない。
名無しさん
当時の価値観を今の価値観に当てはめて見るからそうなる。
今の時代にそうやって妹を死なせたヤツがいたらこんにゃろう!でいい。
名無しさん
文春ジブリ文庫「火垂るの墓」を以前読みましたが、清太へのツッコミは映画公開当時からあったそうですよ。
でも主人公だから間違えないなんてないし、判断を誤る清太の行動にもメッセージが潜んでいるはず。とはいえツッコミに「愛」の有無を問うのは妙に思います。
大人でも自分や家族を守ることが難しかった時代に、生き抜くことだけを冷静に考えれば、数々の清太の判断はやっぱり未熟です。
それが清廉、純粋、こどもらしい清太という子なのでしょう。
清太は裕福に育った甘ったれなんだと、高畑監督自身が野坂氏との対談で仰っていました。
勝利を信じ堪え忍んだ戦時中のこどもではなく、快か不快かを大事にする「現代っ子の姿」を清太に投影しているとも。
映画「火垂るの墓」はリアリティが強調されがちですがノンフィクションではありません。リアルを越えた創作でこそ伝えられると高畑監督が目指した世界の一つの極みと思います。
名無しさん
野坂昭如さんがモデルだろうがなんだろうがそんなこと関係ないよ。実際にこの当時はこんな兄妹みたいなケースはたくさんあった。それは紛れもない事実なんだ。屁理屈を言ったりあら探しして何になるんやろう。要するに否定したいんやろな。でもそんな人間は所詮つまらない人間やで。
嘘の世界
顔が見えないネット内での
問題だから仕方がない内容に
なってるのが悲しいですね。
それこそ投稿者が特定される
環境なら、こういう事を
する人、減るんでしょうが。
モラルの無いネット環境だから
漫画村やアニツベも平気で
使うんだろうな。
名無しさん
20年程前『火垂るの墓』を戦前生まれの母と一緒にテレビで観て泣きました。泣くというよりも嗚咽に近いものでした。二人で一緒に映画などを観てあれだけ泣いたのは後にも先にもこの作品だけです。強い母が娘に見せた初めての姿でした。観終わった後、母は「もう、やだー。」と照れくさそうに笑いました。母は主人公と正に同じくらいの年齢に戦中を生き、長女で妹がおり、関西出身、疎開も経験しました。戦争を実際に経験した人の涙。戦争についてあまり語ることはありませんでしたが、あの涙だけで十分。色々な事、娘は感じとったつもりです。
名無しさん
批判するのは簡単だけど時代背景と清太の年齢やら考えろ。批判すりゃいいと思ってる馬鹿ども。
名無しさん
そうかなぁ。
私はみんなこの兄妹が死ぬストーリーが悲しいから
もっとこうやれば良かったのに、って言いたくなるんだと思う。
愛があるからこそのツッコミじゃないかなぁ?
名無しさん
でもやっぱり清太の泥棒行為は最低です。
生きるための行為とはいえども最後は生きられませんでした。
名無しさん
sil*****さん
「そうですね、あるところにはあったんです」
そうみたいですね。
私の母も当時まだ子供でしたが比較的裕福で家が軍人さんの宿舎になっていたそうです。
その時軍人さんから当時貴重品だったであろうチョコレート等色々な物を貰ったそうです。
軍国主義の当時は軍は裕福だったのでしょうね。
今は何でも手に入る便利な時代です。
戦後しか知らない私達は後世にこの平和な時代を引き継ぐ事が義務なのではないでしょうか。
魔羅須
それ以前に海軍大尉の父親が一般臣民と同じ木造の家に住んで、焼け出されても軍が血眼で兄妹を捜索して保護されないというのが理解できない。
大和くん
清太の行動は現代の子供視点で見れば理解できるかもしれないが、全体主義であった当時で、且つ海軍の将校の息子が、勝手気ままに自由を求め幼い妹を連れて家出するとはあまりに幼い思考て有り得ない。
ただ物資欠乏の時代に、疎開先でいじめられたとかは良く聞く。
名無しさん
違うよ、違うよ。みんな「しょうがなかった」んだよ。おばさんも、農家のひとも、清太も、せっちゃんも。誰も悪くないの。間違いとか正しいとかないの。しょうがなかったの。みんな必死に生きようとしただけだよ。だから観てて胸が苦しくなるの。やるせないの。戦争を生きるってどういうことか知る。それでいいやん。
名無しさん
嫌だわ、そんな見方
pgmw
火垂るの墓で泣くやつは多いが、海外のワクチン代を定期的に寄付する人は少ない。
人なんてそんなもの。
名無しさん
子どもが子どもらしく歌ったり、寝そべって本を読んだり、兄妹で笑いあったりすることが否定される時代を戦争が作った。
叔母さんは、その時代の平均的な大人。
戦時には誰しもが、あの叔母さんになり得る。
喜怒哀楽の怒、愛別離苦の離苦が突出し剥き出しの我欲が人心を浅ましくする。
戦争反対。
LOVE&PEACE
名無しさん
清太も節子も、叔母さんも悪くない。
戦争が悪い。
名無しさん
2人が叔母さんのいびりに耐え、生き抜くストーリーにしていたら直木賞取れて無かったでしょう(笑)
とにかく我が子には、作品を見て純粋に涙するような子に育ってもらいたいものです。よい作品だと思います!!
名無しさん
「火垂るの墓」に共感できるのは、戦前戦中を生き抜いた人たちの話を身近で聞くことのできた世代です。そういう人たちが少なくなり、戦争が遠い昔のものになれば、想像の世界と現実の世界を結びつけることが難しくなるのです。
名無しさん
日本がこれから戦争したらすぐにみんなあの時代の痛みが分かりますね。
名無しさん
それは正論では全く無い。それは戦争という人の命を何とも思わない残忍な行為を理解する能力がネット保守派は全く無い。
名無しさん
日本人は戦争も野坂さんも知っているからね。
nyan
どんなにネットが進んでも人間は物質
今の若者に時代背景が理解できないなら、例えば日本中が震度7で街道路崩壊、両親は死んでコンビニに弁当が並ばない状況、北がミサイルも打ってきて炎で畑も焼けて八方塞がり、と伝えればわかるのか
名無しさん
火垂るの墓、はだしのゲン、ガラスのうさぎと戦争の悲惨さを全面に押し出した作品は昔子供の時は見なきゃいけない現実として視聴させられた。
しかし今だから言うが作り手の思想が偏り過ぎてるんだよな。
何故悪いのか?という根本まで考えが行き着かないでただ自分たちが悪かった、不幸だったと嘆いてばかりで思考停止している。
よっぽどこの世界の片隅にの方が良質な作品だよなと最近は思うよ。
名無しさん
高畑勲がその批判が出ることを予見してたのがスゴいな。
そういう見方も想定内か。
お金があっても物資が不足していれば貧乏な状況と同じで卑屈になりやすいからなぁ。
そこに親戚からの愛情も感じられず憎まれ口を毎日叩かれてたら、飛び出したくなるよ。
もちろん、その結果妹を失った罪悪感は清太が一生抱えるものだけど、清太の気持ちに対しての同情やそんな状況にした国や大人の問題点を教訓にしないと。
名無しさん
学校に行っていただけの子どもが、急に世間をうまく渡れるはずもなく、かといって、おばさんが悪人だと言い切ることもできない。
弱いものを守るという道徳は、ないものにしてしまう、戦争とはそういうことなんだと知った。
けれど、清太は妹の節子を必死で守ろうとした。
やり方は間違えていても自分を守るのと同じように。
節子も幼いながらも兄を慕い思いやった。
その純粋さに触れたくて、見るのもつらいのに、またみてしまうという映画。
清太を批判するだけの見方というのは、映画の主旨とは違う気がする。
やま
ちなみにもっと愛のない正論を言うと、海軍は縦、横の繋がりが深い。清太の父は海軍の大尉以上?で清太は当時の習慣で言えば時期士官候補生。おばさんの家にお世話になるのではなく、海軍の同僚が迎えにくるはずだし、仮におばさんの家で預けられても、当時の価値観では清太の父は軍神。清太をいじめてるのがバレたらおばさんは非国民扱いされ村八分にされます。ってかお父さんの給料や遺族年金が凄いので働かなくても置いておくだけで価値がある。
よって火垂るの墓は本来なら成立しない話です。
りったん
このアニメ、見終わった後にとてもやるせない気持ちになります。
兄妹の目線で見れば、両親と引き離されるだけでも辛いのに、意地悪なおばさんに毎日いろいろ言われ、お母さんの大事な着物まで売られる…
幼さゆえ、それがどんな結果になるかまで頭が回らず「もう誰の世話にもならず、洞穴でも兄妹だけで誰にも邪魔されず暮らしたい…」と考え、実行したとしても不思議ではない…
一方おばさんの目線で見れば、戦時中は自分の家族が食べていくのに精一杯。
本来であれば人の子供まで面倒見ている場合ではない。
しかも中学生にもなる子が拗ねて毎日家でブラブラ。
不登校の子が珍しくもない現在ならいざ知らず、「月月火水木金金」なんて歌もあるぐらい、子供からお年寄りまで、病気や怪我をしていない限り働いていた時代。
ただでさえご近所の監視の目が厳しい時代によけいな目をつけられてはたまらない。
兄妹が家を出てくれてホッとしたと思う

 


スポンサーリンク